ヤマボウシの育て方|植物図鑑

植物名
ヤマボウシ
学名
Cornus kousa,Benthamidia japonica
英名
Dogwood
和名
山法師
科名
ミズキ科
属名
ミズキ属
原産地
日本、朝鮮半島、中国

ヤマボウシの特徴

ヤマボウシは6月~7月に白い花を咲かせる落葉高木です。本州から九州の山地に自生していて、樹高は5~15mほど。白い花のように見える部分は総苞(そうほう)と言って、ハナミズキの花に見える部分同様、葉が変化したものです。葉は4~12cmほどのだ円形でやや波うっています。ヤマボウシとハナミズキを見分けるポイントは葉の出るタイミング。ヤマボウシは葉が開いてから開花しますが、ハナミズキは葉が出るより前に開花します。果実は熟すと生食でき、紅葉も美しいので人気のある花木です。葉焼けせず綺麗に育てるためには、西日が当たらない適湿地に植えましょう。

ヤマボウシの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 10~15mほど
耐寒性 普通
耐暑性 普通
花色 白,ピンク,クリーム色
開花時期 6~7月

シンボルツリーとしての楽しみ

シンボルツリーとは家や建物を引き立ててくれる樹です。新築した際に選び植栽することが多いです。

新築した建物にあわせて樹があることで殺風景ではなく自然に街に溶け込むことができます。また1本の木でも季節感を感じることができます。なかでもヤマボウシは株立ちの自然樹形が美しく、手に入れやすいのでシンボルツリーによく使われます。新緑や梅雨時の花はもちろん、幹肌も美しいので冬場に落葉しても様になります。洋風の建物にもよく似合う樹です。

 

ヤマボウシの名前の由来

ヤマボウシ(山法師)の名前の由来は花に見える中央の球形の花序を僧侶の頭に、それより下の花びらに見える総苞片を白色の頭巾に見立てて比叡山の延暦寺の山法師になぞらえたものといわれています。中国名は「四照花」で、これは樹全体を覆うように白い花が咲いた時の四方を照らすような美しさからつけられたものです。また別名をヤマグワといいますが、これは熟した実の表面が桑に似ていることからそう呼ばれています。

 

ヤマボウシの実の食べかた

ヤマボウシの実は熟せばとても甘く、そのまま生で食べることが出来ます。ただし表面がとげとげしているので食感が悪く気になるようなら皮をむいてください。中には気にならない程度の小さな種もはいっています。生食以外にはジャムにしたり果実酒として浸けることもできます。

ヤマボウシの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
肥料
開花

ヤマボウシの栽培環境

日当たり・置き場所

ヤマボウシは日当たりと水はけがよく、西日が当たらない場所を選んで根鉢の1.5倍ほどの穴を掘って植え付けましょう。

用土

ヤマボウシは通気性、透水性のよい土を好みます。鉢植えのヤマボウシは赤玉土と腐葉土を混ぜたものを使用しましょう。

ヤマボウシの育て方のポイント

水やり

庭植えのヤマボウシは根付いてしまえば水やりは不要です。真夏に日照りが続くようなら朝方にたっぷりとやりましょう。鉢植えのヤマボウシは表土が乾いたらたっぷりとやります。

肥料

冬場に寒肥えとして有機肥料か化成肥料をやります。根元から離れた樹冠の下に2~3か所穴を掘って肥料をうめます。

病害虫

ヤマボウシは風通しが悪いと「うどんこ病」や「スス病」にかかりやすいので特に梅雨時は注意しましょう。 害虫被害は特に見られませんがカミキリムシの幼虫「テッポウムシ」の被害に気をつけましょう。発見しやすいように根もと部分は草を刈っておくこと、木のくずが落ちていたら中に入っているかもしれません。 うどんこ病:植物の葉などに粉をまぶしたように白くなるのがうどんこ病です。 うどんこ病は5月~6月と9月~10月に発生しやすい病気で、はじめはぽつぽつと白く粉をふいている感じに見えますが、悪化してくると葉の全面が真っ白になっていき、植物全体に蔓延すると茎や果実にも発生し、とても厄介です。早めに対策しましょう。 すす病:すす病は空気中のすす病菌がアブラムシやカイガラムシの排せつ物を栄養にして、すす状の黒いカビが葉を覆います。ひどくなると葉の光合成を邪魔してしまうため、観賞価値を下げるとともに生育不良にもつながります。日当たりや通気性が悪い場合、湿度が高くなると発生しやすくなります。 テッポウムシ:種類の多い甲虫ですが、背中の斑紋がきれいなゴマダラカミキリなどが有名です。おもに茎や幹部分から中に入り、産卵します。中で孵化した幼虫は内側から茎や幹を食害します。被害が大きいとそこより先端の枝部分は壊死してしまいます。また、入り込んだ穴の付近にはフンと木屑がたくさん落ちているため、見つけたら幹の中も棒などでつついて幼虫を追い出します。テッポウムシは幼虫が成虫になって木から外へ飛び出すときに鉄砲を打ち込まれたような丸い穴が空くことから名前がつきました。

ヤマボウシの詳しい育て方

選び方

ヤマボウシの苗木は背丈と幹の太さのバランスがとれているもの、節間がつまっていて間延びしていないものを選びましょう。人気がある樹種で流通量も多いので苗木選びが重要です。好みの品種を選ぶのに加えてしっかりと育苗された苗木を選びましょう。

種まき

秋に熟した実から種を取り出し春まで保管しておきます。3月頃に清潔な種まき用土にまいて、発芽までは乾かさないように管理します。

植え付け

ヤマボウシは12月~3月の休眠期に行います。 日当たりと水はけがよく西日が当たらない場所を選んで根鉢の1.5倍ほどの穴を掘って植え付けます。生長はゆっくりなヤマボウシですが、最終的には10~15mになる高木なので、地植えにする場合は数年後の枝の広がりを考えて植え場所を選びましょう。

剪定・切り戻し

ヤマボウシは、自然に樹形が整いますので剪定はほとんどいりません。不要な枝を切りたい場合は休眠期の冬場に間引くように剪定し切り詰めすぎないように注意しましょう。それ以外の時期であれば、花後に込んだ部分の枝を抜く程度の軽い剪定も可能です。

植え替え・鉢替え

ヤマボウシの植え付けは、地植え、鉢植えとも12月~3月が植え付け適時です。鉢植えのヤマボウシは、数年に1回植え替えをしましょう。

ヤマボウシは6月から7月に開花します。ヤマボウシに花がとても似ているハナミズキとの一番大きな違いは開花時期です。(ハナミズキは4月~5月が開花時期)白い花のように見える部分は総苞(そうほう)と言って、ハナミズキの花に見える部分同様、葉が変化したものです。葉は4~12cmほどのだ円形でやや波うっています。もうひとつのヤマボウシとハナミズキを見分けるポイントは葉の出るタイミング。ヤマボウシは葉が開いてから開花しますが、ハナミズキは葉が出るより前に開花します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング