エディブルガーデン12か月|10月の作業

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

いちごにおすすめのコンパニオンプランツは?

にんにく  にんにくは様々な植物と相性が良い「コンパニオンプランツ」の代表格です。にんにくの強い香りが、アブラムシやネキリムシなどの害虫を遠ざけることができます。いちごと混植すると、病害虫を防ぐ効果が期待できます。  ホームセンターや園芸店などで「にんにく種球」を用意しましょう。にんにくはプランターでも簡単に育てられます。

にんにく

にんにくは様々な植物と相性が良い「コンパニオンプランツ」の代表格です。にんにくの強い香りが、アブラムシやネキリムシなどの害虫を遠ざけることができます。いちごと混植すると、病害虫を防ぐ効果が期待できます。

ホームセンターや園芸店などで「にんにく種球」を用意しましょう。にんにくはプランターでも簡単に育てられます。

ニンニク(大蒜)

  • ニンニクはネギ属の仲間で、ガーリックの名でも親しまれています。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料として料理に欠かせない存在です。 若い葉を収穫した葉ニンニクや若い花茎を食用にする茎ニンニク(ニンニクの芽)があります。 玉ねぎなどと共に、古代エジプトでは、ピラミッドをつくった作業員たちに強壮剤として支給されていたのがニンニクだったそうです。彼らが粗末な食生活にもかかわらず、重労働に耐えられたのはニンニクの効用のおかげだったのでしょうか。 ネギ科の仲間である玉ねぎ同様、ニンニクの原産地自体が定かではなく、野生のニンニク種というものが見つかっていません。

 

目次に戻る≫

いちごの伸びてきたランナーはどうするの?

植物を育てる上で、育てる品種も違えば、環境も違い、育てる人も違います。伸びてきたランナーの扱いについては、生産のプロの方、専門家の方の所説を取り入れて実験のようなつもりで育ててみてください。  ランナーを摘み取る説 いちごの実に栄養を取り入れ甘くするために、その時期に伸びてくる不要なランナーを摘み取るという考え方です。  ランナーは残す説 ランナーを放任することでいちごの苗の根を伸ばすという考え方です。というのも、植物の葉は、葉の広がりと同じように地中でも根を広げます。葉を増やすことで、光合成を増やし、いちごを甘くすることができます。

植物を育てる上で、育てる品種も違えば、環境も違い、育てる人も違います。伸びてきたランナーの扱いについては、生産のプロの方、専門家の方の所説を取り入れて実験のようなつもりで育ててみてください。

ランナーを摘み取る説

いちごの実に栄養を取り入れ甘くするために、その時期に伸びてくる不要なランナーを摘み取るという考え方です。

ランナーは残す説

ランナーを放任することでいちごの苗の根を伸ばすという考え方です。というのも、植物の葉は、葉の広がりと同じように地中でも根を広げます。葉を増やすことで、光合成を増やし、いちごを甘くすることができます。

目次に戻る≫

いちごの収穫後の株はどうするの?

いちご栽培の楽しいところは子株がどんどん増えることです。子株をたくさん育てて、いちご畑も夢じゃないかもしれません。

残す子株

今回育てたのが親株として、そこからランナーが伸びてきたものを子株といいます。

来年の収穫のために、親株から伸びた子株をポットで新たに育てましょう。

その際、一番目の子株は親株の病気などを強く受け継ぐ傾向があるので、二番目、三番目の子株を育苗していきます。また、小さすぎて貧弱な苗も取り除きます。

子株の育苗

ランナーで伸びてきた子株に、土を入れた育苗ポットを置いて根付かせます。

子株が浮いてしまう場合は、U字に曲げた針金などを使って土に活着させましょう。

目次に戻る≫

10月にまいてほしい野菜の種

家庭菜園の9月の作業では「秋冬野菜はスタートダッシュが重要です」とご紹介してきましたが、今回おすすめしたい野菜の種は、あえて10月にまいてほしい種なんです。10月に種をまくからこそ、寒い冬を乗り切れるお豆たちをご紹介します。

※主に関東温暖地の栽培。種まきや収穫時期は品種にもよります。

ソラマメ

・種まき ~10月下旬頃まで

・収穫  5月~6月頃まで

そら豆(ソラマメ)

  • そら豆は豆の莢(さや)が空に向かって伸びることから、そら豆と呼ばれるようになりました。また、蚕を飼う初夏に収穫をむかえるそら豆は、さやの形が蚕に似ていることから「蚕豆」とも書かれます。 そら豆の実が充実してくると莢(さや)がふくらみ、重みで下を向きだします。 日本では、主に完熟前の豆を食べます。ビールのお供として人気の野菜です。海外では、完熟したものを乾燥させ、煮豆などに使用します。 特に幼苗期のそら豆は耐寒性に優れているため、10月中旬~下旬にかけて種をまき、冬越しをして、翌年の5~6月に収穫時期を迎えます。

 

スナップエンドウ

・種まき ~10月下旬頃まで

・収穫  4月~6月頃まで

スナップエンドウ

  • スナップエンドウは、サヤエンドウのようなシャキシャキとした莢(さや)の食感と、グリンピースのように豆自体を食べることができる、両方の良さをあわせもったような野菜です。 スナップエンドウと同じ仲間のえんどう豆の野生種は、いまだ見つかっていないようですが、えんどう豆は歴史が古く、紀元前7000年頃から南西アジアで栽培されていました。 スナップエンドウはエジプトの有名なツタンカーメンの墓から出土するなど古代ローマやギリシャで栽培されるほど、歴史的にも大変古く重要な作物だったようです。後にインドから中国へ伝わり、日本へ入ったのは8~10世紀頃と言われていますが、日本でえんどう豆が食べられるようになったのは江戸時代。えんどう豆は早い時代からヨーロッパ系とアジア系に分かれて発展していきましたが、大豆があったためにアジアではあまり広がらなかったようです。 スナップエンドウは、アメリカで育種されました。1970年代以降に日本に導入された比較的新しい野菜ですが、今では全国的に栽培が広がっています。

 

さやえんどう

・種まき ~11月頃まで

・収穫  4月~6月頃まで

サヤエンドウ(絹さや)

  • サヤエンドウは、エンドウの未熟な莢を食用とする場合の呼び方です。エンドウは大きく分けて、若い莢(さや)を食用とする「サヤエンドウ」と、未熟な豆を利用するグリーンピースのような「実エンドウ」、そして完熟した豆を乾燥させて利用する「エンドウ豆」とがあります。 最近リボベジとしても人気なスプラウトの一種「豆苗(とうみょう)」も、エンドウの若芽です。 エンドウ豆は歴史が古く、紀元前7000年頃から南西アジアで栽培されていました。エジプトの有名なツタンカーメンの墓から出土するなど古代ローマやギリシャで栽培されるほど、歴史的にも大変古く重要な作物だったようです。後にインドから中国へ伝わり、日本へ入ったのは8~10世紀頃と言われていますが、日本でエンドウが食べられるようになったのは江戸時代。関東地方では「絹さや」、関西で「サヤエンドウ」と呼ばれることが多いようです。その他にも呼び名が様々あり、ぶんこ、さやまめ、さんどまめ…等々これだけ地方で様々な呼び方があるサヤエンドウです。 サヤエンドウは、つるあり種は200cm、つるなし種は40~100cmと大きく分けて2つあります。支柱を立てるときの目安となりますので、種袋の裏などで品種の確認をしましょう。

 

いかがでしたか?

これだけいちごを眺めていたら、いちごを育てたくなりますね。いちごは畑でも、プランターでも、袋栽培でも育てることができます。親株からランナーを伸ばし、子株で増やすことができるいちご栽培にみなさんも挑戦してみください。

目次に戻る≫

 

Pages: 1 2
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「エディブルガーデン12か月|10月の作業」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

農業研究センターで6年間、大豆と稲の研究作物の栽培及び実験助手業務に従事。その後、屋上ガーデン・屋上菜園などの管理業務、エディブルフラワー事務局を経て、植物ライターに。植物・園芸サイトやフリーペーパーなどで活動。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A