クロホウシ(黒法師)の育て方|植物図鑑

植物名
クロホウシ(黒法師)
学名
Aeonium arboreum 'Atropurpurreum'
英名
Purple crest aeonium
和名
黒法師
科名
ベンケイソウ科
属名
アエオニウム属
原産地
地中海沿岸

クロホウシ(黒法師)の特徴

冬型の多肉の代表ともいえる黒法師。アエオニウムの中で最もポピュラーな品種です。茎の上部にロゼット状の葉っぱを付け、まるでお花が咲いているような株立ち姿。上に伸びて成長していきます。

光沢のある黒紫の葉は特徴的で、人気の多肉植物です。冬に生長し夏は休眠します。

クロホウシ(黒法師)の詳細情報

園芸分類 多肉植物、アエオニウム
草丈・樹高 10~80㎝
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い
花色 黄色
開花時期 2~6月

クロホウシ(黒法師)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
増やし方
剪定
肥料
開花

クロホウシ(黒法師)の栽培環境

日当たり・置き場所

春・秋・冬はたくさん日光に当て、風通しの良い場所に置きましょう。特徴である葉の黒さを美しく出すには、太陽の光が必須です。夏は涼しい半日陰でお休みさせましょう。

温度

適した温度は15~20℃です。5℃以下と25℃以上になると生育が鈍くなります。

用土

水はけのよい土で育てましょう。サボテン・多肉植物専門店での取り扱いの専用土や市販の多肉植物の土でも可能です。

クロホウシ(黒法師)の育て方のポイント

水やり

【春・秋・冬】・・・土が乾いたら鉢底穴から流れるくらいジョウロでたっぷりと与えましょう。冬の水やりは暖かい日が理想です。低温時にあげることで根が傷んだり、根腐れの原因になります。冷たい水を使わずに15℃くらいのぬるめの水を与えるほうが水の冷たさで根が傷つくことを防げます。

【夏】・・・水はほぼ断水します。 月に数回、葉水は与えてもよいですが、半日くらいで乾く程度にしましょう。梅雨時期~8月中はそのようにするといいでしょう。

肥料

生長期に薄めた液体肥料を与えてもいいでしょう。また、植え替え時に緩効性化成肥料を少量与えてもよいです。休眠期の冬は施しません。

病害虫

ワタムシが付きやすいです。常に株を観察し、発見したら爪楊枝などで取ってしまいましょう。葉の付け根に隠れていますので注意しましょう。

クロホウシ(黒法師)の詳しい育て方

選び方

茎や葉に虫がついていないか確認しましょう。葉にハリがなくだらんとしたものより、形に歪みや変色がなく、鉢と株のバランスが取れているものが良いです。グラグラとしたものよりしっかりと根がはり、ずっしりとしていて、色艶が良いものがよいでしょう。ただし、好みで選ぶ方も多い品種ですので、ご自身で良いと思った個体を選ぶと良いでしょう。
同じアエオニウムで「カシミヤバイオレット」という品種もありますが、こちらは黒法師のタイプ違いになります。色味がカシミヤバイオレットのほうが茶色っぽく艶が控えめのマットな感じの見た目です。

植え替え・鉢替え

【根詰まりしている場合】 古い根はカットし整理してから植え付けた方がよいです。その際、太い根はカットしないように気をつけましょう。万が一、切ってしまった場合はしっかりと乾かしてから植え付けます。
カットする時、ハサミは消毒してから使用し、使用後も消毒をしてから片づけましょう。
梅雨時期、真夏の植え替えは根が傷む原因になりますので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。植え替えてから1週間後くらいに水やりします。

夏越し

夏は休眠期なので、下葉が落ちますが枯れているわけではないので安心してください。水やりを控えめにし、なるべく涼しい半日陰の所で管理をし、風通しも確保できると尚良いです。

冬越し

5℃以下になる場合は室内に取り込むなどした方がいいでしょう。霜にあてないようにしましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

挿し木で増やすことができます。カットした切り口を3、4日乾かします。切り口が乾いたら、新しい清潔な土に差します。お水はすぐに与えずに1週間後くらいにたっぷりと与えます。風通しのよい場所で管理しましょう。カットした親株は脇芽がふくのを待ちます。カットしたことにより分頭し、味のある姿を楽しむこともできます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング