夏に葉を落とすアエオニウムの育て方と増やし方、種類

大曽根百代

大曽根百代

このライターの記事一覧

公開日 :

鮮やかな葉の色が魅力のアエオニウム。種類はたくさんありますが、色がきれいだし、形もきれいだし、難しそう!とお思いのかたも多いのではないでしょうか。しかし、そんなことはありません。アエオニウムの育て方をご紹介します!

目次

アエオニウムの育て方

アエオニウムが夏に葉を落とすのはなぜ?

アエオニウムの増やし方と時期

こんなにあった、アエオニウムの種類

 

アエオニウムの育て方

アエオニウムとはベンケイソウ科、アエオニウム属と呼ばれる『属名』のことを指します。黒法師やサンバーストがその仲間になります。まるでおおきなお花のような姿が特徴のアエオニウム。姿や大きさは種類によって様々です。

置き場所

日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。アエオニウムの特徴である艶のある色は日当たりが大事となります。日陰ですとヒョロヒョロと伸びてかっこ悪い姿に。お日様がたくさん当たるところに置きましょう。

黒法師は特にたくさん日に当てると、黒光りした美しい葉になります。斑入りの品種は真夏は半日陰で管理を。

 

冬はアエオニウムの品種によりますが、0℃以下になると傷む可能性がありますので玄関に取り込むなどしましょう。

水やり

春と秋は成長期!たっぷりと与えます。

鉢の穴からお水が出るくらいあげましょう。目安は1週間に1度!

 

夏は休眠期

高温多湿が苦手なアエオニウム。夏は休眠しますので水やりを控えます。その時期に沢山与えると根腐れの原因に。

与える量は、サーっと土の表面を濡らす程度に。早朝か夕方に行いましょう。目安は1週間か2週間に1度。梅雨時期は断水します。

この時期は水やりよりも風通しが重要です。

冬は霜に注意!

2~3週間に1度晴れた日にたっぷり与えましょう。なるべく気温の高い時間帯が好ましいでしょう。夜に与えると冷えて凍結してしまう可能性があるので昼前などに与えます。

目次に戻る≫

アエオニウムが夏場に葉を落とすのはなぜ?

夏場は休眠しますので、葉はぎゅっと縮こまり下葉をボロボロ落とします。ですが枯れているわけでないので安心してください。なるべくエネルギーを使わないように工夫をしているのです。枯れていると思って、沢山お水を与えると本当に枯れてしまいますので、気をつけましょう。風通しの良いところに置き、お水は控えめに!

目次に戻る≫

アエオニウムの増やし方と時期

アエオニウムは挿し芽で増やします。先端から10㎝程の長さの所でカット。すぐに土に挿さずそのまま2~3日切り口を乾かします。それから乾いた土に挿しましょう。

もしくは1,2週間ほどすると根が出てきますので、それから挿しても構いません。

土に挿して1週間ほど経ちましたら、お水をあげましょう。

時期は?

挿し芽に適した時期は春か秋。特に秋ごろをお勧めします。アエオニウムは夏休眠してしまうので、根付く前に夏が来たら夏越しが難しいかもしれません。

目次に戻る≫

こんなにあった、アエオニウムの種類

黒法師

アエオニウムの代表とも言えます。関東では地植えにしている方もいます。アエオニウムの中では丈夫で育てやすいです。

 

まだら黒法師

黒くない法師

 

サンバースト

大きな鉢に植えると大きくなります。

 

夕映え

一見サンバーストに似ていますが、斑の入り方が異なりサンバーストよりも小ぶりです。


小人の祭り

セダムのような小さな葉っぱが可愛らしい品種です。葉っぱは独特な臭いがするので是非嗅いでみてください!

 

艶日傘(つやびがさ) 

白い斑がとてもきれいな品種です。葉焼けに注意。

 

藍染錦(藍染錦)

緑と白のコントラストがとても鮮やかできれいなアエオニウム。株も小ぶりなので可愛らしい。

 

紹介した以外にもっとたくさんの種類がありますので、アエオニウムだけコレクションしてみるのも楽しいですよ!

目次に戻る≫

ちなみにアエオニウムはこんなお花が咲きます

「小人の祭り」のお花。ひまわりのような黄色いかわいいお花が咲きます!開花時期は春です。

 

いかがでしたか?魅力的なのは黒法師だけではありません。綺麗な色の品種は他にもあります。夏越しが少々難しそうに思いますが、風通しを良くして、多湿にならないように心がけましょう! 

アエオニウム

  • アエオニウムは、冬生育型の多肉植物です。北アフリカなど穏やかな気候の地域に、約40種類が分布し、園芸品種も多く存在します。多くは茎の先に葉が放射状に展開し、幹立ちし整形します。

    種類によっては茎が伸びない品種、小ぶりなものから大型になる品種があります。葉の色も様々で、黒いものから斑入りの品種、赤く色づくものもあり、同じ属の中で色形大きさの様々ある多肉植物です。

    冬に育ちますが寒さにやや弱く、また高温多湿にも弱いです。反面、みずみずしい多肉の葉を持っているので、乾燥には強く水遣りを多く必要としません。品種によっては寄せ植えのメイン、またはアクセントとして活躍します。

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「夏に葉を落とすアエオニウムの育て方と増やし方、種類」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大曽根百代
大曽根百代

千葉大学園芸学部を卒業後、園芸店に勤め、販売だけなく植物をきちんと理解したいと思い、千葉大の苗生産部にて植物の生産業(花苗)に従事。その後、多肉植物の生産を経験。現在は多肉植物の販売サポートやバラの管理業務をしています。多肉だけでなく植物全般好きで、宿根草なども育てています。最近はマイクロ胡蝶蘭とバンダにも挑戦中。より植物の魅力を感じ、皆様にもその魅力と生産者情報を記事としてこれからも発信していきます。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

球根 水仙 レプレット 3球入り

販売価格:484円(税込)

球根 チューリップ マンゴーチャーム 5球入り

販売価格:726円(税込)

球根 チューリップ 原種系 ライラックワンダー 5球入り

販売価格:666円(税込)

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ