観葉植物の水やりのポイントとは?

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

観葉植物の水やりって意外と分かるようで分からないですよね。

普通に水やりするの?葉水って?水やりの疑問とこれおさえておけば大丈夫という水やりのコツをご紹介します♪

 

目次

土への水やりと葉への水やり

土への水やりの方法

葉水のやり方

 

土への水やりと葉への水やり

観葉植物の水やりは、主に2つあり、他の植物と同じように、土に水をやる方法と、葉に水をやる葉水(はみず)があります。このふたつの水やりをうまく組み合わせて植物に合った水やりをしていきます。

観葉植物の水やりは、主に2つあり、他の植物と同じように、土に水をやる方法と、葉に水をやる葉水(はみず)があります。このふたつの水やりをうまく組み合わせて植物に合った水やりをしていきます。

目次に戻る≫

 

土への水やりの方法

観葉植物の土への水やりで大事なことは、「土が乾いてから、水が下から出てくるまで水をやる」です。よく初心者にある観葉植物の水やりの失敗は、水やりの頻度が多すぎて根腐れしてしまうことだそうです。

観葉植物は鉢花とは違い、毎日水やりをする必要はありません。逆に土が乾かないうちに毎日毎日水やりをしてしまうと、土が湿ったままで、根が空気を取り込めずに腐っていきます。

水やりの後に受け皿に溜まった水は、その都度捨てるように心がけましょう。溜まったまま残しておくと、これも根腐れの原因になります。

また、コバエが発生する原因にもなるので、常に清潔にするように心がけましょう。鉢が重くて持ち上げられない場合は雑巾などできれいに拭いて下さい。

目次に戻る≫

 

葉水のやり方

案外よくわからないと思われているのが、観葉植物の葉に水をやる葉水です。これは、土にやる水やりと違い毎日やっても大丈夫です。  葉水のやり方はとっても簡単で、霧吹きに水を入れ、葉にシュッと吹きかけるだけです。植物は根だけでなく葉からも水を吸収します。葉水をすることで、乾燥を防ぐだけでなく、葉につやが出て、病害虫などの予防にもなります。  葉水を毎日していても、普通の水やりとは効果や意味が違うので、土が乾いたらしっかり土にも水やりすることを忘れないでください。  冬場など空気が乾燥する季節の葉水はとても効果的で、熱帯系の高温多湿を好む品種は葉水をして周囲の湿度を上げることで葉の調子が上がります。

案外よくわからないと思われているのが、観葉植物の葉に水をやる葉水です。これは、土にやる水やりと違い毎日やっても大丈夫です。

葉水のやり方はとっても簡単で、霧吹きに水を入れ、葉にシュッと吹きかけるだけです。植物は根だけでなく葉からも水を吸収します。葉水をすることで、乾燥を防ぐだけでなく、葉につやが出て、病害虫などの予防にもなります。

葉水を毎日していても、普通の水やりとは効果や意味が違うので、土が乾いたらしっかり土にも水やりすることを忘れないでください。

冬場など空気が乾燥する季節の葉水はとても効果的で、熱帯系の高温多湿を好む品種は葉水をして周囲の湿度を上げることで葉の調子が上がります。

目次に戻る≫

 

いかがでしたでしょうか。観葉植物を枯らしてしまうという方は、まずは水やりから見直してみて下さい。

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「観葉植物の水やりのポイントとは?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ