ミモザ特集

ユズ(柚子)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ユズ(柚子)
学名
Citrus junos
英名
Yuzu
科名
ミカン科
属名
ミカン属
原産地
中国、日本

ユズ(柚子)の特徴

柚子はミカン科の常緑小高木で、晩秋から冬にかけて鮮やかな黄色の香り高い実をつけます。柑橘系では珍しく耐寒温度が-7℃と耐寒性が高いため、風よけや幹の防寒は必要ですが東北地方まで栽培することができます。柚子の実は非常に酸味が強く生食はできませんが、吸い口や調味料、ジャムとして使われるほか、強い香りで邪を払うということから冬至の柚子湯には欠かせません。栽培も柑橘の中では容易で、自家結実性があるため1本で実をつけます。枝には鋭く長い棘がありますが、近年では棘のない品種も出回っていますので、小さいお子様などがいる家庭では棘の少ない柚子を購入されると良いでしょう。

ユズ(柚子)の詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 ~2m程度
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
花色
開花時期 5月~6月

ユズ(柚子)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

ユズ(柚子)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。

用土

水はけが良く、保水性の良い土であれば土質はあまり選びません。保水性の悪い土地に地植えをする場合は腐葉土をすき込み、株元に敷き藁を敷いたりやグランドカバーを植えて乾燥を抑えるようにしましょう。鉢植えの場合は赤玉土と腐葉土を混ぜたものを用い、そこにごろ石や軽石を入れます。

ユズ(柚子)の育て方のポイント

水やり

水を好みますので、なるべく水を切らさないように注意します。地植えの場合は特に夏場は成長期ですので夕方や早朝にたっぷりと水を与えます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたら底から水が流れるまで水を与えます。

肥料

地植えの場合は3月と10月に完熟たい肥か液肥などの即効性肥料を与えます。鉢植えの場合は結実時に肥料枯れを起こしやすいので、花後にも肥料を与えます。

病害虫

他の柑橘と異なり、病気には非常に強い耐性がありますが、黒点病黒星病が出やすいので農薬を予防的に散布すると良いです。また、アゲハチョウの幼虫が葉を食害するので、葉をよく観察して卵や幼虫を見つけたら取り除くようにしましょう。夏場はハダニやミカンサビダニが発生するので、葉水を与えたり殺虫剤をまきます。さらにカラタチの台木を狙ってカミキリムシが付きます。カミキリムシに食害されると大きな木でも枯死しますので、地際を日常的に観察し、見つけ次第捕殺しましょう。金たわしやスチールウールを株もとにまいておくと食害を防いでくれますが、錆びてくるので古くなったら交換するようにしましょう。

ユズ(柚子)の詳しい育て方

選び方

販売されている苗はほぼ接ぎ木苗です。接いだ部分にテープが巻きっぱなしになっている場合は許可をもらってはがしましょう。接いだ部分が目立たずしっかりとついているものを選ぶようにし、根との境付近や継いだ部分に傷があったり、接いだ部分に隙間が残っている場合はその部分が病気や害虫に侵される可能性があります。また、幹が太くて皮がめくれておらず、枝の節が詰まって葉が多いものは良い苗です。実付き苗の場合はあまりたくさん実がついているものは株が疲れている可能性があり、植え付けた後に急に枯れてしまう可能性があります。葉に病害虫がなくしっかりした株であれば実の少ない株を選びましょう。

種まき

柚子の種を蒔く場合は採り蒔きにします。採取した種は水でよく洗い、周りについているぬるぬるをきちんと落としましょう。この中には発芽を抑制する物質が含まれているので、残っていると発芽が遅れます。濡らしたキッチンペーパーでくるんで1~2日水を吸わせた後、鉢に小玉の赤玉土を入れ、種の2倍程度の穴を開けてまきます。土が乾かないようにしながら室内の暖かい場所におき、発芽後は日当たりの良い場所で管理します。多胚性なので複数の芽が出ますが、そのまま育てて植え替え時に分けるか、良い芽だけ摘み取っても良いでしょう。10~20cmまで成長したら1株ずつ植え替えます。

植え付け

植え付けは芽が動き出す前の3月~4月が適期です。根鉢から長く伸びすぎている根や傷んだ根は取り除き、できるだけ根鉢を崩さないように植え付けます。接ぎ木苗の場合は接いだ部分が地上に出るように調整し、根が飛び出さないように埋め戻します。植え付け後は水を十分に与えます。鉢植えの場合は根のまわりが早いので、2年に1回程度は一回り大きな鉢に植え替えるようにしましょう。その際、根鉢を半分崩し、傷んだ根を取り除いて植え替えます。

剪定・切り戻し

実をつけるためには木の形が重要になります。若い木の場合は2~3年は込み合っている枝を間引く程度にとどめ、枝を育てます。ある程度枝数が増えたら異なる方向に伸びている太い枝を2~3本を選び、横に広がるようにロープなどで誘引してあげます。柑橘類は枝が直立していると実がなりにくい性質がありますので、横に広がった形になるように心がけましょう。剪定は収穫後の3月~4月に幹まで日が当たるように枝を間引き、幹周辺の風通しを良くしましょう。実がならなかった枝は10月頃に春に伸びた元気な枝まで切り戻し剪定をします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング