秋に咲くシクラメン|原種シクラメン・ヘデリフォリウム

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「原種シクラメン・ヘデリフォリウム」。

原種シクラメンは品種改良されていない野生のシクラメン。種類によって開花時期が異なり、ヘデリフォリウムは秋に花が咲くことから秋咲きシクラメンの別名があります。

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

数年前に2.5号サイズくらいの小さな苗を購入し、花壇に植え付けてみたところ、植えっぱなしで毎年開花しています。植えた場所はブロック塀沿いの花壇の落葉樹の株元。日当たり、風通しとも最適とは言えない環境ですが、他の植物に負けることなく、球根(塊茎)が腐ることもなく数年が経ちました。

 

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

年によっても一番花の時期は多少ずれますが、うちではだいたい9月の中旬以降くらいが一番花の季節です。ヘデリフォリウムは一番花の頃は花茎だけが伸びて、花の終わりの頃になると葉が出てくる特徴があります。

何しろ小さな花なので(草丈10cmくらい)、一番花の晩夏の頃はモサモサに茂った宿根草の陰に隠れて、ともすれば見逃しそうなくらいの存在感です。開花を見つけた!といった感じで、毎年嬉しい瞬間です。

こぼれ種でも増えるため、元株とは少し離れたところから葉が登場することも。(上の写真の花が咲いている株から少し離れた右側の丸い葉はこぼれ種で発芽したもの)

 

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

こぼれ種で発芽した葉。ヘデリフォリウムは実生苗で流通することも多いため、葉の形や花の色は少しずつ個体差があります。

 

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

花はいっぺんに咲かず、少しずつ、冬の入り口の時期あたりまで開花します。花芽が押しあがってくる姿もかわいいですよ。

一苗としては極小ですが、秋の植物園やガーデンに行くと、一面に広がったヘデリフォリウムのグランドカバーのような群生をよく見かけます。種で増えるので、あちこっちに花の塊ができて、美しい光景です。

 

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

色は白の他、ピンク系濃淡があり、個体差があります。

植えっぱなしで毎年開花するとびきり小さくてかわいい花、原種シクラメン・ヘデリフォリウム。丈夫な花なので庭や花壇に植えてみませんか?

過去のgarden noteはこちらからどうぞ

▼原種シクラメン・ヘデリフォリウムの育て方

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

  • 原種シクラメンとは、品種改良されていない野生のシクラメンで、園芸種のシクラメンよりも花が小ぶりです。種類によって開花時期が異なり、ヘデリフォリウムは秋に花が咲くことから秋咲きシクラメンの別名があります。 原種の中でも特に強健で寿命が長く、地植えにすることもでき、環境に合うとこぼれ種でも広がります。ひとつひとつは草丈10cmほどの可愛らしいサイズですが、群生すると一面グランドカバーのようになり、開花時は見事な光景になります。

 

▼ガーデンシクラメンの育て方

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋に咲くシクラメン|原種シクラメン・ヘデリフォリウム」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス