リースの材料として人気!紅葉も実も素敵なモミジバフウ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

モミジバフウ

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「モミジバフウ」

リースをよく作る方なら、この木の実を手にしたことがあるかもしれません。モミジバフウはフウ科の落葉高木。とても大きくなるので庭木と言うよりは、公園や街路樹として植栽されている木です。

モミジバフウ

名前にモミジとありますが、フウ科なのでモミジの仲間ではありません。

新緑~青葉の季節もとても美しいのですが、秋~初冬にかけての紅葉も絶品です。赤、オレンジ、黄色……暖色のグラデーションが、それはそれは美しくて目を見張ります。

花の仕入れでよく通る環八通りの世田谷付近にもモミジバフウが植えられていて、紅葉の季節は車内から紅葉狩りを楽しませてもらっています。

 

モミジバフウ

葉も美しいモミジバフウですが、紅葉から落葉の頃になる実も素敵です。ウニのような、とげとげしたユニークな実が、木一面にぶら下がるように付いていて目を和ませてくれます。とげとげした実は、触ってもさほど痛くないので素手でつかめます。

 

モミジバフウ

実の色は最初は緑、次第に茶色く変化します。

 

モミジバフウ

葉がすべて落葉してもしばらくは木についています。

 

モミジバフウ

クリスマスの頃になると、リースの飾りつけとして木の実が流通しています。かわいい実は、ただ置くだけでも季節感のある飾りになるのでおすすめ。

東京だと実がなるのがちょうど師走の頃。忙しい時期ですが、モミジバフウを見かけたら休憩がてら実を探してみてはいかがでしょうか。

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「リースの材料として人気!紅葉も実も素敵なモミジバフウ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス