キャベツの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
キャベツ
学名

Brassica oleracea

英名
Cabbage
科名
アブラナ科
属名
アブラナ属
原産地
ヨーロッパ 地中海沿岸地方

キャベツの特徴

大きく開いた葉の中に、結球したキャベツが大きく実ります。

キャベツの花は、アブラナ科特有の花びらで、十字についた黄色い菜の花を咲かせます。

春キャベツは、柔らかくあまり巻きが強くなく、みずみずしいのが特徴です。

夏、秋キャベツは比較的柔らかく甘いですが、形は春キャベツよりもしっかりと結球しています。

冬キャベツは固く、葉の断面もまっすぐです。

一般に、 春キャベツは3月~5月、夏秋キャベツは 7月~8月、冬キャベツは1月~3月に出回っているもののことを指します。

キャベツを選ぶときは、外葉が濃い緑色でつやつやしているもので、芯が新鮮で、ずっしりとしているものが良いでしょう。

キャベツの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 40~50cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色

とんかつの付け合わせとして定番のキャベツの千切りですが、海外ではキャベツを生で食べることはあまりないようです。というのも、海外のキャベツは葉が硬いため、火を通した調理方法の方が美味しく食べるために適しているからです。

キャベツが日本に伝わったのは江戸時代、オランダ人が長崎に持ち込んだのが初めてといわれています。その際に持ち込んだキャベツは、現在のような結球するキャベツではなく、非結球のケールだったと言われています。

しかも、食用としてではなく、観賞用として栽培され、品種改良されていました。それが葉牡丹です。今でもお正月に飾られ、日本人に親しみのある植物の一つです。

日本では、赤ちゃんはコウノトリが運んでくるといわれていますが、西洋では赤ちゃんはキャベツ畑から生まれるといわれています。

これは昔スコットランドで、若者たちが目かくしをして、キャベツを引き抜き、そのキャベツの根に土がついているかどうかで、恋占いをしていたことから、赤ちゃんはキャベツから生まれるという言い伝えができたそうです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング