庭や花壇のアクセントになる草花|クラスペディア

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

クラスペディア

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「クラスペディア」。

クラスペディアは、黄色い球状の花を初夏から秋に咲かせるキク科の一年草。原産地では多年草扱いですが、高温多湿の日本では、秋に種をまき初夏に開花する一年草として扱われることが一般的です。乾燥に強く、じめじめした環境を嫌うので、梅雨や長雨を乗り切れれば多年草化します。

クラスペディア

直径2cm程度の球状の独特な形は、ドラムを叩くバチに例えられ、英名ではゴールドスティック、ドラムスティックと呼ばれています。

 

クラスペディア

ロゼット状のシルバーグリーン色の下葉も見ごたえがあります。花付近には葉がなく、他の植物と混植すると、草花の隙間から長い茎があちこちに散らばって開花しているような見た目で庭や花壇のアクセントに。環境に合えば9月頃まで開花しますが、高温多湿に弱いため、暖地では主に真夏前までの花期です。

 

クラスペディア

ドライフラワーにして1年経過したクラスペディア

どちらかというと、切り花としての流通の方が多いクラスペディア。切り花では葉がない花茎のみで流通します。花持ちが良く、フラワーアレンジやドライフラワーの花材として親しまれ、出回りは通年あります。

ドライフラワーにしても色がほとんど落ちないのと、時間の経過による退色が緩やかなので長持ちする花材です。ユニークな形の花は、1輪でも素敵なインテリアアイテムに。今回はLOVEGREEN STOREで販売中のかもしか道具店さんの円筒型のシックな花瓶に合わせてみました。

ドライフラワーにしたいなら、購入してすぐに水から切って、花を下にして乾燥させてください。切り花で楽しんでからと思いがちですが、いつ水を切るかで仕上がりに差がでます。お試しください。

 

クラスペディアの育て方

クラスペディア

  • クラスペディアは、黄色い球状の花を初夏から秋に咲かせるキク科の一年草。原産地では多年草扱いですが、高温多湿の日本では、秋に種をまき、初夏に開花する一年草として扱われることが一般的です。 クラスペディアは切り花としての流通の方が圧倒的に多いですが、苗としての出回りもあります。球状の独特な形はドラムを叩くバチに例えられ、英名ではゴールドスティック、ドラムスティックと呼ばれています。 切り花としてのクラスペディアは、葉がない花茎のみで流通します。花持ちが大変良く、フラワーアレンジやドライフラワーの花材として親しまれています。出回りは通年あります。 園芸としてのクラスペディアは、ロゼット状のシルバーグリーン色の下葉も見ごたえがあり、他の植物と混植すると、草花の隙間から長い茎が飛び出して開花しているような見た目で、庭の植栽のアクセントになります。環境に合えば9月頃まで開花しますが、高温多湿に弱いため、暖地では主に真夏前までの花期になります。 クラスペディアの種類は、原産地ではいくつもありますが、苗として出回っているのはグロボーサ、Craspedia globosa(Pycnosorus globosa)がほとんどです。切り花としては、「ビリーボタン」と呼ばれるグラウカ種も出回っています。

 

クラスペディアの花言葉

 

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「庭や花壇のアクセントになる草花|クラスペディア」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス