エキナセアの育て方!種類、冬越しなど管理のコツ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

エキナセアは初夏から秋まで長く咲き続ける宿根草。エキナセアはとても丈夫で手入れが簡単な上に、最近はたくさんの色あい、咲き方の新品種が続々と登場し、夏の花期の長い宿根草として人気のある草花です。エキナセアの種類や育て方をご紹介します。

目次

エキナセアとは?

  • 学名Echinacea
  • 科名:キク
  • 属名:エキナセア
  • 分類草花(多年草)

エキナセアの種類について

エキナセアは、もともとの品種はハーブに分類され、ネイティブインディアンが薬用として使用していたものを言います。日本でも何年か前にエキナセアの効用が紹介され、ハーブティーやサプリメントとして販売されています。

エキナセアのもともとの品種はハーブに分類され、ネイティブインディアンが薬用として使用していたものを言います。日本でも何年か前にエキナセアの効用が紹介され、ハーブティーやサプリメントとして販売されています。

最近出回っているエキナセアは観賞用として作られたものなので、ハーブとしての薬効はありません。あくまでも園芸用としての利用に限られます。

園芸種のエキナセアでもオリジナルのエキナセアでも育て方に違いはありませんが、ハーブとして飲食用に使うエキナセアがほしい場合は、ハーブショップなどで品種を確認して購入することをおすすめします。

エキナセアの購入は種の販売もありますが、苗で購入するのが一般的です。エキナセアは種を採ることもできますが、最近出回っている新品種のエキナセアは、種をとってまいても同じ花色や咲き方にならない品種もあります。

 

エキナセアの魅力はなんといっても色数が豊富なことです!  赤、ピンク、黄色、白、グリーン、オレンジ、アプリコット、複色・・・。そして最近は八重咲種のエキナセアも出てきました。同じ株から違う色が出てくる品種もあります。

エキナセアの魅力はなんといっても色数が豊富なことです!

赤、ピンク、黄色、白、グリーン、オレンジ、アプリコット、複色・・・。そして最近は八重咲種のエキナセアも出てきました。同じ株から違う色が出てくる品種もあります。

目次に戻る≫

エキナセアの丈について

品種が豊富なエキナセア。最近の品種は丈も色々とあります。

  1. 草丈1メートル以上になる品種
  2. 草丈70~80センチの品種
  3. 草丈30~50センチの品種

同じエキナセアでもかなり草丈に違いがありますので、購入した品種のプランツタグの草丈を確認してから、どこに植えるかを決めましょう。

目次に戻る≫

エキナセアの植え付けと育てる場所

エキナセアは、鉢植えでも、地植えでも、どちらでも栽培することができます。同じエキナセアでも品種によって、高性から矮性までいろいろあるので、植える場所や鉢のサイズによって品種を選ぶとよいです。エキナセアは日当たり、風通しのよい場所で管理して、土は水はけがよい土が適しています。1年草と違って、長い間管理するので、大きくなった姿をイメージして、株と株の間のスペースは広くとります。

エキナセアは鉢植えでも地植えでも栽培することができます。同じエキナセアでも品種によって、高性から矮性までいろいろあるので、植える場所にあった花丈を選びましょう。

エキナセアは日当たり、風通しのよい場所で管理して、土は水はけがよい土が適しています。エキナセアは一年草と違って長い間管理するので、大きくなった姿をイメージして株と株の間のスペースは広くとります。

目次に戻る≫

エキナセアの日々の育て方

水やり

地植えにしたエキナセアは、根付いてからは水やりの必要はありません。鉢植えのエキナセアは、表面の土が乾いたらたっぷりとあげましょう。葉っぱが常にぬれていると、うどんこ病にやられやすくなるので、水やりは土の表面にあげるようにします。

エキナセアは梅雨の時期や秋の長雨のような土の状態を嫌います。鉢植えのエキナセアは、長雨の時は軒下に移動するなどして管理するとよいでしょう。冬場は地上部分はなくなりますが、鉢植えのエキナセアは冬でも水をあげ忘れないことを注意します。

花がら摘みと肥料

終った花は、花だけでなく茎の部分も一緒に剪定すると株がきれいな姿を保ちます。終った花はそのままにしておくと、病気の発生源になったりするので、早めに取り去りましょう。

終ったエキナセアの花は、花だけでなく茎の部分も一緒に剪定すると株がきれいな姿を保ちます。終った花はそのままにしておくと病気の発生源になったりするので、早めに取り去りましょう。

エキナセアは肥料が少なくても育つ草花です。逆に与えすぎると株が弱るので、春と秋に固形肥料を少なめに与える程度です。

エキナセアの病害虫

エキナセアはとても丈夫で、適切な管理をしていると病害虫の害が少ない宿根草です。

エキナセアの病気で一番多いのが、梅雨や秋の湿度が高い時期になるうどんこ病です。日ごろの水やりは、葉っぱではなく土の表面に与えるようにします。虫は、地際の茎にフキノメイガの幼虫が入ることがあるので見つけ次第早めに防除します。

エキナセアの病気で一番多いのが、梅雨や秋の湿度が高い時期になる、うどんこ病です。日ごろの水やりは、葉っぱではなく、土の表面にあげるようにします。虫は、地際の茎にフキノメイガの幼虫が入ることがあるので、見つけ次第早めに防除します。

目次に戻る≫

 

 

\エキナセアの夏場の扱い方と冬越しについて/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「エキナセアの育て方!種類、冬越しなど管理のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ