【暑さに強い、可憐な花】ニーレンベルギア オーガスタ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ニーレンベルギア オーガスタ

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「ニーレンベルギア オーガスタ」。

ニーレンベルギアは、アルゼンチン原産のナス科の多年草。優しいナチュラルな雰囲気があり、とても人気のある草花。

オーガスタシリーズは、ドーム型にこんもりと茂っていく、非常に丈夫な品種です。  一般的なニーレンベルギアの開花期は初夏頃から秋まで。それに対してオーガスタシリーズは、春から秋まで長い間花をつけます。

オーガスタシリーズは、ドーム型にこんもりと茂っていく、非常に丈夫な品種です。

一般的なニーレンベルギアの開花期は初夏頃から秋まで。それに対してオーガスタシリーズは、春から秋まで長い間花をつけます。

 

 花の大きさは約3㎝。薄く、繊細な花びらの先が5枚に割れ、カップ状の花を咲かせます。

花の大きさは約3㎝。薄く、繊細な花びらの先が5枚に割れ、カップ状の花を咲かせます。花の色は白や紫などがあります。

 

枝分かれをたくさんし、ドーム型にこんもりと茂っていきます。這うように広がりつつも、株中心にも花がよくつきます。

枝分かれをたくさんし、ドーム型にこんもりと茂っていきます。這うように広がりつつも、株中心にも花がよくつきます。

 

日当たりのいい場所を好みますが、高温多湿が苦手な植物なので、真夏は強い直射日光が当たらないように少し遮光したり、半日陰の場所に移すなどすると安心です。長雨にも当たらない方がよいでしょう。

日当たりの良い場所を好みますが、高温多湿が苦手な植物なので、真夏は強い直射日光が当たらないように少し遮光したり、半日陰の場所に移すなどすると安心です。長雨にも当たらない方がよいでしょう。

 

 少し花付きが悪くなったなと感じたら、6月~9月に株の半分程度まで切り戻しを行いましょう。再びたくさんの花を咲かせてくれますよ♪

少し花付きが悪くなったなと感じたら、6月~9月に株の半分程度まで切り戻しを行いましょう。再びたくさんの花を咲かせてくれますよ♪

 

夏の暑さに強く、長い期間花を咲かせてくれるので、夏の花壇やハンギングバスケット、寄せ植えなどにぴったりの花です。

夏の暑さに強く、長い期間花を咲かせてくれるので、夏の花壇やハンギングバスケット、寄せ植えなどにぴったりの花です。

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【暑さに強い、可憐な花】ニーレンベルギア オーガスタ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス