【初夏の庭や花壇におすすめの一年草】ビスカリア

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ビスカリア

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「ビスカリア」

ビスカリアは春から初夏にかけて咲く一年草。この花がとても好きで、毎年種から育てています。東京だと種をまくのは、秋の9月中旬から後半くらい。冬を越して一番花が咲くのが4月の終わりごろです。

草丈が40~60cmくらいになるのでお庭や花壇にまとめて植えると見栄えがします。茎がとても細くて繊細そうですが、性質はとても丈夫。日当たりと風通しの良い所に植えれば次から次へと開花します。

草丈が40~60cmくらいになるので庭や花壇にまとめて植えると見栄えがします。茎がとても細くて繊細そうですが、性質はとても丈夫。日当たりと風通しの良い所に植えれば次から次へと開花します。

鉢植えでも育てることは可能です。写真のビスカリアは、60cmくらいの大きなテラコッタの鉢に種を直まきしたもの。日々の管理で気を付けることと言えば、茎が細いので倒れやすいので、花を支える支柱などで保護してやることくらいです。

 

ひとつひとつの花色やしべの様子に個体差があって、見ていて飽きません。素敵だなと思った花の種を取るようにしていますが、翌年咲くとまた違ったりするので(交雑するんでしょうか?)、それもまたよし。毎年その繰り返しです。

ひとつひとつの花色やしべの様子に個体差があって、見ていて飽きません。素敵だなと思った花の種を取るようにしていますが、翌年咲くとまた違ったりするので(交雑するんでしょうか?)、それもまたよし。毎年その繰り返しです。

 

もうひとつ、ビスカリアの素敵だなと思うところは花の終わり。写真のように色だったり、ベージュだったりと、きれいに花色が抜けていくことです。その翌日、花びらがくるんと丸まって終わりになっていきます。散る花ではないのですが、散り際が素敵な花に魅力を感じます。

もうひとつ、ビスカリアの素敵だなと思うところは花の終わり。写真のような色やベージュの褪せた色あいになって、花色がきれいに抜けていくことです。翌日、花びらがくるんと丸まっていきます。散る花ではないのですが、散り際が素敵な花に魅力を感じます。

ピンク~紫~白の色あいは、早朝を始め、昼間の太陽が当たる時間、夕暮れ時、それぞれに美しい色合いを見せてくれて、この花が咲いている季節は毎日の様子を眺めるのが楽しみです。

 

▼ビスカリアの関連情報

ビスカリア

  • ビスカリアは春から初夏にかけて咲く一年草。細い茎で弱そうに見えますが、性質は丈夫な草花です。ビスカリアは1株でたくさんの花が咲くので、たくさんの株を植栽すると見事な光景になります。

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【初夏の庭や花壇におすすめの一年草】ビスカリア」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・10/5まで】味が濃く香り高い本気野菜「スイートバジル 2苗」栽培セット(鉢・土付き)

販売価格:3,520円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 春満開 定番人気4種20球入り (一重咲き藤色・一重咲きピンク・フリンジ咲きピンク×白・八重咲き白)

販売価格:2,530円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 マスコット 5球入り

販売価格:770円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A