季節を愉しむ花あしらい | グロリオサ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

144views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の「季節を愉しむ 花あしらい」の担当は

PROFILE
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

若井 ちえみさん

2016年松陰神社前にドイツ語で香りの意味を持つ花屋「duft」をOPEN。ディスプレイやウエディングまで幅広く手掛ける。店舗営業は不定休のため、事前にInstagramをチェック。

duft ホームページ

Instagram

梅雨の時期から夏にかけて開花する、炎のような花形と、赤のグラデーションが唯一無二の存在感を放つグロリオサ。茎は細長い半つる性です。切り花用に品種改良が進み、代表的な赤色以外にもピンクやオレンジも出回っています。今回はあえて花材はグロリオサのみにし、花自体の持つ美しさを花瓶との組み合わせで引き立てるあしらいを提案します。

 



グロリオサ
英名:Climing lily、Glory lily
科名:ユリ科
属名:グロリオサ属
原産地:アフリカ、熱帯アジア

材料



グロリオサ
高さの違うお好みの花瓶数本

手順



1、 お好みの高さが違う花瓶を花材の量に合わせて用意。



2、 生ける花瓶の約1.5倍の高さに花材はカット。水に浸かる下葉は取る。



3、 全体のバランスをみながら生けていく。花が一方向だけに向かないようにするとナチュラルな印象に。

Point



1グロリオサの花粉は服に付きやすいため、気になる場合は手で優しく摘み取りましょう。



2 グラスの花瓶に生けても違う印象に。一つの花材でも、花瓶を変えるだけで愉しみ方の幅が広がります。

 

▼関連記事

▼関連ワード

「季節を愉しむ花あしらい | グロリオサ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ