トゥデイズプランツ30日目 | ブラックベリー

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ブラックベリー

初夏にたわわに実をつけるブラックベリーは、バラ科の落葉性のツル性植物。最近は様々な品種が流通しています。

春のかわいい花の花びらが散ると、中心が少しずつ膨らんで実になります。緑の実が少しずつ赤く色づき、黒くなった頃が食べごろ。

ひと房の実がいっぺんに色づくのではなく、同じ房でも色づくタイミングが違います。食べごろのポイントは、実をさわってポロっととれるころ。せっかちは禁物です。黒くても無理やりもぎ取ると酸っぱいのです。でも放置していると実が落ちてしまうので、毎朝食べごろの実だけを摘み取るのがこの時期の楽しみになります。

育て方のコツはツルが伸びるごとに誘因していくこと。ツルを放置して地面にツルを密着させてしまうと、そこから根が出てきて増えてしまいます。それを気を付けていれば、ブラックベリーは株元からしか新しいツルが出ないので、地下茎で増えるラズベリーよりは増えすぎるということはありません。

LOVEGREEN編集部のブラックベリー  フェンスにツルを誘因してグリーンカーテンにしています。植え付けて3年目。今年はたくさんの実をつけました!

LOVEGREEN編集部のブラックベリー

フェンスにツルを誘因してグリーンカーテンにしています。植え付けて3年目。今年はたくさんの実をつけました!

 

ブラックベリー

育てる場所:日当たりと風通しが良いところ

育て方のコツ:ツル性のものが多いのでツルが伸びたらその都度誘因

特徴:昨年伸びたツルに翌年実がなる

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「トゥデイズプランツ30日目 | ブラックベリー」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

migiwa フラワーベース ツヤあり

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット ガラス鉢 グレー×ブルー

販売価格:4,950円(税込)

ラバーグローブ VOIRY STORE

販売価格:1,320円(税込)

SPECIAL

おすすめ