ホトトギス|秋の風情を感じる多年草

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

ホトトギス

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「ホトトギス」。ユリ科の耐寒性多年草で、白い花びらに紫色の斑点が入る可憐な花を咲かせます。

ホトトギス 秋の花 育て方 特徴 半日陰 シェードガーデン 多年草

ホトトギスは、適度な日差しと湿り気がある半日陰を好み、乾燥や強い日差しは苦手です。

品種によっては7月頃から咲き始め、9月~10月頃が見ごろです。日本にもたくさんの種類が自生し、古くから人々に親しまれ、秋の茶花としても使われています。

 

ホトトギス 秋の花 育て方 特徴 半日陰 シェードガーデン 多年草

ホトトギスの代表種は、花びらの紫色の斑点が特徴的ですが、そのまだら模様が野鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることからその名前がついたそうです。でも、品種によって花色は異なり、白、紫、ピンク、黄色などがあり、斑点が入らないタイプもあります。

 

ホトトギス 秋の花 育て方 特徴 半日陰 シェードガーデン 多年草

葉のわきに直径2~3㎝くらいの花を1~3輪咲かせます。よく見ると、雌しべが長く伸び、花柱がヘリコプターのプロペラのように広がった形をしています。

 

ホトトギス 秋の花 育て方 特徴 半日陰 シェードガーデン 多年草

ホトトギスは花だけでなく葉もみずみずしく、木漏れ日のさすシェードガーデンのような場所で美しく育ちます。特に、真夏はカンカン照りになってしまうような場所に置いてしまうと葉焼けをおこして状態が悪くなります。植える場所選びが、ホトトギスを上手に育てるうえでの一番大切なポイントと言えると思います。

 

ホトトギス 秋の花 育て方 特徴 半日陰 シェードガーデン 多年草

寒くなると、地上部は枯れた状態で越冬します。根が生きていて春になるとまた芽吹くので、冬に枯れた茎は短く切って乾かし気味に水やりを続けましょう。

 

ホトトギス 秋の花 育て方 特徴 半日陰 シェードガーデン 多年草

ホトトギスのように日本に自生している多年草は、環境が合うとそれほど手をかけなくても毎年花を咲かせてくれます。冬に地上部が無くなっていても、春には芽を出したり、イキイキと生長して美しい花が咲いている姿を見つけたときは、本当に幸せな気持ちになります。

一年草と比べると、ぱっとした華やかさはありませんが、楚々とした趣のある美しさは多年草の最大の魅力です。秋はホトトギスのようなしっとりとした和風の多年草をゆっくり眺めて楽しむのもいいですね。

 

▼ホトトギスについての記事はこちら

ホトトギス

  • ホトトギスの大きな特徴としてまず挙げるのは、花弁に浮かぶ紫色のまだら模様です。この模様が鳥の杜鵑(ほととぎす)の胸の模様と似ていることから、この名が付けられました。また一部の品種では、若葉に油を垂らしたような模様が現れることから「油点草」という別名を持っています。 加えてホトトギスは、めしべが非常に目立っている花だと言えます。その理由はめしべが長く伸びており、花柱がヘリコプターのプロペラのように広がった形状をしているためです。主な花弁の色は、白地に紫色のまだら模様と黄色であり、珍しい色として白色があります。 現在ホトトギスとして流通しているものの多くはホトトギスとタイワンホトトギスの交雑種だと言われています。

 

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ホトトギス|秋の風情を感じる多年草」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス