ガマズミの育て方や剪定、収穫後の楽しみ方

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ガマズミの植えつけ時期は?

ガマズミの植え付け及び植え替えは、真夏と真冬を避けて、秋の暖かいうちか春に行います。腐葉土をたっぷり入れたふかふかの土に植えてあげましょう。ガマズミは山野に自生しているような樹木です。落ち葉でふかふかの土が好きです。  注意点 ガマズミを鉢植えで管理している場合は、一回り大きい鉢に植え替えてあげてください。ガマズミに限らず植物は、いきなり大きな鉢に植え替えると、急激に根ばかりが生長して花が咲かない原因となります。

ガマズミの植え付け及び植え替えは、真夏と真冬を避けて、秋の暖かいうちか春に行います。腐葉土をたっぷり入れたふかふかの土に植えてあげましょう。ガマズミは山野に自生しているような樹木です。落ち葉でふかふかの土が好きです。

注意点

ガマズミを鉢植えで管理している場合は、一回り大きい鉢に植え替えてあげてください。ガマズミに限らず植物は、いきなり大きな鉢に植え替えると、急激に根ばかりが生長して花が咲かない原因となります。

目次に戻る≫

ガマズミの剪定時期は?

ガマズミは植えっぱなしでほとんど剪定の必要はありません。樹形が乱れてきたと感じたら、枝を整理するようにします。剪定を行うのであれば、花後早めに行いましょう。ガマズミは秋の結実後を待っていると、翌春の花芽を切ってしまうことになりかねません。

ガマズミは植えっぱなしでほとんど剪定の必要はありません。樹形が乱れてきたと感じたら、枝を整理するようにします。剪定を行うのであれば、花後早めに行いましょう。ガマズミは秋の結実後を待っていると、翌春の花芽を切ってしまうことになりかねません。

目次に戻る≫

ガマズミの気をつけたい病害虫

ガマズミは非常に強健で手間のかからない素敵な樹木です。それでも稀に被害にあうこともあります。そんな時は早めに手入れを行って、被害を最小限に抑えてください。  カイガラムシ ガマズミは日当たりや風通しが悪いと、カイガラムシが発生することがあります。まだ柔らかいうちでしたら、歯ブラシ等でこそぎ落としましょう。土に落ちたカイガラムシは、もう上がってきません。貝殻のように固くなってしまっていたら、根気よくスコップなどで削り落とすか、薬剤を散布してください。  うどんこ病 うどんこ病が発生してしまったガマズミの枝葉は整理しましょう。うどんこ病は土の中にウイルスがいることがあります。鉢植えであれば植え替えを行ってください。地植えの場合は、土にも薬剤を散布しましょう。  ハダニ ハダニの原因は乾燥です。ガマズミの葉っぱが紅葉でもないのに赤銅色になり元気が無くなってきたら、葉の裏側を確認してください。小さなハダニがたくさん付いていることがあります。ハダニを発見したら、速やかに枝葉を落とし整理してください。そのあとにたっぷりとお水をあげます。あとは、乾燥させすぎないように注意して管理しましょう。

ガマズミは非常に強健で手間のかからない素敵な樹木です。それでも稀に被害にあうこともあります。そんな時は早めに手入れを行って、被害を最小限に抑えてください。

カイガラムシ

ガマズミは日当たりや風通しが悪いと、カイガラムシが発生することがあります。まだ柔らかいうちでしたら、歯ブラシ等でこそぎ落としましょう。土に落ちたカイガラムシは、もう上がってきません。貝殻のように固くなってしまっていたら、根気よくスコップなどで削り落とすか、薬剤を散布してください。

うどんこ病

うどんこ病が発生してしまったガマズミの枝葉は整理しましょう。うどんこ病は土の中にウイルスがいることがあります。鉢植えであれば植え替えを行ってください。地植えの場合は、土にも薬剤を散布しましょう。

ハダニ

ハダニの原因は乾燥です。ガマズミの葉っぱが紅葉でもないのに赤銅色になり元気が無くなってきたら、葉の裏側を確認してください。小さなハダニがたくさん付いていることがあります。ハダニを発見したら、速やかに枝葉を落とし整理してください。そのあとにたっぷりとお水をあげます。あとは、乾燥させすぎないように注意して管理しましょう。

目次に戻る≫

ガマズミの食べ方

ガマズミは、一年を通して目を楽しませてくれる樹木です。春の白い花、夏の青々とした葉、秋の紅葉と結実を楽しみましょう。

ガマズミは、一年を通して目を楽しませてくれる樹木です。春の白い花、夏の青々とした葉、秋の紅葉と結実を楽しみましょう。お庭が寂しくなった冬、その実を食べに庭に小鳥が遊びに来るのも楽しみのひとつになるでしょう。

ガマズミ酒

ガマズミの実はそのままでは非常に酸味が強く、生食には向きません。かといって、小さな種が入っているのでジャムにするのも手間がかかります。ホワイトリカーと砂糖などで漬け込んで果実酒にすると長く楽しめます。お花屋さんで購入する生花のガマズミは食用ではありませんのんで、薬剤が散布してある可能性もあります。使用は避けましょう。ご自身で一から育てたガマズミの果実で試してみてください。

目次に戻る≫

ガマズミの実や蕾の生け方

ガマズミは春先の蕾の状態がとっても可愛い植物です。初春のお花屋さんの店頭にも、蕾をつけたトキワガマズミ(ビバーナム・ティナス)の枝物が並びます。

ガマズミは春先の蕾の状態がとっても可愛い植物です。初春のお花屋さんの店頭にも、蕾をつけたトキワガマズミ(ビバーナム・ティナス)の枝物が並びます。その実とも花とも違う蕾の独特な質感は、他の花を引き立てる素敵なスパイスになります。秋冬のガマズミの真っ赤な実や、トキワガマズミ(ビバーナム・ティナス)の光沢のある黒い実も、他の花と一緒に生けると不思議な存在感を放ってくれます。

目次に戻る≫

春の可愛らしい蕾から秋の熟したシックな果実まで、一年を通して切り花としても庭木としても楽しめる魅力的なガマズミの樹。見かけたら、可愛がってあげてくださいね。

▼編集部のおすすめ

 

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガマズミの育て方や剪定、収穫後の楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ