家庭菜園特集

秋の花壇に取り入れたい!おすすめカラーリーフ6選

金子三保子

金子三保子

公開日 :

カラーリーフ」とは、斑入り、シルバーグリーン、黒葉、チョコレート色、黄色や青い葉・・・など、カラフルな葉っぱを持つ植物すべての総称です。花が咲くものもありますが、花よりむしろ葉っぱの方が目立つものも多いカラーリーフプランツ。色はもちろん、葉の形も素敵な植物が多いので、寄せ植えや花壇に使うと、色合わせの素敵な空間を作ることができます。今回は、秋におすすめのシックな葉をもつカラーリーフプランツをご紹介します。

目次

へミグラフィス

コリウス

観賞用トウガラシ

アルテルナンテラ

イレシネ

ペラルゴニウム・シドイデス

1.へミグラフィス

観葉植物として分類されているヘミグラフィス。耐暑性に富み、夏~秋は外の花壇や寄せ植え、グランドカバー、ハンギングバスケットにも使うことができます。たくさんの品種があって、写真のような細葉以外にも、楕円系の形など、色々あります。色も黒っぽい色、緑~紫色、黄色っぽい斑が入ったものなど多様です。

育て方は、暑い地域が原産なので、とにかく太陽が大好きな植物です。よく日光に当てると、葉がきれいな色になります。日の当て方次第で、葉の色が変わってきます。暑いのは大好きですが、寒さは5度くらいまでしか耐えられないので、冬は室内で育てることになるので、日本では一年草として扱われることもあります。

 

こちらの品種は「ヘミグラフィス・レパンダ」。地を這うように生長します。

こちらの品種は「ヘミグラフィス・レパンダ」。地を這うように生長します。

 

白い小花が茎先に次々と咲き続けます。

白い小花が茎先に次々と咲き続けます。

 

今回買ったプランツタグには「空気をきれいにします」とありました。空気清浄効果もあるようです。

今回買ったプランツタグには「空気をきれいにします」とありました。空気清浄効果もあるようです。

目次に戻る≫

2.コリウス

初夏から秋のカラーリーフプランツの代表と言えば、コリウス。とにかく品種が豊富です。性質が強くて、暑さにもとても強いです。本来は多年草ですが、寒さには弱いので日本では一年草として扱われています。お日様が大好きなので、よく日光に当てると葉がきれいな色になります。頻繁に切り戻した方が、きれいな株姿を保ちます。

コリウスは、種から育てる種子系と挿し木で増やす栄養系があって、種子系は小ぶりで花が咲きますが、栄養系は花がつきにくいかわりに、切り戻しを繰り返すと、こんもりと大株に育ちます。初夏から花壇に植える場合は、株と株の間をあけて植えた方がよいです。

 

種子系コリウス

種子系

 

種子系

種子系

 

種子系 コリウスの花

種子系 コリウスの花

 

栄養系コリウス

栄養系コリウス

目次に戻る≫

3.観賞用トウガラシ

6月~12月までが観賞期間の観賞用トウガラシです。年々品種が増えていますが、今回は秋色に合う、シックな品種をご紹介します。

 

葉っぱの色が紫色~グリーン色の観賞用トウガラシ。

葉っぱの色が紫色~グリーン色の観賞用トウガラシ。

 

ほぼ、黒に近い葉っぱの観賞用トウガラシ。花は、小さくてかわいい紫色です。

ほぼ、黒に近い葉っぱの観賞用トウガラシ。花は小さくてかわいい紫色です。

目次に戻る≫

4.アルテルナンテラ

品種が豊富で、葉の色もたくさんの色があります。本来は多年草ですが、寒さには弱いので日本では一年草として扱われています。お日様が大好きなので、よく日光に当てると葉がきれいな色になります。初夏から植えると、夏場の色と秋になってからの葉の色に変化があるので、変化を見るのも楽しみのひとつです。品種によって、這うように広がるほふく性から木立性のものまであるので、用途によって品種を選びます。

 

アルテルナンテラ・レッドフラッシュ  秋の紅葉がとても美しいです。

アルテルナンテラ・レッドフラッシュ。秋の紅葉がとても美しい品種です。

目次に戻る≫

5.イレシネ

たくさんの品種があるイレシネ。葉っぱの色、形も豊富で、秋の寄せ植えや花壇に合うカラーリーフです。暑さに強く、性質がも強いので育てやすいですが、寒さには弱いので冬場は室内で管理するか、一年草として扱うことが多いです。お日様が大好きで、日に当てないときれいに発色しないので、日当たりのよい場所で育てるのがポイントです。

 

イレシネ

イレシネ

 

葉裏が赤いイレシネ。

葉裏が赤いイレシネ。

 

丸っこい葉がかわいらしいイレシネ。

丸っこい葉がかわいらしいイレシネ。

目次に戻る≫

6.ペラルゴニウム・シドイデス

たくさんの品種があるペラルゴニウムですが、今回は秋の色合わせにあう品種をご紹介します。

 

ペラルゴニウム・シドイデス。シルバーグリーン色が、秋のシックな色合わせに引き立つ色です。

ペラルゴニウム・シドイデス。シルバーグリーン色が、秋のシックな色合わせに引き立つ色です。

 

花は小さめ。写真は気温が高い時期に撮影しているので赤みがましていますが、気温が低くなると深い紫色になります。

花は小さめ。写真は気温が高い時期に撮影しているので赤みがましていますが、気温が低くなると深い紫色になります。

目次に戻る≫

カラーリーフを上手に取り入れると、花がなくても見栄えのする空間ができます。素敵な秋色花壇を作ってみませんか?

 

▼関連記事

 

 

 

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

「秋の花壇に取り入れたい!おすすめカラーリーフ6選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ