レモングラスで作ろう。正月のしめ縄飾り!

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

LOVEGREEN編集部のベランダに植えたレモングラスの冬越し剪定をしたレモングラスを使ってお正月のしめ縄飾りを作ってみました。

レモングラスは、レモンより少し甘くてさわやかなレモンの香りがする人気のハーブ。イネ科の多年草です。寒さが苦手なレモングラスは、冬場は刈り込んで掘りあげて室内で管理するか、外でマルチングをして寒さ除けをして越冬させる必要があるハーブです。

目次

レモングラスの収穫

レモングラスの正月飾りの作り方

レモングラスの正月飾りの飾りつけ

レモングラスの正月飾り・まとめ

レモングラスの収穫

ポット苗で初夏に植えこんだレモングラス、半年でこんなに大株に育ちました。

ポット苗で初夏に植えこんだレモングラス、半年でこんなに大株に育ちました。

 

ちょっと収穫するのが遅かったため、半分くらい乾燥してしまっています。

ちょっと収穫するのが遅かったため、半分くらい乾燥してしまっています。

目次に戻る≫

レモングラスの正月飾りの作り方

レモングラスを2等分に分けて、片方を誰かに持ってもらうか、重石で固定して編んでいきます。編み方は、ラフな感じでも、きっちりと編み込んでいく感じでもお好みで。きっちりと編み込みたい方は、きつめにねじりながら編み込んでいきます。レモングラスは、葉先が鋭いので軍手をして作業すると安心です。

レモングラスを2等分に分けて、片方を誰かに持ってもらうか、重石で固定して編んでいきます。編み方は、ラフな感じでも、きっちりと編み込んでいく感じでもお好みで。きっちりと編み込みたい方は、きつめにねじりながら編み込んでいきます。レモングラスは、葉先が鋭いので軍手をして作業すると安心です。

 

 

編み込みが終わったら、作りたい形にして、ワイヤーで止めます。

編み込みが終わったら、作りたい形にして、ワイヤーで止めます。

 

 

根元側の茎を切り揃えて、土台の完成です。

根元側の茎を切り揃えて、土台の完成です。

目次に戻る≫

レモングラスの正月飾りの飾りつけ

葉、木の実、枝もの、水引などで飾りつけをしていきます。

葉、木の実、枝もの、水引などで飾りつけをしていきます。

 

今回は、水引、木の実、アカメヤナギ、野ばらの実、レモングラスがハーブなので、葉ものはユーカリとラムズイやーで飾りつけをしました。

今回は、水引、木の実、アカメヤナギ、野ばらの実、レモングラスがハーブなので、葉ものはユーカリとラムズイやーで飾りつけをしました。

 

ワイヤーで止められるものはワイヤーで、無理なものはグルーガンで止めます。

ワイヤーで止められるものはワイヤーで、無理なものはグルーガンで止めます。

 

完成です。縦でも横でも飾れる形にしてみました。

完成です。縦でも横でも飾れる形にしてみました。

 

目次に戻る≫

レモングラスのお正月飾り・まとめ

1.レモングラスの収穫時期

今回はレモングラスの収穫が12月の半ば過ぎになってしまったのですが、もう少し早めの方がレモングラスの葉の状態が良いと思います。台風が何度か来たので葉先がきれいなものが少なかったのですが、できれば葉先のきれいなものを使った方がきれいな仕上がりになります。

2.レモングラスの葉に注意!

レモングラスの葉は鋭く、手を切ってしまうことがあるので、軍手をして作業することをおすすめします。

レモングラスの葉は鋭く、手を切ってしまうことがあるので、軍手をして作業することをおすすめします。

3.乾燥していく上で注意したいこと

レモングラスを刈り込んで、すぐに編み込み作業をした場合、ドライになる過程で全体的に縮みます。留めたワイヤーが緩くなることがあるので、数日後にチェックすると安心です。

目次に戻る≫

レモングラスを育てている方は、冬越し剪定したレモングラスを使って、オリジナルのお正月飾りを作ってみませんか?

レモングラスを育てている方は、冬越し剪定したレモングラスを使って、オリジナルのお正月飾りを作ってみませんか?

目次に戻る≫

 ▼関連記事

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「レモングラスで作ろう。正月のしめ縄飾り!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ