ヤマボウシ(山法師)の育て方|植物図鑑

植物名
ヤマボウシ(山法師)
学名

Cornus kousa
・syn. Benthamidia japonica

英名
Dogwood
和名
山法師
科名
ミズキ科
属名
ミズキ属
原産地
日本、朝鮮半島、中国

ヤマボウシ(山法師)の特徴

ヤマボウシは6月~7月に白い花を咲かせる落葉高木です。ヤマボウシは本州から九州の山地に自生していて、樹高は5~15mほど。白い花のように見える部分は総苞(そうほう)と言って、ハナミズキの花に見える部分同様、葉が変化したものです。ヤマボウシの葉は4~12cmほどのだ円形でやや波うっています。ヤマボウシとハナミズキを見分けるポイントは葉の出るタイミング。ヤマボウシは葉が開いてから開花しますが、ハナミズキは葉が出るより前に開花します。ヤマボウシの果実は熟すと生食でき、紅葉も美しいので人気のある花木です。葉焼けせず綺麗に育てるためには、西日が当たらない適湿地に植えましょう。

ヤマボウシ(山法師)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 10~15mほど
耐寒性 普通
耐暑性 普通
花色 白,ピンク,クリーム色
開花時期 6~7月

シンボルツリーとしての楽しみ

シンボルツリーとは庭全体の雰囲気作りの中心となる樹木を言います。新築時に庭に植えたり、記念樹として植えます。

株立ちのヤマボウシは華奢な印象で、風にそよぐ葉も優しく美しいのでシンボルツリーとして人気です。新緑や梅雨時の花はもちろん、幹肌も美しいので冬場に落葉しても様になります。ヤマボウシは洋風の建物にもよく似合う樹です。

 

ヤマボウシの名前の由来

ヤマボウシ(山法師)の名前の由来は花に見える中央の球形の花序を僧侶の頭に、それより下の花びらに見える総苞片を白色の頭巾に見立てて比叡山の延暦寺の山法師になぞらえたものといわれています。中国名は「四照花」で、これは樹全体を覆うように白い花が咲いた時の四方を照らすような美しさからつけられたものです。またヤマボウシは別名をヤマグワといいますが、これは熟した実の表面が桑に似ていることからそう呼ばれています。

 

ヤマボウシの実の食べかた

ヤマボウシの実は熟せばとても甘く、そのまま生で食べることが出来ます。ただし表面がとげとげしていはるので食感が悪く気になるようなら皮をむいてください。中には気にならない程度の小さな種もはいっています。ヤマボウシ生食以外にはジャムにしたり果実酒として浸けることもできます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング