ヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方|植物図鑑

植物名
ヒューケラ(ツボサンゴ)
学名

Heuchera

英名
coralbells
和名
壺珊瑚
科名
ユキノシタ科
属名
ヒューケラ属
原産地
メキシコ北部~アメリカ南部

ヒューケラ(ツボサンゴ)の特徴

ヒューケラは草丈20cm~50cm程度で葉が重なるように密に茂り、葉色のバリエーションが幅広く、カラーリーフプランツとして寄せ植えや花壇に用いられる近年人気の高い植物です。

ヒューケラの特徴的な葉は直径3~10cmほどで葉色は赤、シルバー、オレンジ、緑、黄緑、黄、紫、黒や斑入りのものなど変化に富みます。花は原種のツボサンゴをはじめ園芸品種も美しく、すっと立ち上がった花茎から釣鐘型の小花を群れるように咲かせます。ヒューケラは花もちもよく約1カ月咲き続けるので切り花としても楽しめます。

ヒューケラは耐陰性も強く、半日陰程度であれば問題なく開花します。カラーリーフだけでも楽しめますので、暗くなりがちなシェードガーデンに彩りと明るさを加えられます。

ヒューケラ(ツボサンゴ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20cm~50cm程度
耐寒性 やや強い
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色 ピンク
開花時期 5月~7月頃

ヒューケラは耐陰性が強く半日陰から木洩れ日が当たる程度の日陰まで、元気に育ちます。葉を横に広げてこんもりと茂るので、「色の塊」のような茂みになり、庭の景色を作るのに役立ちます。耐寒性もあるので、冬の間も庭に彩を与えてくれます。

育てやすい植物ですが、強健とまでは言えず、グレコマやヒメイワダレソウなどの繁殖力の強い植物に負けてしまいがちです。ヒューケラを植えるときは、周りの植物にも配慮してあげた方が良さそうです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング