春の甘い香り♪切り花のヒヤシンスをお部屋に飾るポイント

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

鉢ものとしても切り花としてもヒヤシンスは人気の球根花です。ヒヤシンスは香りもとっても良いので、一輪飾ると部屋がほんのり春の香りになります。今回は切り花のヒヤシンスの生け方のポイントをご紹介します。

目次

切り花のヒヤシンスの出回りは12月~3月

ヒヤシンスが切り花として花市場に入荷してくるのは12月~3月です。特にお正月が終わった頃から、たくさんの春の花が入ってきます。  みずみずしくて、香りも良い切り花のヒヤシンスは大人気です。花は下から徐々に上に咲きます。花ひとつひとつのフォルムもかわいらしいです。

ヒヤシンスが切り花として花市場に入荷してくるのは12月~3月。特にお正月が終わった頃から、たくさんの春の花が入ってきます。

みずみずしくて香りも良い切り花のヒヤシンスは大人気です。花は下から徐々に上に咲きます。花ひとつひとつのフォルムもかわいらしいです。

目次に戻る≫

ヒヤシンスを生けるポイント

・茎が柔らかく、水がつかっている部分が多いと茎が痛んでしまうため、少なめで大丈夫です。水をとてもよく給水するので、水がなくならないようにチェックして、少なくなったら追加してください。水を全部吸ってしまうと、しんなりとしてしまいますので注意しましょう。しんなりとしてしまっても早期に発見すれば大丈夫です。切り口を数ミリカットして、水に生ければ復活します。

・茎の切り口がぬるっとしているのと、切り口付近に泥がついていることがあるので、水が汚れやすいです。こまめに水を変えましょう。

茎と葉の形状・・・最初からたくさん茎を切らないで!

ヒヤシンスの葉と茎は写真のようになっています。  いきなり茎をたくさん切るとどうなるでしょうか?・・・葉っぱが全部取れてしまいます!  最初は、ほんの数ミリカットして生けて、葉っぱ付きのヒヤシンスをお楽しみください♪

ヒヤシンスの葉と茎は写真のようになっています。いきなり茎をたくさん切るとどうなるでしょうか?・・・葉っぱが全部取れてしまいます!最初はほんの数ミリカットして生けて、葉っぱ付きのヒヤシンスをお楽しみください。

重みがある花です!

ヒヤシンスは水分たっぷりで重量があるお花です。花瓶の丈が低すぎると、花の重みに茎が耐えられず折れてしまいます。花の重さに耐えられるような丈の花瓶選びをしてください。

生けてからも茎が伸びます!

びっくりするかもしれませんが、ヒヤシンスは花瓶に生けてからも茎が伸びます。花が全部開いてくるころになると、重みで茎が折れやすくなります。少しずつ茎を切っていくと、最後まで折れずに花を楽しめます。

次々できる新品種!

こんなシックな紫色もあります♪素敵ですね。

こんなシックな紫色もあります。素敵ですね。

 

ライラック色と言ったらよいのか、青っぽいピンクと言ったらよいのか不思議な色合いですね。

ライラック色と言ったらよいのか、青っぽいピンクと言ったらよいのか不思議な色合いですね。

 

右下のヒヤシンスは、縁取りタイプです。こんな複色もあります。

右下のヒヤシンスは、縁取りタイプです。こんな複色もあります。

 

花壇に植えてあるヒヤシンスです。つぼみはの時はこんな感じです。

花壇に植えてあるヒヤシンスです。つぼみはの時はこんな感じです。

 

開花しました!ちなみにこの球根は、もう20年近く植えっぱなしのものです。花は少なめになってしまいましたが、それもまたかわいいです。

開花しました!ちなみにこの球根は、もう20年近く植えっぱなしのものです。花は少なめになってしまいましたが、それもまたかわいいです。

目次に戻る≫

水栽培、土栽培、切り花・・・ヒヤシンスはいろいろな楽しみ方ができます。園芸のヒヤシンスの開花はまだ先ですが、切り花のヒヤシンスを飾って、一足早くお部屋で春を感じてみませんか?花屋さんで色々な品種を探してみてくださいね。

▼編集部のおすすめ

ヒヤシンス

  • ヒヤシンスは秋植え春咲きの球根植物です。ヒヤシンスは小さな花を花茎に連なるように咲かせます。ヒヤシンスにはダッチ系とローマン系があり、ダッチ系は花数も多く豪華です。私たちが日頃見ているヒヤシンスの多くはダッチ系ヒヤシンスです。ヒヤシンスの一番の魅力は、花色のバリエーションの豊富さと強く甘い香りでしょう。

    ヒヤシンスは庭植えや鉢植えなど土壌で育てることも、土を使わずに水耕栽培でも育てる事も出来ます。球根は通常、一球から一つの花を咲かせますが、最近は品種改良が進み一球から数本の花芽を出し咲かせる品種もあります。球根の表皮は花色によって違い、表皮の色でおおよその花の色が分かります。

    庭植えのヒヤシンスは数年植えっぱなしでも花を咲かせます。但し、球根に蓄えられている養分が減って行くにつれて花も小さくなっていきます。毎年ヒヤシンスの花を楽しみたければ、花後、葉を残して花茎を付け根から切り戻します。その後緩効性肥料を与え、残った葉が茶色く枯れたようになるまで光合成をさせます。こうすることで球根に養分が蓄えられ、翌年も花を楽しめるようになります。葉が茶色くなった頃に球根を掘り上げて次の秋の植え付けまで休ませることで、球根を良い状態で保存しておけます。

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「春の甘い香り♪切り花のヒヤシンスをお部屋に飾るポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】ベゴニア 原種 マクラータワイティ

販売価格:5,280円(税込)

【送料無料】底面給水機能付き フィカス・ベンガレンシス6号鉢

販売価格:8,800円(税込)

ベーシックエプロン VOIRY STORE

販売価格:4,950円(税込)

SPECIAL

おすすめ