白茄子|レシピ豊富な加熱すると柔らかいナス

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

白茄子

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「白茄子」。一般的な茄子は皮が紫色でヘタが黒いですが、皮が白くてヘタが緑色の茄子が白茄子です。

白茄子 特徴 紫色の茄子との違い レシピ豊富 調理法 食べ方 育て方 栽培

白茄子

茄子はインド原産の野菜。夏の暑さによく耐え、雨にも比較的強く育てやすいため、家庭菜園でも人気があります。

白茄子の基本的な性質は普通の茄子と同じで、水分と肥料を切らさないようにすると味の良い実を長期間収穫できます。また、7月下旬から8月上旬頃に更新剪定をすると、株が若返って秋ナスの収穫を楽しめます。

 

茄子 特徴 紫色の茄子との違い レシピ豊富 調理法 食べ方 育て方 栽培 花

紫色の茄子

写真は、普通の紫色の茄子の花です。葉脈や茎が黒っぽい色をしています。

 

白茄子 特徴 紫色の茄子との違い レシピ豊富 調理法 食べ方 育て方 栽培

白茄子

白茄子の花は、紫色の茄子の花よりも薄い紫色です。

 

白茄子 特徴 紫色の茄子との違い レシピ豊富 調理法 食べ方 育て方 栽培

白茄子

白茄子の葉色は、紫色の茄子の葉よりも明るい黄緑色をしています。葉脈や茎の色もすべて同じ黄緑色です。

 

白茄子 特徴 紫色の茄子との違い レシピ豊富 調理法 食べ方 育て方 栽培

小さな畑で白茄子を育てているのですが、とにかく姿形が可愛くて実っている姿を見つけるとワクワクします。ちょっと珍しい種類の野菜を育てるのも家庭菜園ならではの楽しみですよね。

白茄子と紫色の茄子の栄養は、基本的には同じですが、白茄子は皮が白いため、紫色の皮に含まれる「ナスニン」というポリフェノールの一種である栄養素を含みません。カリウム、クロロゲン酸、食物繊維などは同じくらい含まれていて、むくみ防止や夏バテ解消、活性酸素を抑えたり、便通を良くしたりする効果があると言われています。

 

白茄子 特徴 紫色の茄子との違い レシピ豊富 調理法 食べ方 育て方 栽培

普通の茄子を使っているレシピは、白茄子でもほぼすべて作れるのですが、白茄子は少し皮が厚いので加熱した方が美味しくいただけます。熱を加えるとトロトロに柔らかくなってとっても美味しいです。先日、スーパーで買った茄子と、収穫した白茄子を一緒に炒めたら、白茄子の柔らかさに驚きました!

炒めてショウガ醤油やポン酢、甘辛味噌をかけたり、炒める時にバターやニンニクを使ったり、肉巻き、麻婆ナス、グラタン、みそ汁、スープなど、白茄子を使えるレシピはたくさんあります。少し珍しい野菜を使うと、毎日の夕飯づくりもさらに楽しくなるのでおすすめです。

 

▼茄子の育て方はこちら

ナス(茄子)

  • ナスの原産はインドです。日本には奈良時代に中国から伝わり、古くから日本人に親しまれた野菜のひとつです。ナスの形は、丸や卵、中長、長形など様々な品種が栽培されています。幅広く料理にも使えるので和洋中問わず、味を楽しむことができます。 みなさんがよくご存じの縁起の良い初夢の順番「一富士、二鷹、三茄子」ですが、江戸時代の初物のナスは1個がなんと1両。そのため庶民が正月に初物のナスを食べることは、夢のまた夢…叶わぬ夢でした。初夢にナスが登場すると縁起が良いとされるのもこのことからうかがえます。 現在のようにハウス栽培がない江戸時代で、冬に高温作物のナスを作るためには、油紙障子でハウスのようなものを作り、馬糞や麻屑(あさくず)などを踏み込んだ発酵材でエコに温度を上げるなどして、手間暇かけて栽培していたそうです。

 

▼茄子のおすすめ記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「白茄子|レシピ豊富な加熱すると柔らかいナス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス