吊るすだけ!ドライフラワーの作り方や管理のポイント・おすすめの植物

菊池麗子

菊池麗子

公開日 :

お花をいけたとき、このお花はドライになるのかな?と、いろいろ吊るしてドライにチャレンジ。

うまくいくこともあれば、パラパラと崩れたり。どうすればうまく作れるの?

お花屋さんに教えてもらったドライフラワーを作る時のポイントや管理、ドライフラワーにしやすいお花をご紹介します。

 

目次

あると便利な道具

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーQandA

ドライフラワーにおすすめの花やハーブ

 

あると便利な道具

ドライフラワーを作る時にあると便利な道具をご紹介します。

生花用ハサミ

imgp9126

普段使っているクラフト用のハサミを使うとお花の水分で錆びてしまうことも。錆びると切れ味が落ちますので生花用ハサミを用意することをオススメします。そんなに使わないという場合は100均で揃えることもできます。

輪ゴム

お花を束ねる時に使用します。

麻紐

お花を吊るすときに使います。

S字フックやクラフトワイヤー

imgp0274

ワイヤーはお花を掛けるフックを作ったりと何かと使えます。

 

ドライフラワーの作り方

お花の準備

生花のときを楽しんでから、ドライにしたいところですがお花がくたんっと花首をもたげたり、萎れたりしてからでは綺麗なドライフラワーを作るのは難しくなります。お花がベストな状態のうちにお水から出しましょう。

お花を吊るす

rose

吊るす前に、ドライになった時の飾り方も考えてから吊るしたほうがよいです。束ねたままドライにすると、ドライになった後に1本で飾る場合に束の時の形のままになってしまいます。1本ずつ飾りたい場合は、1本ずつドライにしたほうがよいでしょう。

大事なポイントは風通しと日当たり

ドライフラワーを作るのには風が大事。風通しのよい場所で乾かしましょう。

日当りは半日陰がベスト。直射日光や日差しが強い過ぎると色が抜けてしまいます。

 

ドライフラワーQ&A

ドライフラワーを作るのに適した時期って?

乾燥した季節が一番よいです。なので、秋~冬、春も比較的作りやすいです。湿度が高い梅雨時期や夏場は、花が乾燥しにくくなってしまうので、作りにくくなることもあります。

ドライフラワーにカビが生えてる?

きちんと乾燥しきれていない場合や、湿度が高い場所に置いているとカビが発生することがあります。

カビの発生を予防するためにもきちんと乾かしてから飾りましょう。また、埃やカビはドライフラワーを傷ませる原因になります。こまめにはらってあげたほうがよいです。

カビが発生してしまったら

カビが発生した場合は、残念ですが処分しましょう。

カビが生えてしまい、諦めきれず、除去してアルコールで拭いたことがありますが結果としては駄目でした。ドライだからといって永遠にきれいな状態のままもつわけではありません。ダメになってしまったらあきらめる潔さも大切です。

うまくドライにできない

お花の種類や大きさによってもドライのなりやすさは異なります。乾燥させることによって、どうしても形状が変わってしまうものもあればキレイに形を保持するものもあります。思うような形に乾燥させることができなかったら品種などを変えて再トライしてみても良いでしょう。

 

ドライフラワーにおすすめの花やハーブ

バラ

バラのドライフラワー

ドライフラワーといったら一度は作ってみたいバラ。色の濃いバラは、さらに濃くなりシックな印象に。

ブッシュ・ローズ(木立性バラ)

  • バラはその豪華な美しさと芳香で花の女王ともいわれ、紀元前の昔から人々を魅了してきました。愛と美の象徴ともいわれ神話や宗教、芸術や文学にも数多く登場し、いつの時代にも文化の中心に咲き続けています。バラ科・バラ属の落葉性の低木・花木で、その多くは葉や茎にトゲを持ちます。樹形からブッシュローズ(木立ち性)、シュラブローズ(半つる性)、クライミング・ローズ(つる性、つるバラ)の3タイプに分けられています。ブッシュローズは株立ち性の枝幹がまっすぐ伸びて花が上向きに咲くタイプで、「ハイブリットティー」「フロリパンダ」「ミニュチュア」「パティオ」「ポリアンサ」が含まれます。

 

チューリップ

チューリップのドライフラワー

花が開ききる前の状態で作るのが形もキレイになります。茎が柔らかく、まっすぐ立たせることは難しいので、吊るして楽しみましょう。

チューリップ

  • チューリップは春に花咲く球根植物です。チューリップの球根は直径3cmほどのものが多く、玉ねぎのような形をしています。この球根を地面に植え育てるのです。球根の先はとがっていて、その先端から花茎や葉を伸ばします。花茎の背丈は種類にもよりますが、15cmよりも下のものはありません。おおよそ15cm~60cmのものまでが主に出回っています。花びらの色は皆さんも良くご存知の様に赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方があります。チューリップの開花時期は、大きく分けると、早咲き、普通咲き、遅咲きの3時期があります。同じチューリップでも開花の時期がかなり違うので、違う開花時期のものを一緒に寄せ植えすると、開花時期がずれてしまい見栄えが悪いので、鉢植えに植える場合は単一種を植え付ける方が一般的です。

    チューリップの育て方で大切なことは

    1.よい球根を選ぶこと

    2.適切な場所に植えて、適量の水やりをすること

    3.寒さに当てること

    です。

 

紫陽花(あじさい)

ボリュームのあるドライフラワーに。徐々にゆっくりと色が抜けていくのも楽しめます。

アジサイ(あじさい・紫陽花)

  • アジサイは、もともとはガクアジサイが日本原産の植物でしたが、西洋にわたり、西洋アジサイとして人気が出て、日本に逆輸入されてきました。最近は、西洋アジサイ、ガクアジサイともに、品種、形、色の種類も豊富にあり、次々に新品種がつくりだされています。アジサイは鉢花、切り花、ドライフラワーとしても人気が高い植物です。

 

リューカデンドロン

リューカデンドロンのドライフラワー

ドライになると、開いたりします。種類も豊富です。

 

バンクシア

ワイルドフラワーで人気のバンクシア。飾っておいてそのままきれいにドライになるので、初めての方にもオススメ。

  • オーストラリア原産の常緑木です。切り花としても人気です。開花時期は、夏から晩秋にかけてですが、種類もたくさんあるのでいろいろな花が楽しめます。葉っぱの表面は緑色なのですが、裏側はシルバーで、とても奇麗な特徴のものもあります。また、松葉状の繊細な葉のものなど、種類は豊富にあります。寒さや湿気などに気をつければ育てやすく、鉢植えやコンテナ栽培、または暖かい地方では庭植えなどに適した植物です。お日様が大好きな植物です。

 

ローズマリー

人気のハーブのローズマリー。ドライにしてリースにしてもよいですね。ギフトにそっと添えると香りも一緒に贈れますよ。

ローズマリー

  • 「ローズマリー」は、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、乾燥させてお茶や料理などに使われています。抗酸化作用もあり「若返りのハーブ」とも呼ばれます。春から秋にかけて、小さな青から青紫の花が咲きます。環境さえ良ければ四季咲きです。

 

ユーカリ

ユーカリのドライフラワー

こちらも飾りながらドライにできるので、初めての方にオススメ。香りも楽しめます。

  • ユーカリはフトモモ科のユーカリ属の植物。自生地では大きく育つ常緑高木です。種類も丸葉のポポラスや銀世界、他にもレモンユーカリなど様々。葉には香りがあり、アロマテラピーにも使用されてます。虫除けなどにもよいです。スッキリとした香りは集中力を高めてくれます。

 

ドライにするまで、ベランダや窓辺にお花がゆらゆら。どんなドライフラワーになるかワクワクします。ドライフラワーは飾り方いろいろ。あなたはどんな風に飾りますか?

▼関連記事

▼関連ワード

「吊るすだけ!ドライフラワーの作り方や管理のポイント・おすすめの植物」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
菊池麗子
菊池麗子

ショップスタッフからwebデザイナーへ転身後、アパレルECサイトの制作や運営業務に従事。ミニバラとハイビスカス、多肉植物に出会いベランダガーデニングを始める。現在はサボテン、多肉植物をメインにブルメリアなども自宅で栽培中。ワークショップの講師、イベントで多肉植物・サボテン販売スタッフ、フラワーアートユニットのワークショップサポートなども務める。黒い植物と、ピンクの植物が好き。温室に入ると体調が良くなる。フリーペーパーBotapii編集長。

おすすめ