家庭菜園特集

レモングラスの育て方|日々の手入れ、収穫、冬越し、利用方法

金子三保子

金子三保子

公開日 :

レモングラスはイネ科の多年草のハーブで、レモンの香りより少し甘い香りのするハーブです。レモングラスは、フレッシュハーブやドライハーブとして、お茶や料理の香りづけなどに利用され、見た目は地味なのですが、とってもいい香りの葉っぱです。今回はレモングラスの日々のお手入れから収穫や保存の仕方、冬越しなどの育て方をご紹介します。

目次

レモングラスの入手方法

レモングラスの植え付け

レモングラスの日々の手入れ

レモングラスの収穫

レモングラスの利用

レモングラスの冬越しと保存法

レモングラスの入手方法

レモングラスは、苗での購入が一般的です。冬場は地上部分が刈り込まれるため、苗の出回りは5月くらいからです。もしも4月ごろにレモングラスの苗を購入した際は、地面への植え付けは5月に入って霜の降りる心配がなくなってからにした方が安全です。  レモングラスは熱帯地域が原産の植物なので、寒いのはとっても苦手です。目安としては冬場の気温が5度以上ないと越冬できないので、東京でも露地でのレモングラスの冬越しはなかなか厳しいハーブのひとつです。レモングラスは本来は多年草ですが、日本だと地上部分をそのままにしていると寒さにやられてしまうため、地上部分の葉っぱを刈り込んで冬越しをする必要があります。そのため、1年草と割り切って、毎年レモングラスの苗を購入するという方も多いハーブです。

レモングラスは、苗での購入が一般的です。冬場は地上部分が刈り込まれるため、苗の出回りは5月くらいからです。もしも4月ごろにレモングラスの苗を購入した際は、地面への植え付けは5月に入って霜の降りる心配がなくなってからにした方が安全です。

レモングラスは熱帯地域が原産の植物なので、寒いのはとっても苦手です。目安としては冬場の気温が5度以上ないと越冬できないので、東京でも露地でのレモングラスの冬越しはなかなか厳しいハーブのひとつです。レモングラスは本来は多年草ですが、日本だと地上部分をそのままにしていると寒さにやられてしまうため、地上部分の葉っぱを刈り込んで冬越しをする必要があります。そのため、1年草と割り切って、毎年レモングラスの苗を購入するという方も多いハーブです。

目次に戻る≫

レモングラスの植え付け

レモングラスは、鉢植えでも地植えでも栽培可能です。草丈が1メートル近くになりますので、大きくなることを考えて、場所を選びましょう。レモングラスに最適な環境は、日当たりと風通しがよい場所で、水はけのよい土を好みます。鉢植えの場合は、ハーブ用の土で育てることができます。

レモングラスは、鉢植えでも地植えでも栽培可能です。地植えのレモングラスは、草丈が1メートル近くになるので、大きくなることを考えて植える場所を選びましょう。レモングラスに最適な環境は、日当たりと風通しがよい場所で、水はけのよい土を好みます。またレモングラスは酸性土壌を嫌うので、地植えで育てる場合は有機石灰などで酸度を調整しておく必要があります。鉢植えのレモングラスは、ハーブ用の土で育てることができます。

目次に戻る≫

レモングラスの日々の手入れ

水やり

地植えのレモングラスは、植え付け後、根付いたのが確認できれば、特に水やりは必要ありません。ただし日照り続きで土がひび割れしたりするなど、極端に雨が少ない夏の場合は、場合によっては水を与えます。

鉢植えのレモングラスは、水のあげすぎは禁物なので、土の表面を見て乾いたらたっぷりとあげましょう。

肥料

レモングラスは、植え付ける時にあらかじめ堆肥をすきこんでから植え付けます。鉢植えのレモングラスは、夏場の生長期はハーブ用の肥料を使用説明書に書いてある頻度にそって与えます。レモングラスは食用として育てている方がほとんどだと思うので、できれば有機肥料などを選ぶとよいでしょう。

地植えのレモングラスは、その土地が肥えた土だと、さほど肥料をあげなくても元気に育つこともあります。レモングラスは肥料が切れると、葉が細く色が悪くなったりして元気がなくなるので様子を見ながら追肥が必要か判断します。

目次に戻る≫

レモングラスの収穫

使用したいときに使用したい分だけカットして使います。収穫時の注意としては、レモングラスの葉の両脇はとても鋭いので手を切らないようにご注意ください!慣れてくれば、手でちぎることもできますが、最初のうちはハサミでカットすることをおすすめします。

レモングラスは使用したいときに使用したい分だけカットして使います。収穫時の注意としては、レモングラスの葉の両脇はとても鋭いので手を切らないようにご注意ください!慣れてくれば、手でちぎることもできますが、最初のうちはハサミでカットすることをおすすめします。

 

収穫した葉は、そのまま置いておくと乾燥してしまうので、フレッシュのレモングラスとして利用したい場合は、その都度、剪定した方がよいでしょう。

収穫したレモングラスは、そのまま置いておくと乾燥してしまうので、フレッシュのレモングラスとして利用したい場合は、その都度、剪定した方がよいでしょう。

レモングラスは、フレッシュのものとドライのものと香りが全然違います!どちらが好きかは、人それぞれなので、香りがどう変化するか試してみてはいかがでしょうか。

もしくは、根元から刈り取って水に生けておくと、4~5日はフレッシュレモングラスとして利用できます。何本かをまとめて刈り取って、キッチンに生けておくのもよいですね。

目次に戻る≫

レモングラスの利用

一番の利用法は、レモングラスティーとしてがおすすめです。香りもよく癖がないので飲みやすいハーブのひとつです。

作り方は、レモングラスの葉を2~3センチにカットしてティーポットに入れ、熱湯を入れて約5分くらい蒸らせば出来上がりです。  まずはレモングラス1本で一人分のお湯の量で試してみて、自分好みのレモングラスの量を見つけてみてください。レモングラスの他、ミントやレモンバームなどのブレンドも飲みやすいハーブティーの組み合わせです。  また、アールグレイティーなど紅茶にレモングラスを少量入れて作るお茶もおすすめです。

作り方は、レモングラスの葉を2~3センチにカットしてティーポットに入れ、熱湯を入れて約5分くらい蒸らせば出来上がりです。

まずはレモングラス1本で一人分のお湯の量で試してみて、自分好みのレモングラスの量を見つけてみてください。レモングラスの他、ミントやレモンバームなどのブレンドも飲みやすいハーブティーの組み合わせです。

また、アールグレイティーなど紅茶にレモングラスを少量入れて作るお茶もおすすめです。

 

レモングラスティーは、さわやかな口あたりで癖がないので飲みやすいハーブティーです。

レモングラスティーは、さわやかな口あたりで癖がないので飲みやすいハーブティーです。

目次に戻る≫

レモングラスの冬越し

レモングラスは暑い地域が原産の植物なので、寒いのはとっても苦手です。目安としては冬場の気温が5度以上ないと越冬できないので、東京でも露地での冬越しは厳しいハーブのひとつです。本来は多年草ですが、日本だと地上部分をそのままにしていると、寒さにやられてしまうため、掘りあげて鉢上げするのが一番安全なのですが、東京だと地植えの大株になっていれば、切り戻してマルチングをする方法で越冬できる場合が多いです。または、1年草と割り切って、毎年ポット苗を買うという人もいます。

レモングラスを露地で冬越しする場合は、根元で茎をカットして、苗の周りをワラや腐葉土でマルチングして管理します。鉢植えは、昼間は外で構いませんが、冬場の夜間は室内で管理すると安全です。冬場でも水やりは、頻度は落ちますが、忘れずにあげるようにします。もし越冬すれば、新しい葉が出てくるのは、東京で4月の後半から5月の上旬、ゴールデンウィークのころです。

レモングラスの冬越しのやり方

レモングラスの冬越しは、地際で刈り込みます。

レモングラスを地際で刈り込みます。

 

レモングラスの冬越し 落ち葉で防寒

 

レモングラスの冬越し・落ち葉やワラ、腐葉土などを株にかけて、防寒します。

レモングラスの冬越し・落ち葉やワラ、腐葉土などを株にかけて、防寒します。

剪定したレモングラスの株に落ち葉やワラ、腐葉土などを株にかけて、防寒します。より確実な冬越しをしたい場合は、苗を掘りあげて適温の場所で管理する方法がレモングラスのベストな冬越し方法です。

レモングラスは冬越しが成功すると4月中旬~5月ぐらいに新しい葉が株元から出てきます。ハーブの芽吹きの中では、一番時期が遅いので5月中旬くらいまでは様子を見て、新芽が出てこなかったら新しい苗を購入しましょう。レモングラスの苗の流通の出回り始めは5月くらいから始まります。

目次に戻る≫

レモングラスの保存法

レモングラスを天日干し

冬越し剪定で刈り込んだレモングラスは、天日干しでドライハーブにして、食用の乾燥材を入れれば保存可能です。大量に作るときは、ドライフラワーを作るときの要領で、レモングラスを逆さに吊り下げて、乾燥させます。完全に乾燥したら、ハサミで細かくカットして食品用の乾燥材を入れて保存します。

冬越し剪定で刈り込んだレモングラスは、天日干しでドライハーブにして、食用の乾燥材を入れれば保存可能です。大量に作るときは、ドライフラワーを作るときの要領で、レモングラスを逆さに吊り下げて、乾燥させます。完全に乾燥したら、ハサミで細かくカットして食品用の乾燥材を入れて保存します。

レモングラスはフレッシュとドライでは香りや風味がまったく変わるので、どちらが好みかためしてみてはいかがでしょうか。

冬越し剪定したレモングラスで正月飾り

冬越し剪定したレモングラスを使って正月のお飾りを作ってみました。

冬越し剪定したレモングラスを使って正月のお飾りを作ってみました。

 

レモングラスのお飾り

水引や実ものなどで飾り付けしたレモングラスのお飾り

目次に戻る≫

レモングラスの流通は、5月くらいから始まります。気になった方は探してみてください。

 

▼レモングラスの関連記事

レモングラス

  • レモングラスは、レモンの香りがするために「レモングラス」と呼ばれるハーブの一種です。タイ料理のトムヤンクンの材料にも使われることでも有名です。イネ科なので、見た目はススキに似ています。水やりは控え目に、屋外の半日蔭で育てると良いでしょう。レモングラスは熱帯地方原産なので、高温多湿を好みます。株分けで増えて大きな株になります。

関連ワード

「レモングラスの育て方|日々の手入れ、収穫、冬越し、利用方法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ