花を食べるオクラ、花オクラ【野菜の花】

アバター画像

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

花オクラ

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「花オクラ」。一般的なオクラは実を食べる野菜ですが、花オクラは花を食べる野菜(エディブルフラワー)で、実は固くて食用には不向きです。

オクラは、アオイ科の半耐寒性多年草。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱われることがほとんどです。背丈が高くなり大輪の花が華やかなため、観賞用として育てられることも多いようです。

花オクラ

オクラの花も野菜の中では大輪ですが、花オクラの花はさらに大輪で、オクラの花の2~3倍ほどあります。色は淡い黄色で、夏から秋の青空の下で咲く姿はとても素敵です。

ひとつひとつの花は一日花。開花前日~開花日の朝に収穫していただきます。自宅から少し離れた畑で育てたのですが、最初はなかなか開花のタイミングに合わず、昨日開いたと思われるしぼんだ花オクラにばかり出くわし、がっかり(笑)。

 

花オクラ

食べられる部分は花びらの部分です。一日花のため、午後遅くなってくると次第にしぼんで色も悪くなります。収穫したらガクの部分を取り除き、花びらだけにして、生か、少し湯がいてから味付けをしていただきます。

一日花という特徴から、流通は産直や道の駅のお店でわずかに見かける程度です。オクラ同様、花には粘りがあり、生で食べるとシャキシャキ、ゆがくととろりと言うか、つるんと言うのか、なんとも表現しがたい食感です。味は淡泊なので醤油、塩、ポン酢、ドレッシングなどで味付けをしていただきます。天ぷらや味噌汁、スープなどの汁ものの具材としても相性が良い素材です。

お味噌汁に入れたり、お蕎麦の飾りにしたり、キュウリときくらげの醤油漬けと合えたらきくらげの食感とマッチして美味でした。

 

花オクラ

葉の形もオクラとは違い、5~9裂の深い切れ込みのあるかっこいい葉をしていて、花がない状態でも目立つので観賞目的としても面白い素材です。

 

▼花オクラの育て方

 

オクラについてはこちらをどうぞ

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「花を食べるオクラ、花オクラ【野菜の花】」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A