日陰が大好き!ヒューケラの育て方や生け方、カラーリーフの魅力

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ヒューケラという植物をご存知ですか?バリエーション豊かなカラーリーフとして有名で、日陰に強いことでも有名。さらに切り花にしてもきれいな植物です。目立たないけど実は万能選手のようなヒューケラ。そんなヒューケラの魅力をご紹介します。

目次

ヒューケラの基本情報

ヒューケラは耐陰性が強く、常緑で、カラーバリエーションも豊富。暗くなりがちなシェードガーデンの救世主のような植物です。  その葉の形も独特で、角を取った柔らかな楓のような形をしています。色は、グリーン、パープル、オレンジやシルバー、黒、と非常に多様です。  春には真直ぐに伸びた茎の先にちいさなお花をふわふわと咲かせます。花期が長く、初夏まで花を咲かせて楽しませてくれます。

学名:Heuchera

科名:ユキノシタ科ツボサンゴ属

分類:常緑性多年草

ヒューケラは耐陰性が強く、常緑で、カラーバリエーションも豊富。暗くなりがちなシェードガーデンの救世主のような植物です。

その葉の形も独特で、角を取った柔らかな楓のような形をしています。色は、グリーン、パープル、オレンジやシルバー、黒、と非常に多様です。

春には真直ぐに伸びた茎の先にちいさなお花をふわふわと咲かせます。ヒューケラのお花は咲いている時期が長く、初夏まで花を咲かせて楽しませてくれます。

目次に戻る≫

ヒューケラの魅力|シェードが大好き!

耐陰性が強く半日陰から木洩れ日が当たる程度の日陰まで、元気に育ちます。葉を横に広げてこんもりと茂るので、「色の塊」のような茂みになり、庭の景色を作るのに役立ちます。  夏の間は少し葉を減らすようなこともありますが、元気がなくなったわけではありません。耐寒性もあり、冬の間も姿を消しません。  育てやすい植物ですが、強健とまでは言えず、グレコマやヒメイワダレソウなどの繁殖力の強い植物に負けてしまいがちです。植えるときは、周りの植物にも配慮してあげた方が良さそうです。

耐陰性が強く半日陰から木洩れ日が当たる程度の日陰まで、元気に育ちます。葉を横に広げてこんもりと茂るので、「色の塊」のような茂みになり、庭の景色を作るのに役立ちます。

夏の間は少し葉を減らすようなこともありますが、元気がなくなったわけではありません。耐寒性もあり、冬の間も姿を消しません。

ヒューケラは育てやすい植物ですが、強健とまでは言えず、グレコマやヒメイワダレソウなどの繁殖力の強い植物に負けてしまいがちです。植えるときは、周りの植物にも配慮してあげた方が良さそうです。

▼ヒメイワダレソウとはこんな植物

ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)

  • ヒメイワダレソウはプランターに植え付けて単独で楽しむよりも、地植えをしガーデニングする植物として親しまれています。ヒメイワダレソウは生命力が強くほとんど病害虫を寄せ付けないからです。また、地面だけでなく近くのコンクリートや壁伝いにも、変わらず成長を続けます。芝生代わりにも植えられることも多いです。芝生と違う特徴は花が咲くと言う事。白もしくはピンクの3㎜ほどの花が10前後密集し丸みを帯びた花となり咲きます。花の咲き方はアジサイによく似ているでしょう。地上に見える葉丈は10㎝程ですが、地中に潜っている根っこはその5倍、50㎝程伸び地中深くまで根付きます。

目次に戻る≫

ヒューケラの魅力|カラーリーフとして

耐陰性が強く半日陰から木洩れ日が当たる程度の日陰まで、元気に育ちます。葉を横に広げてこんもりと茂るので、「色の塊」のような茂みになり、庭の景色を作るのに役立ちます。  夏の間は少し葉を減らすようなこともありますが、元気がなくなったわけではありません。耐寒性もあり、冬の間も姿を消しません。  育てやすい植物ですが、強健とまでは言えず、グレコマやヒメイワダレソウなどの繁殖力の強い植物に負けてしまいがちです。植えるときは、周りの植物にも配慮してあげた方が良さそうです。

ヒューケラの魅力はその色の豊富さにあると言っても過言ではないでしょう。グリーンだけでも明るいグリーン、深いグリーン、シルバーに近いグリーン、トリカラーのようなグリーンなど、バリエーションが豊富です。

銅葉といわれるボルドーのようなブロンズカラーの他に、オレンジや黄色といった明るい暖色もあります。斑入り種もあります。さらにはそれぞれの色で斑入りまであるのですから、追いかけるのが大変です。

ヒューケラは、ヒューケラだけで一つの景色ができるくらい、カラーバリエーションが豊富な植物です。しかも、花ではなく葉でそこまで楽しませてくれるのです。

目次に戻る≫

ヒューケラの育て方|庭に植えるなら

ヒューケラは木陰から半日陰を好む、耐寒性のある多年草です。どちらかというと、真夏の高温多湿が苦手です。増え方は、横に広がっていくというより、あまり幅を利かせずにこんもりと茂るというイメージで成長していきます。  色のバリエーションが豊富なので色で使い分けると、とても効果的です。暗くなりがちな半日陰に黄緑色のヒューケラを合わせて景色に明るさを出すように使うのもいい使い方です。  シルバーリーフや斑入りの植物と銅葉のヒューケラを合わせても、洗練された雰囲気になります。  葉がこんもりと茂るので、平坦な景色の中に入れると、メリハリ作りに役立ちます。

ヒューケラは木陰から半日陰を好む、耐寒性のある多年草です。どちらかというと、真夏の高温多湿が苦手です。増え方は、横に広がっていくというより、あまり幅を利かせずにこんもりと茂るというイメージで生長していきます。

色のバリエーションが豊富なので色で使い分けると、とても効果的です。暗くなりがちな半日陰に黄緑色のヒューケラを合わせて景色に明るさを出すように使うのも良い使い方です。

シルバーリーフや斑入りの植物と銅葉のヒューケラを合わせても、洗練された雰囲気になります。葉がこんもりと茂るので、平坦な景色の中に入れると、メリハリ作りに役立ちます。

ヒューケラ(ツボサンゴ)

  • ヒューケラは草丈20cm~50cm程度で葉が重なるように密に茂り、葉色のバリエーションが幅広く、カラーリーフプランツとして寄せ植えや花壇に用いられる近年人気の高い植物です。

    ヒューケラの特徴的な葉は直径3~10cmほどで葉色は赤、シルバー、オレンジ、緑、黄緑、黄、紫、黒や斑入りのものなど変化に富みます。花は原種のツボサンゴをはじめ園芸品種も美しく、すっと立ち上がった花茎から釣鐘型の小花を群れるように咲かせます。ヒューケラは花もちもよく約1カ月咲き続けるので切り花としても楽しめます。

    ヒューケラは耐陰性も強く、半日陰程度であれば問題なく開花します。カラーリーフだけでも楽しめますので、暗くなりがちなシェードガーデンに彩りと明るさを加えられます。

目次に戻る≫

ヒューケラの花あしらい|切り花として楽しむなら

お庭で摘んだヒューケラを使ってお花を生けてみませんか。形も色もバリエーション豊富なヒューケラは名脇役として活躍してくれます。会社のテラスの花壇から摘んだ、ヒューケラとお花たちを使って生けてみました。

お庭で摘んだヒューケラを使ってお花を生けてみませんか。形も色もバリエーション豊富なヒューケラは名脇役として活躍してくれます。LOVEGREEN編集部オフィスのテラス花壇から摘んだヒューケラとお花たちを使って生けてみました。

ヒューケラの花あしらいの材料

・ヒューケラの葉  ・ローズマリー  ・タイム  ・オレガノ  ・ブルーベリー  ・バジル  ・モナルダ  ・ミントなど  ヒューケラをお庭から摘んでくるときは、あまり茎が長くない植物なので、可能な限り根元から長く茎を取るようにカットしましょう。

ヒューケラはあまり茎が長くない植物です。ヒューケラをお庭から摘んでくるときは、可能な限り根元から長く茎を取るようにカットしましょう。それでも茎が短めですから、調味料の空き瓶やジャムの空き瓶など、小瓶を上手に利用して生けてください。

最初にヒューケラを入れる

小瓶を並べて、ヒューケラを入れていきます。ここでバランスを取るようにしましょう。葉の大きさや、色の濃さで重さや軽さのバランスを考えます。

小瓶をランダムに並べて、ヒューケラを入れていきます。

ここでバランスを取るようにしましょう。葉の大きさや色の濃さで、重さや軽さのバランスを考えます。ヒューケラの葉が踊っているようなイメージで動きを出すように入れていくと、出来上がりが軽やかになって面白みが出ます。

すべての葉を正面に向けようとせず、斜めを向いていたり、横を向いているような葉があっても奥行と軽やかさが出ます。

実物や大きめのお花を入れる

ヒューケラの葉に合わせて、実や大きめのお花など、安定感のあるものから入れていきます。

ヒューケラの葉に合わせて、実や大きめのお花など、安定感のあるものから入れていきます。まずはどっしりと小瓶に落ち着いて収まってもらいましょう。

出来上がり

最後に軽さが出るようなツルのようなものや、軽やかなお花を入れて出来上がりです。

最後に軽さが出るようなツルのようなものや、軽やかなお花を入れて出来上がりです。最初にヒューケラの葉でバランスを取っているので、あとからお花を足していくだけでうまくまとまります。ヒューケラの葉が独特の存在感を放っているので、お花の量が少しでも絵になります。

目次に戻る≫

ヒューケラは、育てても、切花でも、魅力的な植物

ヒューケラは、文字通り多彩な色のバリエーションと個性的なフォルムの葉が魅力です。オーナメンタルプランツとしても人気で、耐陰性があり、日陰でもきれいな姿を見せてくれるところなど、お庭に一株は欲しい素敵な植物です。  お庭のヒューケラから何枚かの葉を摘んで、葉だけで生けたり、花とあわせて生けたり、楽しみ方もいろいろです。

ヒューケラは、文字通り多彩な色のバリエーションと個性的なフォルムの葉が魅力です。オーナメンタルプランツとしても人気で、耐陰性があり、日陰でもきれいな姿を見せてくれるところなど、お庭に一株は欲しい素敵な植物です。

お庭のヒューケラから何枚かの葉を摘んで、葉だけで生けたり、花とあわせて生けたり、楽しみ方もいろいろです。

目次に戻る≫

ヒューケラは、育て方や管理方法もこれと言って難しいことはなく、とても育てやすい植物です。植えても摘んでも楽しめる素敵なヒューケラ。もっともっとヒューケラの可愛さを身近に感じてください。

▼編集部のおすすめ

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「日陰が大好き!ヒューケラの育て方や生け方、カラーリーフの魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ