雪割草(ユキワリソウ)の育て方や魅力をご紹介

持永久美子

持永久美子

28249views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

まだ寒い雪が残る時期に、他の花に先駆けて春の到来を知らせてくれる妖精のような可憐なお花「雪割草(ユキワリソウ)」をご存知ですか? 美しい可憐な姿にファンも多い山野草です。今回、雪割草(ユキワリソウ)の育て方やその魅力をご紹介します。

目次

雪割草(ユキワリソウ)って、どんな植物?

雪割草(ユキワリソウ)の育て方・管理方法

春一番! 花色・咲き方が多彩な雪割草(ユキワリソウ)の魅力

 

雪割草(ユキワリソウ)って、どんな植物?

Hepatica is a genus of herbaceous perennials in the buttercup family, native to central and northern Europe, Asia and eastern North America.

gi_logo_grey

雪割草(ユキワリソウ)はキンポウゲ科ミスミソウ属の多年草。

花の少ないこの時期に赤、白、ピンク、水色、紫など色とりどりの花色があり、二段咲きや八重咲など花形もバリエーション豊富で愛好家も多い山野草です。別名はオオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウなど。

 

liverwort flower in spring in front of moss and green ivy on the forest ground

gi_logo_grey

英名はハート型の葉っぱの形から「Liver leaf(肝臓の葉)」と言われています。

 

2月下旬~4月、雪解けとともに開花。真冬の雪の下でも常緑でいることから雪を割って生長する草「雪割草(ユキワリソウ)」と呼ばれるようになりました。高山で咲くサクラソウ科サクラソウ属のユキワリソウとは別のもので区別する為に漢字表記されているそう。新潟県では「県の草花」に指定されています。

gi_logo_grey

2月下旬~4月、雪解けとともに開花。真冬の雪の下でも常緑でいることから雪を割って生長する草「雪割草(ユキワリソウ)」と呼ばれるようになりました。高山で咲くサクラソウ科サクラソウ属のユキワリソウとは別のもので区別する為に漢字表記されているそう。新潟県では「県の草花」に指定されています。

 

雪割草(ユキワリソウ)の育て方・管理方法

置き場所や管理 庭植え、鉢植えともに自生環境と同じような落葉樹の下のような栽培環境作りを心がけましょう。木漏れ日の下や明るい日陰で風通りの良い場所を好みます。夏場の直射日光は葉を痛めるので注意しましょう。

gi_logo_grey

置き場所や管理

庭植え、鉢植えともに自生環境と同じような落葉樹の下のような栽培環境作りを心がけましょう。木漏れ日の下や明るい日陰で風通りの良い場所を好みます。夏場の直射日光は葉を痛めるので注意しましょう。

 

水やり 斜面に自生している事が多いので多湿はNG。水はけ良い土に植えて表土が乾いてきたらたっぷりのお水を与えます。鉢の場合は秋頃から開花までの生長期には完全に土の表面が乾いてからあげましょう。    病害虫 ・さび病 ・白絹病 ・灰色かび病 ・ナメクジ ・アブラムシ  病気は放置すると葉が枯れて花が咲かなくなったり、まわりの葉にも広がるので見つけたらすぐに葉は切り取って処分しましょう。また花がらや古い葉はこまめに取り除いておくといいと思います。  ▼雪割草(ユキワリソウ)の詳しい育て方はこちら  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p93164/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">ユキワリソウ(雪割草)</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/05/d51dc8de50f17045dc985d2c2871a315-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>雪割草はキンポウゲ科ミスミソウ属の多年草で日本には自生地が異なるミスミソウ、オオミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウの4種類がありこれらを総称して園芸的にユキワリソウと呼びます。温かい日光がさしたときだけ花を開き曇ったり寒いには花を開きません。落ち葉の間から他の花に先駆けて小さな花を咲かせ、春の訪れを告げるような姿から雪割草と名付けられています。花色は白、赤、黄、青、複色、絞り咲きなど変化が多いうえに花形も多様で葉の変化もあります。1株ごとに異なるといえるほど非常に多くの変異種があります。1株から次々と花を咲かせ環境が合えば丈夫な山野草です。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>

gi_logo_grey

水やり

斜面に自生している事が多いので多湿はNG。水はけ良い土に植えて表土が乾いてきたらたっぷりのお水を与えます。鉢の場合は秋頃から開花までの生長期には完全に土の表面が乾いてからあげましょう。

病害虫

・さび病
・白絹病
・灰色かび病
・ナメクジ
・アブラムシ

病気は放置すると葉が枯れて花が咲かなくなったり、まわりの葉にも広がるので見つけたらすぐに葉は切り取って処分しましょう。また花がらや古い葉はこまめに取り除いておくといいと思います。

▼雪割草(ユキワリソウ)の詳しい育て方はこちら

ユキワリソウ(雪割草)

  • 雪割草はキンポウゲ科ミスミソウ属の多年草で日本には自生地が異なるミスミソウ、オオミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウの4種類がありこれらを総称して園芸的にユキワリソウと呼びます。温かい日光がさしたときだけ花を開き曇ったり寒いには花を開きません。落ち葉の間から他の花に先駆けて小さな花を咲かせ、春の訪れを告げるような姿から雪割草と名付けられています。花色は白、赤、黄、青、複色、絞り咲きなど変化が多いうえに花形も多様で葉の変化もあります。1株ごとに異なるといえるほど非常に多くの変異種があります。1株から次々と花を咲かせ環境が合えば丈夫な山野草です。

 

春一番! 花色・咲き方が多彩な雪割草(ユキワリソウ)の魅力

なんて可愛らしい花姿なんでしょうか。うっとりしますね。

gi_logo_grey

なんて可愛らしい花姿なんでしょうか。うっとりしますね。

 

冬の寒い季節に花付き&花持ちも良い雪割草(ユキワリソウ)は昔から愛され親しまれてきました。

gi_logo_grey

冬の寒い季節に花付き&花持ちも良い雪割草(ユキワリソウ)は昔から愛され親しまれてきました。

 

花びらに見えるのは実は「がく片」、がくに見える部分は茎葉になります。

gi_logo_grey

花びらに見えるのは実は「がく片」、がくに見える部分は茎葉になります。

 

おしべもめしべも数が決まっているわけではなく変異しやすいので多種多様な形が生み出され、その種類の多さが人々を魅了し続けています。

gi_logo_grey

おしべもめしべも数が決まっているわけではなく変異しやすいので多種多様な形が生み出され、その種類の多さが人々を魅了し続けています。

 

お好みの雪割草(ユキワリソウ)はありましたか?

gi_logo_grey

お好みの雪割草(ユキワリソウ)はありましたか?

 

本当に作り物のような可憐な花の雪割草(ユキワリソウ)。花色・花形の種類の多さから交配に熱中する愛好家も年々増えているのも納得の魅力的な山野草ですね。日本にも各地で自生しているので雪割草(ユキワリソウ)の群生を探しに行く旅も素敵です。お店でも比較的手に入りやすいので探してみてくださいね。

gi_logo_grey

本当に作り物のような可憐な花の雪割草(ユキワリソウ)。花色・花形の種類の多さから交配に熱中する愛好家も年々増えているのも納得の魅力的な山野草ですね。日本にも各地で自生しているので雪割草(ユキワリソウ)の群生を探しに行く旅も素敵です。お店でも比較的手に入りやすいので探してみてくださいね。

 

▼山野草に関する記事をもっと読む

 

▼関連ワード

「雪割草(ユキワリソウ)の育て方や魅力をご紹介」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
持永久美子
持永久美子

平田ナーセリーで園芸店勤務後、P2&Associates Inc.にてインドアプランツ専門店Plants・Plantsのマネージャーとして新店舗立ち上げ・接客・販売・在庫管理等の業務に従事。植物だけでなく、動物や雑貨も大好きです。結婚を機に東京に移り、子供と一緒に植物のある生活を楽しんでいます。LOVEGREENでは、観葉植物のおしゃれな飾り方や実践したくなるライフスタイル提案、実際に自宅で育てている植物の写真を使った記事を配信。

おすすめ