ヴィーガン レシピ|れんこんハンバーグの作り方 アガーのポン酢ジュレ

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

植物が好きで好きで、体の中から植物でいっぱいにしたいという思いから作り始めたヴィーガン料理。私が自宅で作っているヴィーガンメニューのなかから「れんこんとお豆腐のハンバーグ」の作り方をご紹介します。使用した材料はすべて動物性食品、うまみ調味料(科学調味料)は使用していません。100%植物性のれんこんハンバーグです。安心してお腹いっぱい召し上がってください。

目次

れんこんハンバーグとアガーのポン酢ジュレの材料

れんこんハンバーグ ・れんこん 300gくらい (1/3みじん切り,2/3すり下ろす)  ・a玉ねぎ½ ・a木綿とうふ 1/2丁(水切りして崩す) ・aマッシュルーム 3個くらい(他のキノコでも代用可) ・aシメジ 1/4パックくらい ・aおろしにんにく 小さじ1 ・aおろししょうが 小さじ½ ・a醤油 大さじ1  ・片栗粉 少々(様子を見ながら) ・パン粉 少々(様子を見ながら) ・ナツメグ 少々 ・オールスパイス 少々 ・クミン 少々 ・オレガノ 少々  アガーのポン酢ジュレ ・パールアガー 大さじ2 ・三温糖(キビ糖でも) 大さじ1 ・醤油 大さじ4~5  ・レモン汁(カボスやユズなどお好みで) 大さじ3 ・水300㏄

れんこんハンバーグ

  • れんこん 300gくらい(1/3みじん切り,2/3すり下ろす)
  • 片栗粉 少々(様子を見ながら)
  • パン粉 少々(様子を見ながら)
  • ナツメグ 少々
  • オールスパイス 少々
  • クミン 少々
  • オレガノ 少々
  • a玉ねぎ½
  • a木綿とうふ 1/2丁(水切りして崩す
  • aマッシュルーム 3個くらい(他のキノコでも代用可)
  • aシメジ 1/4パックくらい
  • aおろしにんにく 小さじ1
  • aおろししょうが 小さじ½
  • a醤油 大さじ1

アガーのポン酢ジュレ

  • パールアガー 大さじ2
  • 三温糖(キビ糖でも) 大さじ1
  • 醤油 大さじ4~5 
  • レモン汁(カボスやユズなどお好みで) 大さじ3
  • 水300㏄

目次に戻る≫

やっておくと便利な下準備

先に済ませておくと効率のいい下準備をしてしまいましょう。  れんこんハンバーグの下準備 れんこんは1/3みじん切り、2/3すりおろし、すりおろした分はザルにあげて水気を切っておきます。 木綿とうふは水切りしておきます。(キッチンペーパーで包み重しをして1時間程度置くか、キッチンペーパーに包んでレンジで500wで1分30秒くらい加熱すると水が切れます) マッシュルーム、玉ねぎ、その他キノコは細かくみじん切りにしておきます。

先に済ませておくと効率のいい下準備をしてしまいましょう。

れんこんハンバーグの下準備

  • れんこんを切る
    れんこんは皮をむいて1/3みじん切り、2/3すりおろし、すりおろした分はザルにあげて水気を切っておきます。
  • 木綿とうふは水切りする
    (キッチンペーパーで包み重しをして1時間程度置くか、キッチンペーパーに包んでレンジで500wで1分30秒くらい加熱すると水が切れます)
  • 野菜を切る
    マッシュルーム、玉ねぎ、その他キノコは細かくみじん切りにしておきます。

アガーのポン酢ジュレの下準備

  • アガーと三温糖をよく混ぜておく
    アガーは糖分と混ざることでだまにならず溶けやすくなります。先によく混ぜておいておください。

目次に戻る≫

アガーのポン酢ジュレから作りましょう

固まるのに時間がかかるジュレから作りましょう。 小鍋に混ぜ合わせた三温糖とアガー、その他の材料をすべて入れてよく混ぜます。よく混ぜてから火にかけ、弱火で温めながら溶かしていきます。沸騰するまで温めたら火から下し、ボウルなどに入れて冷まします。アガーは常温で固まるので、そのまま1時間くらい置いておきます。

固まるのに時間がかかるジュレから作りましょう。

  1. 材料を混ぜる
    小鍋に混ぜ合わせた三温糖とアガー、その他のポン酢ジュレの材料をすべて入れてよく混ぜます。ダマになるのを防ぐために、火にかけるまえによく混ぜておきます。
  2. アガーを溶かす
    小鍋を火にかけ、弱火で温めながら溶かしていきます。
  3. 冷まして固める
    沸騰するまで温めたら火から下し、ボウルなどに入れて冷まします。アガーは常温で固まるので、そのまま1時間くらい置いておきます。

目次に戻る≫

れんこんハンバーグの作り方

れんこんハンバーグを作りましょう。  れんこん以外を炒める 水切りして崩したお豆腐、玉ねぎ、マッシュルームをフライパンで水分を飛ばすように炒めます。 炒めながら、にんにく、しょうが、醤油で味付けします。十分に炒めたら火を止め、ボウルに入れて、蓮根(みじん切り、おろしたもの両方)と混ぜ合わせます。

れんこんハンバーグを作りましょう。

れんこん以外を炒める

  1. aの材料をすべて炒める
    水切りして崩したお豆腐、玉ねぎ、マッシュルーム、しめじをフライパンで水分を飛ばすように炒めます。
  2. 味付けをする
    炒めながら、にんにく、しょうが、醤油で味付けします。十分に炒めたら火を止め、ボウルに入れて、れんこん(みじん切り、おろしたもの両方)と混ぜ合わせます。

全てを混ぜる

ナツメグ、オールスパイス、クミンも足しながら香りづけをします。それぞれの量はお好みで調整してください。 全体をまとめるために片栗粉をまぶしながらさらに混ぜます。固さを出すためにパン粉を少々、まとめやすい固さになるように様子を見ながら足していきます。 納得がいったら、小判型にまとめます。ここでついつい、ハンバーグ作りのクセで真ん中をへこませたくなりますが、へこませないでください。蓮根ハンバーグは膨らみません。 フライパンに油を引き、崩さないように成形したハンバーグを並べて焼いていきます。蓋をして、弱火から中火で蒸し焼きにします。加熱することで、蓮根のでんぷん質が固まって、ハンバーグのようになります。 ひっくり返して反対側にも焼き色をつけます。蓮根以外の材料にはすでに火が入っている上に、蓮根は火の通りの早い野菜ですので、焼き色がつけば十分です。

ナツメグ、オールスパイス、クミンも足しながら香りづけをします。それぞれの量はお好みで調整してください。

  1. 全体をよく混ぜる
    まとめるために片栗粉をまぶしながらさらに混ぜます。固さを出すためにパン粉を少々、まとめやすい固さになるように様子を見ながら足していきます。
  2. ハンバーグの形に成形する
    納得がいったら、小判型にまとめます。ここでついつい、ハンバーグ作りのクセで真ん中をへこませたくなりますが、へこませないでください。蓮根ハンバーグは膨らみません。
  3. れんこんハンバーグを焼く
    フライパンに油を引き、崩さないように成形したハンバーグを並べて焼いていきます。蓋をして、弱火から中火で蒸し焼きにします。加熱することで、蓮根のでんぷん質が固まって、ハンバーグのようになります。
    ひっくり返して反対側にも焼き色をつけます。蓮根以外の材料にはすでに火が入っている上に、蓮根は火の通りの早い野菜ですので、焼き色がつけば十分です。

目次に戻る≫

れんこんハンバーグの出来上がり

植物が好きで好きで、体の中から植物でいっぱいにしたいという思いから作り始めたヴィーガン料理。私が自宅で作っているヴィーガンメニューのなかから「蓮根とお豆腐のハンバーグ」の作り方をご紹介します。使用した材料はすべて動物性食品、うまみ調味料(科学調味料)は使用していません。安心してお腹いっぱい召し上がってください。

焼き上がったれんこんハンバーグにポン酢のアガージュレをかけて、お皿に盛り付けて出来上がりです。
最後にバルコニーで摘んだオレガノやタイムたちをあしらいます。爽やかな香りが食欲をそそります。これがれんこんとお豆腐?って言いたくなるような食感を楽しんでください。

目次に戻る≫

使った野菜やハーブの紹介

オレガノ 学名:Origanum vulgare 科名:シソ科 分類:多年草 爽やかな香りが特徴のハーブです。フレッシュでもドライでも使用できます。お肉料理の臭み消しとして活躍してくれます。お庭に一株あると便利です。

オレガノ

学名:Origanum vulgare
科名:シソ科
分類:多年草

爽やかな香りが特徴のハーブです。フレッシュでもドライでも使用できます。お肉料理の臭み消しとして活躍してくれます。お庭に一株あると便利です。

オレガノ

  • オレガノは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ハナハッカ」と呼ばれてます。オレガノは大きく「オリガヌム類」「マヨラナ類」「アマラクス類」の3つに分かれてます。一般的にオレガノといわれているのはワイルドマジョラムで、オリガヌム類になります。種類が多く、花や葉が違い、香りも甘いものから強い香りまで様々。葉には抗菌作用があったり何かと使えるハーブの1つです。

レンコン(蓮根)

学名:Nelumbo nucifera
科名:ハス科
分類:多年生水生植物

夏に美しい花を咲かせる蓮の地下茎です。加熱させることにより、蓮根の中のでんぷん質が固まって、蓮根ハンバーグが作りやすくなります。

ハス(蓮)

  • ハスはインド原産とされていますが、観賞用にも食用にもなるため世界中で育成されています。

    葉は円形または楕円形で薄く、長い葉柄をもち水面上1.5mにもなります。光沢は無く水を弾くのも蓮の葉の特徴です。花色は桃色、白、黄色などがあります。

    根茎は日本人にも馴染みの深いレンコンですが、他国では葉から茎まで食用とされます。雄しべを緑茶と合わせた蓮茶も有名です。仏教では、泥の中から出てきて美しい花を咲かせるところから汚れのない花とされています。

    チャワンバスと呼ばれる小型種は鉢栽培で楽しまれています。

    日本で有名なハスの一つに大賀ハスがあります。大賀ハスは2000年以上前に土の中に落ちた種を大賀一郎博士が発芽させたものです。このように長い間発芽しなかった理由はハスのタネの外皮が非常に厚く、自然に発芽することがあまりないからと言われています。

タマネギ

学名:Allium cepa
科名:ヒガンバナ科
分類:球根植物

どこの家庭にもあるお馴染みの野菜です。生でも加熱しても食用になります。加熱することで甘味が出るのが特徴です。

タマネギ(玉ネギ・たまねぎ)

  • タマネギの起源は古く、中央アジアといわれていますが、野生種については未だ発見されていないため、原産地が特定できていません。

    ピラミッド建設時代にはエジプトで栽培され、建設に従事する労働者に「にんにく」、「だいこん」と一緒に「タマネギ」が配給されていたという記録が残されています。

    日本へは江戸時代に南蛮船によって長崎に伝えられますが、観賞用にとどまり、あまり普及しませんでした。

    本格的に栽培が始まったのは明治時代で、コレラが流行した際に「タマネギを食べるとコレラにかからない」という噂が広まり、その後広く食べられるようになったと言われています。

    ちなみに、日本で一番生産されているのは北海道です。その中でも北見地域は半分近くを占めており、タマネギ栽培地として有名です。全国の中でも日照時間が長く、降水量が少ないため、たくさんの太陽をあびて生長し、球のしまりがよく、熱を加えることでとても甘くなるという特長があるそうです。

    黄玉種

    現在栽培されている玉葱の大半は黄玉葱系です。加熱すると辛み成分が変化して甘みに変わります。カレーなどの煮込みに使う品種です。

    葉タマネギ

    葉タマネギというのはそういう品種がある訳ではなく、玉の部分が膨らみかけたくらいで早い時期に葉付きのまま収穫したものの総称です。
    葉タマネギの最大の特徴は、タマネギと青ネギの両方の美味しさを楽しめるのが魅力です。

    白玉種

    外側の薄皮も白っぽいのが特徴です。水分が多くて甘みがあり、辛みが少なく柔らかいため、サラダなどによく用いられます。

    赤玉種

    紫たまねぎとも呼ばれているもので、中の皮も赤紫色をしています。果肉は白いので、断面は赤紫と白の層になっています。

    ミニタマネギ

    直径3~4cm位の小さなタマネギで、極早生品種や早生品種を選んで3~4月に種をまきます。3㎝間隔で育てることにより、玉が小さいまま5~6月に葉が倒伏し始めるので小玉の状態で収穫します。

ニンニク

学名:Allium sativum
科名:ヒガンバナ科
分類:多年草

ヒガンバナ科ネギ属の球根植物です。昔から世界中で食用にされてきました。中央の茎を囲むように並ぶ、白い薄皮に包まれた鱗片を食用とします。加熱しても生でも食べられます。様々な料理に登場する名脇役です。

ニンニク(にんにく・大蒜)

  • ニンニクはネギ属の仲間で、ガーリックの名でも親しまれています。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料として料理に欠かせない存在です。

    若い葉を収穫した葉ニンニクや若い花茎を食用にする茎ニンニク(ニンニクの芽)があります。

    玉ねぎなどと共に、古代エジプトでは、ピラミッドをつくった作業員たちに強壮剤として支給されていたのがニンニクだったそうです。彼らが粗末な食生活にもかかわらず、重労働に耐えられたのはニンニクの効用のおかげだったのでしょうか。

    ネギ科の仲間である玉ねぎ同様、ニンニクの原産地自体が定かではなく、野生のニンニク種というものが見つかっていません。

ショウガ

学名:Zingiber officinale
科名:ショウガ科
分類:多年草

ニンニクと並んで昔から食用とされてきました。薬味や匂い消しなどと言われ、日本の食卓では馴染み深い野菜です。生でも加熱しても食べられます。様々な料理に登場する名脇役です。

生姜(しょうが)

  • 生姜(ショウガ)は古くから世界中の暖かい地域で、香辛料や薬用として栽培されてきました。原産地はマレー、インドを中心とする熱帯アジアといわれています。

    日本でも、奈良時代には栽培されていたとされる歴史のある植物です。栽培が盛んになるのは江戸時代からで、それ以降生姜(ショウガ)は、魚肉料理の臭み消しや、薬味、ジンジャーエールなどの飲み物にも用いられ、私たちの暮らしに欠かせないものとなっています。生姜(ショウガ)は古代中国で、薬として使用されてきました。漢方では主に根生姜(ねしょうが)の部分が使われています。生の生姜(ショウガ)は、吐き気止めや咳を鎮める作用、胃を丈夫にする作用があるとされており、風邪のひきはじめに飲むと効果があります。乾燥させた生姜(ショウガ)は、胃腸などの内臓を温める作用があり、体を強く元気にしてくれる強壮作用があります。

目次に戻る≫

▼関連記事

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ヴィーガン レシピ|れんこんハンバーグの作り方 アガーのポン酢ジュレ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ