もうすぐお別れ。暖かくなってきてからのラナンキュラスの扱い方

金子三保子

金子三保子

公開日 :

もうすぐ桜の季節。年末から出回っていた春の花もいよいよ終盤の季節となりました。「これから春なのに?」と思う方もいるかもしれませんが、生花の流通は洋服などのファッション業界と同じで季節前倒しで出回ります。そのため春の花の出回りは12月くらいからで、3月がピークになります。

4月になって急に切り替わるわけではないのですが、日ごとに春の花から初夏、夏の花へとシフトしていきます。

そんなわけでラナンキュラスやチューリップなど、春の球根花を見ることができるのもあと少しです。今回は気温が上がってきた時期のラナンキュラスの扱い方や、ちょっとユニークなラナンキュラスをご紹介します。

ラナンキュラス、チューリップ、クリスマスローズなど春の花をボトルに数輪ずつ生けてみました。

目次

春の球根花は光と温度に敏感に反応する花が多い

気温が高くなってきた時期のラナンキュラスの扱い

もしも花が折れてしまったら・・・

番外編・ちょっとユニークなラナンキュラス

春の球根花は光と温度に敏感に反応する花が多い

ラナンキュラス、チューリップ、アネモネなど、春の球根の花は、光と温度に反応する性質です。そのため昼間は開き、夜は閉じるを繰り返します。特にチューリップは、生花になってからも、花茎が伸びたり動いたりする動きのある花です。

気温の低い時期は、つぼみから満開になるまでに相当時間を要しますが、桜の咲くころのような昼間の気温が20℃近くなると、暖かい気温に反応して一気に花が開くようになります。

 

気温が高くなってきた時期のラナンキュラスの扱い

ラナンキュラスは開いてくると花の重みに茎が耐えられず、茎の途中で折れてしまうことがあります。花は元気なのにもったいないですよね。特に暖かくなってくると、この傾向があります。

それを防止するために、購入してから少し日にちを経過したラナンキュラスは、花瓶から花が少し出るくらいに生けるのがおすすめです。花瓶のフチに頭を支えてもらうような感じです。花瓶がラナンキュラスの添え木の役割をしてくれるので、茎が折れにくくなります。

もうひとつ大切なことは「水は浅水で生けること」です。春の球根の花は、茎が柔らかくて腐りやすいので、花瓶の水は少し入れる程度の「浅水」で、なるべく茎が水に浸かっている部分を少なくします。

特に気温が高くなってくると、花瓶の水が腐りやすくなってきます。水はまめに変えるか延命剤などを利用しましょう。さらに、少しずつ切り戻しをした方が、常に茎の切り口が新鮮で水の吸い上げが良いので、花がより長持ちします。

茎が短くなったら、小さなボトルに。この時も花を花瓶に引っ掛けるようにして、茎が折れるのを防止します。

 

グリーン色はクリスマスローズ。クリスマスローズは、蜜腺やおしべが取れて、ガクだけの状態になってから生けるととても長持ちする花です。

白い花はラナンキュラスの脇についていたつぼみです。小さくてかわいいサイズです。ラナンキュラスの脇のつぼみは、色が出ているものなら咲く可能性があります。

目次に戻る≫

もしも花が折れてしまったら・・・

残念ながら途中で折れしまって、花瓶に生けるほどの茎がない場合は、お皿に飾りましょう。

ラナンキュラスのお皿に飾るときのポイントは、水を薄く張る程度にすること!

ラナンキュラスのような花びらが薄紙のような薄い花は、浮き花にすると花びらがとろけてしまいます。茎の切り口だけ水が触れていればいいので、薄く水を張ってお皿の縁に花を置くと、きれいに最後まで開ききって長く花を楽しめます。

目次に戻る≫

番外編・たまにはこんなユニークなラナンキュラスに出会うことも!

続きを読む

Pages: 1 2
IFEX 日本最大級200者が出店!花・植物・ガーデンの商談展

▼関連ワード

「もうすぐお別れ。暖かくなってきてからのラナンキュラスの扱い方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ