アエオニウムの育て方|植物図鑑

植物名
アエオニウム
学名

Aeonium

英名
Aeonium
科名
ベンケイソウ科
属名
アエオニウム属
原産地
マカロネシア、東アフリカやアラビア半島の一部、カナリア諸島

アエオニウムの特徴

アエオニウムは、冬生育型の多肉植物です。北アフリカなど穏やかな気候の地域に、約40種類が分布し、園芸品種も多く存在します。多くは茎の先に葉が放射状に展開し、幹立ちし整形します。

種類によっては茎が伸びない品種、小ぶりなものから大型になる品種があります。葉の色も様々で、黒いものから斑入りの品種、赤く色づくものもあり、同じ属の中で色形大きさの様々ある多肉植物です。

冬に育ちますが寒さにやや弱く、また高温多湿にも弱いです。反面、みずみずしい多肉の葉を持っているので、乾燥には強く水遣りを多く必要としません。品種によっては寄せ植えのメイン、またはアクセントとして活躍します。

アエオニウムの詳細情報

園芸分類 多肉植物、アエオニウム
草丈・樹高 10~50cm(品種による)
耐寒性 弱い~やや強い
耐暑性 やや弱い
花色 黄色
開花時期 2月~6月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング