ヴィーガン料理レシピ|パクチーと人参のサラダ

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

パクチーと人参の組み合わせと聞くと、エスニックな料理をイメージされるのではないでしょうか?このサラダは違います。スパイスの香り豊かな、ちょっと地中海の香りが漂うサラダです。しかも動物性食品、科学調味料、一切不使用!

びっくりするくらい簡単でおいしいパクチーと人参のサラダ、ぜひ作ってみてください!

目次

パクチーと人参のサラダ|材料(2人分)

ニンジンとパクチーのサラダの材料です。  ・ニンジン 2本    ・aパクチー 食べたいだけ(目安として1本)  ・aすりおろしにんにく 小さじ2  ・aレモン汁 大さじ2  ・aクミンパウダー 小さじ2  ・aパプリカパウダー 小さじ1  ・aナツメグ 小さじ1  ・aカイエンヌペッパー 少々  ・a塩 少々  ・aオリーブオイル 大さじ3

パクチーと人参のサラダの材料です。

  • 人参 2本

<ソース>

  • パクチー 食べたいだけ(目安として1株) みじん切り
  • すりおろしにんにく 小さじ2
  • レモン汁 大さじ2
  • クミンパウダー 小さじ2
  • パプリカパウダー 小さじ1
  • ナツメグ 小さじ1
  • カイエンヌペッパー 少々
  • 塩 少々
  • オリーブオイル 大さじ3

目次に戻る≫

パクチーと人参のサラダ|作り方

ニンジンとパクチーのサラダを作りましょう。簡単すぎてびっくりします。  1.ニンジンを長さ3㎝×1㎝角くらいにカットします。  2.aの材料を混ぜ合わせておきます。  3.たっぷりのお湯で.ニンジンを茹でます。  4.ザルに上げたニンジンを温かいうちにソースと和えます。最後に味見をして塩をお好みの加減に調整します。

パクチーと人参のサラダを作りましょう。簡単すぎてびっくりします。

  1. ニンジンを長さ3㎝×1㎝角くらいにカットします。
  2. ソースの材料を混ぜ合わせておきます。
  3. たっぷりのお湯で人参を茹でます。
  4. ザルに上げた人参を温かいうちにソースと和えます。最後に味見をして塩をお好みの加減に調整します。

目次に戻る≫

パクチーと人参のサラダ|出来上がり

お皿にきれいに盛り付けたら出来上がりです。ボウルに残ったソースも残らずすくってかけてください。お酒が進むサラダです。  食べ方のおすすめは、冷やさないことです。自然に冷まして、常温で召し上がってください。ニンジンとパクチーとスパイスの混じりあった複雑な香りが楽しめます。

お皿にきれいに盛り付けたら出来上がりです。ボウルに残ったソースも残らずすくってかけてください。お酒が進むサラダです。

食べ方のおすすめは、冷やさないことです。自然に冷まして、常温で召し上がってください。パクチーとスパイスの混じりあった複雑な香りが楽しめます。

目次に戻る≫

パクチーと人参のサラダ|作り方のポイント

ニンジンとパクチーのサラダを作るに当たってのコツというかポイントをお伝えします。  ニンジンの茹で方のポイント にんじんは柔らかくなるまで茹でると甘味も味も濃くなります。しっかりとした味のサラダになります。香りと歯ごたえを楽しむなら固めに茹でてください。もっと軽い感じのサラダになります。  スパイス使いのポイント クミンパウダーとナツメグの分量を少し変えるだけで味が変わります。お好みの調合を見つけてください。  レモン汁は「ちょっと入れすぎたかな」と思うくらいでも大丈夫です。ニンジンが覚めていくうちに酸味も落ち着きます。間違いなく入れ過ぎたときは、お塩を増やしてみると酸味と塩見のバランスが取れます。

パクチーと人参のサラダを作るに当たってのコツというかポイントをお伝えします。

人参の茹で方のポイント

人参は柔らかくなるまで茹でると甘味も味も濃くなり、しっかりとした味のサラダになります。香りと歯ごたえを楽しむなら固めに茹でてください。もっと軽い感じのサラダになります。

スパイス使いのポイント

クミンパウダーとナツメグの分量を少し変えるだけで味が変わります。お好みの調合を見つけてください。

レモン汁は「ちょっと入れすぎたかな」と思うくらいでも大丈夫です。人参が覚めていくうちに酸味も落ち着きます。間違いなく入れ過ぎたときは、お塩を増やしてみると酸味と塩見のバランスが取れます。

目次に戻る≫

使った野菜やハーブの紹介

今回の料理に使った野菜やハーブのご紹介です。パクチーは苗でも出回っていますね。自宅で育てたものを摘んで使ったら、さらに香りのいいサラダを楽しめますよ。  パクチー(コリアンダー) 今回のサラダの裏の主役とも言える存在です。このサラダはパクチー無しでは成り立たないサラダです。

今回の料理に使った野菜やハーブのご紹介です。パクチーは苗でも出回っていますね。自宅で育てたものを摘んで使ったら、さらに香りのいいサラダを楽しめますよ。

パクチー(コリアンダー)

今回のサラダの裏の主役とも言える存在です。このサラダはパクチー無しでは成り立たないサラダです。

パクチー(コリアンダー)

  • パクチーは、世界的には非常に歴史が古く、そのころからパクチーの薬用効能があると言われていたそうです。春か秋に種まきをして、葉が育ってきたら収穫します。夏の日差しを浴びすぎると、花が咲き、葉が硬くなるので、寒冷地以外では秋まきの方が向いています。土をあまり乾燥させすぎないように気をつけます。ちなみに、「パクチー」はタイ語での呼び名です。英名だと「コリアンダー」です。

 

人参

今回のサラダの表向き主役です。火を通したサラダにすると量を食べられるのでおすすめです。

ニンジン(人参・にんじん)

  • 人参(にんじん)はパセリやセロリの仲間で、セリ科の1年草です。三寸人参、五寸人参、春まき人参などの種類により、収穫するまでの栽培日数も違ってきます。

    人参(にんじん)は直根性のため移植には不向きです。直に、プランターや畑に種をまいて育てます。種をまいた後、主根を地中深く伸ばしながら、側根が生長します。主根の生長が終わると、根の上の方から少しずつ太りだし、大きくなっていきます。その証拠に、人参(にんじん)を輪切りにしてみると、断面図が木の年輪のようになっています。

    人参(にんじん)は根を肥大させた部分を食べますが、人参(にんじん)の細く繊細な葉にもとても栄養があり、葉が小さくて柔らかいうちはサラダにしたり、大きい葉になり少し硬くなると天ぷらなどにして食べることができます。

    人参(にんじん)の色はオレンジ色が一般的ですが、金時ニンジンのように赤い色、黄色や紫、白い人参(にんじん)まで様々な色があります。

 

ニンニク

独特の香りをもつハーブです。生で食べると辛みがあり、加熱すると甘味が強くなります。何かと常備しておくと便利な野菜です。

ニンニク(にんにく・大蒜)

  • ニンニクはネギ属の仲間で、ガーリックの名でも親しまれています。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料として料理に欠かせない存在です。

    若い葉を収穫した葉ニンニクや若い花茎を食用にする茎ニンニク(ニンニクの芽)があります。

    玉ねぎなどと共に、古代エジプトでは、ピラミッドをつくった作業員たちに強壮剤として支給されていたのがニンニクだったそうです。彼らが粗末な食生活にもかかわらず、重労働に耐えられたのはニンニクの効用のおかげだったのでしょうか。

    ネギ科の仲間である玉ねぎ同様、ニンニクの原産地自体が定かではなく、野生のニンニク種というものが見つかっていません。

目次に戻る≫

材料も作り方も、いたってシンプルなパクチーと人参のサラダ。見た目もきれいなので、おもてなし料理にも最適です。是非お試しください。

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ヴィーガン料理レシピ|パクチーと人参のサラダ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ