ガマズミとは?種類や花言葉、育て方、食べ方、飾り方までぜんぶ紹介

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ガマズミという植物をご存知ですか。秋には真赤な宝石のような果実をつける美しい樹木です。春には花、夏の緑濃い葉、秋の赤い果実、冬には紅葉。ガマズミは四季を通して美しい姿を見せてくれます。

そんなガマズミの種類や花言葉、詳しい育て方や剪定方法、果実の食べ方、切り花としての飾り方まで、ガマズミの魅力をぜんぶ紹介します。

目次

ガマズミとはどんな植物?

科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属  分類:落葉低木  学名:Viburnum dilatatum  英名:Linden viburnum  花期:4/下旬~6月  ガマズミにはたくさんの種類がありますが正式に「ガマズミ」というとこの種を指します。春に桜が終わって藤の花が咲き始めた頃、ガマズミの花は咲き始めます。真っ白な小花の集合体を枝の先にたわわに咲かせます。秋にはその花を真っ赤に結実させ、小さな赤い実をぎっしりと丸い形に実らせます。  寂しくなり始めた秋の山や森の中で、お日さまに照らされて宝石のように輝くガマズミの真っ赤な果実は、見ている人の心を奪います。いつまでもみていたくなるような美しさです。

  • 学名:Viburnum dilatatum
  • 科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属
  • 分類:落葉低木
  • 英名:Linden viburnum
  • 花期:4~6月

ガマズミにはたくさんの種類がありますが、正式に「ガマズミ」というのはViburnum dilatatumを指します。春に桜が終わって藤の花が咲き始めた頃、ガマズミの花は咲き始めます。真っ白な小花の集合体を枝の先にたわわに咲かせます。秋にはその花を真っ赤に結実させ、小さな赤い実をぎっしりと丸い形に実らせます。

寂しくなり始めた秋の山や森の中で、お日さまに照らされて宝石のように輝くガマズミの真っ赤な果実は、見ている人の心を奪います。いつまでもみていたくなるような美しさです。

目次に戻る≫

ガマズミの種類を紹介

ガマズミ属には「ガマズミ」の他にもたくさんの種類があります。ガマズミの仲間たちをご紹介します。  ミヤマガマズミ 科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属  学名:Viburnum wrightii  ガマズミよりも花も実も少し大きめの近縁種です。高さも大きなものだと5mくらいになります。  ビバーナ・ムティナス(トキワガマズミ) 科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属  学名:Viburnum tinus  「トキワ(常盤)」と名につくように、常緑のガマズミです。春には毬のような白い花を咲かせ、秋から冬には光沢のある黒い果実をつけます。切り花として人気の花材です。春先に「ガマズミ」の名前で花屋さんの店頭に並ぶピンク色の蕾が付いた枝物は、実はこのビバーナム・ティナスです。

ガマズミ属には「ガマズミ」の他にもたくさんの種類があります。ガマズミの仲間たちをご紹介します。

ミヤマガマズミ

  • 学名:Viburnum wrightii
  • 科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属
  • 分類:落葉低木
  • 花期:4~6月

ガマズミよりも花も実も少し大きめの近縁種です。高さも大きなものだと5mくらいになります。

ビバーナ・ムティナス(トキワガマズミ)

  • 学名:Viburnum tinus
  • 科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属
  • 分類:常緑低木
  • 花期:4~6月

「トキワ(常盤)」と名につくように、常緑のガマズミです。春には毬のような白い花を咲かせ、秋から冬には光沢のある黒い果実をつけます。切り花として人気の花材です。春先に「ガマズミ」の名前で花屋さんの店頭に並ぶピンク色の蕾が付いた枝物は、実はこのビバーナム・ティナスです。

オトコヨウゾメ

  • 学名:Viburnum phlebotrichum
  • 科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属
  • 分類:落葉低木
  • 花期:4~6月

春の白い小花と秋に赤く熟した果実が、ガマズミによく似ていて美しい樹木です。成長しても2~3m程度にしかならないので、庭木としても人気があります。株立ちのものをシンボルツリーとして植えると華奢で涼やかな印象になります。

オオカメノキ(ムシカリ)

  • 学名:Viburnum furcatum
  • 科名:レンプクソウ科(※スイカズラ科とされる場合もある)ガマズミ属
  • 分類:落葉低木
  • 花期:4~6月

ガクアジサイのような花が特徴的なガマズミの仲間。葉が害虫の被害にあいやすいことから、「ムシカリ」の別名で呼ばれるようになりました。

目次に戻る≫

ガマズミの花言葉

「ガマズミ」の花言葉は「愛は死より強し」「結合」。

「ガマズミ」の花言葉は「愛は死より強し」「結合」。

▼ガマズミの花言葉について詳しくはこちら

目次に戻る≫

ガマズミを育てるポイント・注意点

ガマズミは、本当に手間のかからないのが特徴の樹木です。細かい枝が出てきたら風通しをよくするために、少し枝を整理してあげましょう。夏など日差しが強く乾燥が続くような場合は、たっぷりとお水をあげてください。ガマズミは日本の山野に自生している植物です。落ち葉でふわふわの土が好きです。秋にガマズミの株周りに腐葉土を漉き込んでふわふわの土を作ってあげると、翌年の花付きが良くなります。  注意点 ガマズミは日当たりが良い環境を好みます。山野に自生しているとは言っても、あまり日当たりが悪いと実付きが悪くなることがあります。ガマズミを育てる際には、日当たりの良い半日陰くらいの場所で管理してあげてください。

ガマズミは、本当に手間のかからないのが特徴の樹木です。細かい枝が出てきたら風通しをよくするために、少し枝を整理してあげましょう。夏など日差しが強く乾燥が続くような場合は、たっぷりとお水をあげてください。ガマズミは日本の山野に自生している植物です。落ち葉でふわふわの土が好きです。秋にガマズミの株周りに腐葉土を漉き込んでふわふわの土を作ってあげると、翌年の花付きが良くなります。

注意点

ガマズミは日当たりが良い環境を好みます。山野に自生しているとは言っても、あまり日当たりが悪いと実付きが悪くなることがあります。ガマズミを育てる際には、日当たりの良い半日陰くらいの場所で管理してあげてください。

目次に戻る≫

ガマズミの植えつけ時期は?

ガマズミの植え付け及び植え替えは、真夏と真冬を避けて、秋の暖かいうちか春に行います。腐葉土をたっぷり入れたふかふかの土に植えてあげましょう。ガマズミは山野に自生しているような樹木です。落ち葉でふかふかの土が好きです。  注意点 ガマズミを鉢植えで管理している場合は、一回り大きい鉢に植え替えてあげてください。ガマズミに限らず植物は、いきなり大きな鉢に植え替えると、急激に根ばかりが生長して花が咲かない原因となります。

ガマズミの植え付け及び植え替えは、真夏と真冬を避けて、秋の暖かいうちか春に行います。腐葉土をたっぷり入れたふかふかの土に植えてあげましょう。ガマズミは山野に自生しているような樹木です。落ち葉でふかふかの土が好きです。

注意点

ガマズミを鉢植えで管理している場合は、一回り大きい鉢に植え替えてあげてください。ガマズミに限らず植物は、いきなり大きな鉢に植え替えると、急激に根ばかりが生長して花が咲かない原因となります。

目次に戻る≫

ガマズミの剪定時期は?

ガマズミは植えっぱなしでほとんど剪定の必要はありません。樹形が乱れてきたと感じたら、枝を整理するようにします。剪定を行うのであれば、花後早めに行いましょう。ガマズミは秋の結実後を待っていると、翌春の花芽を切ってしまうことになりかねません。

小さな剪定

ガマズミは植えっぱなしでほとんど剪定の必要はありません。樹形が乱れてきたと感じたら、適宜枝を整理するようにします。混み合った枝や陰に回ってしまっているような小さな枝の剪定は、気が付いたタイミングで行って問題ありません。

大きな剪定

大きく剪定を行うのであれば、花後早めに行いましょう。ガマズミは秋の結実後を待っていると、翌春の花芽を切ってしまうことになりかねません。

冬の剪定

ガマズミの樹形を整える剪定は、冬の落葉時に行います。この時大きく剪定することで、翌春の花芽を切ってしまうこともあります。あまり強剪定にならないように、込み入った枝を整理したり、邪魔になった枝を落とすような剪定にしておきましょう。

目次に戻る≫

ガマズミの気をつけたい病害虫

ガマズミは非常に強健で手間のかからない素敵な樹木です。それでも稀に被害にあうこともあります。そんな時は早めに手入れを行って、被害を最小限に抑えてください。  カイガラムシ ガマズミは日当たりや風通しが悪いと、カイガラムシが発生することがあります。まだ柔らかいうちでしたら、歯ブラシ等でこそぎ落としましょう。土に落ちたカイガラムシは、もう上がってきません。貝殻のように固くなってしまっていたら、根気よくスコップなどで削り落とすか、薬剤を散布してください。  うどんこ病 うどんこ病が発生してしまったガマズミの枝葉は整理しましょう。うどんこ病は土の中にウイルスがいることがあります。鉢植えであれば植え替えを行ってください。地植えの場合は、土にも薬剤を散布しましょう。  ハダニ ハダニの原因は乾燥です。ガマズミの葉っぱが紅葉でもないのに赤銅色になり元気が無くなってきたら、葉の裏側を確認してください。小さなハダニがたくさん付いていることがあります。ハダニを発見したら、速やかに枝葉を落とし整理してください。そのあとにたっぷりとお水をあげます。あとは、乾燥させすぎないように注意して管理しましょう。

ガマズミは非常に強健で手間のかからない素敵な樹木です。それでも稀に被害にあうこともあります。そんな時は早めに手入れを行って、被害を最小限に抑えてください。

カイガラムシ

ガマズミは日当たりや風通しが悪いと、カイガラムシが発生することがあります。まだ柔らかいうちでしたら、歯ブラシ等でこそぎ落としましょう。土に落ちたカイガラムシは、もう上がってきません。貝殻のように固くなってしまっていたら、根気よくスコップなどで削り落とすか、薬剤を散布してください。

うどんこ病

うどんこ病が発生してしまったガマズミの枝葉は整理しましょう。うどんこ病は土の中にウイルスがいることがあります。鉢植えであれば植え替えを行ってください。地植えの場合は、土にも薬剤を散布しましょう。

ハダニ

ハダニの原因は乾燥です。ガマズミの葉っぱが紅葉でもないのに赤銅色になり元気が無くなってきたら、葉の裏側を確認してください。小さなハダニがたくさん付いていることがあります。ハダニを発見したら、速やかに枝葉を落とし整理してください。そのあとにたっぷりとお水をあげます。あとは、乾燥させすぎないように注意して管理しましょう。葉裏に霧吹きで水をかけるのも有効です。

目次に戻る≫

ガマズミの食べ方

 ガマズミは、一年を通して目を楽しませてくれる樹木です。春の白い花、夏の青々とした葉、秋の紅葉と結実を楽しみましょう。お庭が寂しくなった冬、その実を食べに庭に小鳥が遊びに来るのも楽しみのひとつになるでしょう。  ガマズミ酒 ガマズミの実はそのままでは非常に酸味が強く、生食には向きません。かといって、小さな種が入っているのでジャムにするのも手間がかかります。ホワイトリカーと砂糖などで漬け込んで果実酒にすると長く楽しめます。  お花屋さんで購入する生花のガマズミは食用ではありませんのんで、薬剤が散布してある可能性もあります。使用は避けましょう。ご自身で一から育てたガマズミの果実で試してみてください。

秋に宝石のようにたわわに実る、真赤なガマズミの果実。少し半透明なガマズミの実は、見とれるくらいの美しさです。ただし、ガマズミの実は非常に酸っぱくてとても食用には向きません。生で齧ってみたことがありますが、すぐに吐き出してしまいました。

ガマズミの実は生食には向きませんが、加工して楽しむことができます。そんなガマズミの実の楽しみ方をご紹介します。

ガマズミ酒

ガマズミの実はそのままでは非常に酸味が強く、生食には向きません。かといって、小さな種が入っているのでジャムにするのも手間がかかります。ホワイトリカーと砂糖などで漬け込んで果実酒にすると長く楽しめます。

ガマズミシロップ

ガマズミ酒と同じく、シロップにする食べ方です。ガマズミには小さな種が入っているので、潰すだけではジュースにはできません。さらに酸味が強く、糖分を加えないとジュースでも飲めないので、シロップにします。裏漉ししたガマズミに糖分を加えて煮詰めたシロップはお茶に入れたり、お酒に入れたりして楽しめます。

ガマズミを食べる時の注意

お花屋さんで購入する生花のガマズミは食用ではありませんのんで、薬剤が散布してある可能性もあります。使用は避けましょう。ご自身で一から育てたガマズミの果実で試してみてください。

目次に戻る≫

ガマズミの実や蕾の生け方

ガマズミは春先の蕾の状態がとっても可愛い植物です。初春のお花屋さんの店頭にも、蕾をつけたトキワガマズミ(ビバーナム・ティナス)の枝物が並びます。

ガマズミは春先の蕾の状態がとっても可愛い植物です。初春のお花屋さんの店頭にも、蕾をつけたトキワガマズミ(ビバーナム・ティナス)の枝物が並びます。その実とも花とも違う蕾の独特な質感は、他の花を引き立てる素敵なスパイスになります。秋冬のガマズミの真っ赤な実や、トキワガマズミ(ビバーナム・ティナス)の光沢のある黒い実も、他の花と一緒に生けると不思議な存在感を放ってくれます。

目次に戻る≫

春の可愛らしい蕾から秋の熟したシックな果実まで、四季を通して切り花としても庭木としても楽しめる魅力的なガマズミ。見かけたら、可愛がってあげてくださいね。

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガマズミとは?種類や花言葉、育て方、食べ方、飾り方までぜんぶ紹介」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定】最短30日で収穫!種から育てるベランダ菜園セット ラディッシュ×ベビーサラダミックス

販売価格:2,530円(税込)

アートストーン M ブラック

販売価格:2,310円(税込)

折り畳みじょうろ4L ウォータリングコンテナ カラプサブル

販売価格:1,430円(税込)

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ