とっても簡単!ミントの水挿しでの増やし方。発根後の土への植え付け方は?

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ミントを増やしてみたいけれど、うまくいかなかったという声をよく聞きます。

今回はミントの増やし方で簡単なのでおすすめの方法の「水挿し」という方法で増やす方法をご紹介します。

目次

ミントの水挿しって?

ミントの茎を水につけておいて、根を発根させる方法です。ミントは土以外に水で育てる方法もあります。このことを水耕栽培と言います。

今回はあじさいの生け方の記事で一緒に生けたミントが、生けて数日したら、根っこが出てきました。そのミントを使って、水挿しというミントの増やし方をご紹介します。

今回はあじさいの生け方の記事で一緒に生けたミントが、生けて数日したら根っこが出てきました。そのミントを使って水挿しというミントの増やし方をご紹介します。

 

ミントの根の出方

ミントは茎に節があり、その節から根や葉っぱが出てきます。土の下の部分の節からは根、土の上の部分は葉になります。  ミントを生けて数日後、立派な根が出てきました!

ミントは茎に節があり、その節から根や葉っぱが出てきます。土の下の部分の節からは根、土の上の部分は葉になります。

ミントを生けて数日後、立派な根が出てきました!

ミントの水挿しのやり方

水につかる部分の葉は、必ず取って最低2~3節は水につかるようにして花瓶やコップに入れておきます。これは、葉っぱが水につかっていると、水が腐りやすくなるためです。  また、根が出るのは節からなので、節のある部分が水につかっていることが根を出すためのポイントです。

水につかる部分の葉は必ず取って最低2~3節は水につかるようにして花瓶やコップに入れておきます。葉っぱが水につかっていると水が腐りやすくなるためです。

また、根が出るのは節からなので、節のある部分が水につかっていることが根を出すためのポイントです。

 

根っこが出た茎を鉢やポット苗に植え替えます。  鉢に土を少し入れた後に、根が出ている部分が土の中に埋まるように、ミントをセットします。

根っこが出た茎を鉢やポット苗に植え替えます。

鉢に土を少し入れた後に、根が出ている部分が土の中に埋まるように、ミントをセットします。

 

残りの土を入れます。  今回は、アレンジ用に使った茎の長いミントだったので、葉っぱを一節残して、上の部分はカットします。  根付くまでは、土から上の部分の茎は短めにして、根付かせるためにエネルギーが回るようにします。  最後に水をたっぷりと与えます。  確実に根付くまでは、直射日光が当たらない風通しのよい場所で管理します。  また、土が水切れを起こさないように、定期的に水をあげてください。  根付くまでに、水が切れてしまうと、せっかく出た根が枯れてしまいますのでご注意ください。

残りの土を入れます。

今回は、アレンジ用に使った茎の長いミントだったので、葉っぱを一節残して、上の部分はカットします。根付くまでは、土から上の部分の茎は短めにして、根付かせるためにエネルギーが回るようにします。

最後に水をたっぷりと与えます。

確実に根付くまでは直射日光が当たらない風通しのよい場所で管理します。また、土が水切れを起こさないように定期的に水をあげてください。

根付くまでに水が切れてしまうと、せっかく出た根が枯れてしまいますのでご注意ください。

 

時期にもよりますが、1~2週間すると根付いたことがわかる、新しい新芽が芽吹いてきます。  小さい葉っぱが複数でてきたので、大きな葉を取って更新してみました。  新しい葉っぱが出てきたら、通常の管理の仕方と同じ方法で大丈夫です。  置き場所もいつもの場所に移動させましょう。  その後、順調に葉が出てきたら、切り戻しをして、好みの丈に仕立てることもできます。

時期にもよりますが、1~2週間すると根付いたことがわかる、新しい新芽が芽吹いてきます。

小さい葉っぱが複数でてきたので、大きな葉を取って更新してみました。

新しい葉っぱが出てきたら、通常の管理の仕方と同じ方法で大丈夫です。置き場所もいつもの場所に移動させましょう。

その後、順調に葉が出てきたら切り戻しをして好みの丈に仕立てることもできます。

目次に戻る≫

 

 

\ミントの増やし方って他にもあるの?/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「とっても簡単!ミントの水挿しでの増やし方。発根後の土への植え付け方は?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ