自分好みのお庭に!寄せ植え花壇の作り方やメンテナンス

森野陽子

森野陽子

このライターの記事一覧

公開日 :

春の花壇の植え付けの時期です。自分だけの花壇を作ってみませんか? 寄せ植え花壇の作り方をご紹介します。

目次

花壇(かだん)とは

寄せ植え花壇の作り方

植えてみたい!季節ごとに咲くおすすめの花

花壇のメンテナンスをしよう

花壇(かだん)とは

花壇とは囲いを作り、そこに花を植えたものです。公園などで見られる花壇には、背丈の低い花を絨毯のように敷き詰めた毛氈(もうせん)花壇や、地面のレベルを下げて高いところから見るために作られた幾何学模様の沈床花壇などがあります。家庭ではイングリッシュガーデンで見られるボーダー花壇や、自由に好きな花を植える寄せ植え花壇が一般的です。今回は、お庭に作れる寄せ植え花壇についてご紹介いたします。

花壇(かだん)とは囲いを作り、そこに花を植えたものです。公園などで見られる花壇には、背丈の低い花を絨毯のように敷き詰めた毛氈(もうせん)花壇や、地面のレベルを下げて高いところから見るために作られた幾何学模様の沈床花壇などがあります。

家庭ではイングリッシュガーデンで見られるボーダー花壇や、自由に好きな花を植える寄せ植え花壇が一般的です。今回は、お庭に作れる寄せ植え花壇についてご紹介いたします。

▼イングリッシュガーデンについての記事はこちら

目次に戻る≫

寄せ植え花壇の作り方

花壇の場所は、植物が育ちやすいように日当たりが良く、なるべく風通しの良い場所にします。場所を決めたら、レンガや木材、ブロック、タイル、枕木など好きな素材で囲います。フリーデザインで作れる人工樹脂でできたエッジ材など、便利なグッズもあるので利用してみましょう。そして、植物が生き生き育つのに一番大切な土壌を作ります。

花壇の場所は、植物が育ちやすいように日当たりが良く、なるべく風通しの良い場所にします。場所を決めたら、レンガや木材、ブロック、タイル、枕木など好きな素材で囲います。フリーデザインで作れる人工樹脂でできたエッジ材など、便利なグッズもあるので利用してみましょう。そして、植物が生き生き育つのに一番大切な土壌を作ります。

植物が喜ぶ、ふかふかの土壌を作りましょう

花壇を作りたい場所の土を30~40センチ掘り返します。大きな石や根っこ、ゴミみなどを取り除き、固い土をほぐしていきます。土壌は水はけがよく、なおかつ水持ちもよくなくてはなりません。そんな土の状態を団粒構造といいます。細かい土の粒子が固まったものがたくさん集まったもので、隙間があるので根っこが伸びやすく、水を通すことで空気の入れ替えも行います。そして、消石灰を混ぜて土の酸性を改良します。このとき、体についたり、目に入ったりしないように気を付けましょう。日本は酸性の土壌が強いので、消石灰を混ぜて土の酸性を改良する必要がありますが、まきすぎてアルカリ性になりすぎたら、ピートモスなどをまいて調整します。1週間くらいおいたら、次にたい肥や培養土を与えます。有機物が混ざることで栄養価の高いふかふかの土壌になります。さらに1週間くらいおいてから植物を植えていきましょう。

①花壇を作りたい場所の土を30~40センチ掘り返します。

②大きな石や根っこ、ゴミなどを取り除き固い土をほぐしていきます。
このとき、細かい土の粒子がたくさん集まった団粒構造を作ります。水はけがよく水持ちもよい構造で、隙間があるので根っこが伸びやすく、水を通すことで空気の入れ替えも行ってくれる土になります。

③土がほぐれたら、消石灰を混ぜて土の酸性を改良します。
体についたり目に入ったりしないように気を付けましょう。

 

土壌の改良について

日本は酸性の土壌が強いので、消石灰を混ぜて土の酸性を改良する必要があります。まきすぎてアルカリ性になりすぎたら、ピートモスなどをまいて調整します。1週間くらいたったら、たい肥や培養土を与えます。有機物が混ざることで栄養価の高いふかふかの土壌になります。さらに1週間くらいおいてから植物を植えていきましょう。

▼土についての記事はこちら

目次に戻る≫

 

 

\次は季節ごとに咲く花をご紹介/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「自分好みのお庭に!寄せ植え花壇の作り方やメンテナンス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

森野陽子
森野陽子

横浜市出身。動物と植物がいつも身近にいる家庭で育ち、自然と動植物好きに。環境保護について学ぼうと、東京農業大学造園学科に進学。日本庭園にはまるかたわら、里山の景観保護や動物園の生態展示について研究していました。大学卒業後は住宅雑誌の編集、フリーペーパーのライターなどを経験。花も好きですが、樹木も好きで、とくにマメ科の樹木が好きです。週末は家族で山登り、城廻り、海辺でキャンプ。子供が自然の中にいると、急に生き生きしだす様子が面白いなあと感じています。気軽に緑が楽しめる情報を発信できたらと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ