吊るすだけ!ドライフラワーの作り方や管理のポイント・おすすめの植物

菊池麗子

菊池麗子

174975views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

お花をいけたとき、このお花はドライになるのかな?と、いろいろ吊るしてドライにチャレンジ。うまくいくこともあれば、パラパラと崩れたり。どうすればうまく作れるの?お花屋さんに教えてもらったドライフラワーを作る時のポイントや管理、ドライフラワーにしやすいお花をご紹介します。

 

目次

あると便利な道具

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーQandA

ドライフラワーにおすすめの花やハーブ

 

あると便利な道具

ドライフラワーを作る時にあると便利な道具をご紹介します。

・生花用ハサミ

普段使っているクラフト用のハサミを使うとお花の水分で錆びてしまうことも。錆びると切れ味が落ちますので生花用ハサミを用意することをオススメします。そんなに使わないという場合は100円ショップで揃えることもできます。
imgp9126

 

・輪ゴム

お花を束ねる時に使用します。

・麻紐

お花を吊るすときに使います。

・S時フックやクラフトワイヤー

ワイヤーはお花を掛けるフックを作ったりと何かと使えます。
imgp0274

 

ドライフラワーの作り方

お花の準備

生花のときを楽しんでから、ドライにしたいところですがお花がくたんっと花首をもたげたり、萎れたりしてからでは綺麗なドライフラワーを作るのは難しくなります。お花がベストな状態のうちにお水から出しましょう。

お花を吊るす

吊るす前に、ドライになった時の飾り方も考えてから吊るしたほうがよいです。束ねたままドライにすると、ドライになった後に1本で飾る場合に束の時の形のままになってしまいます。1本ずつ飾りたい場合は、1本ずつドライにしたほうがよいでしょう。

大事なポイントは風通しと日当たり

ドライフラワーを作るのには風が大事。風通しのよい場所で乾かしましょう。日当りは半日陰がベスト。直射日光や日差しが強い過ぎると色が抜けてしまいます。
rose

 

ドライフラワーQ&A

ドライフラワーを作るのに適した時期って?

乾燥した季節が一番よいです。なので、秋~冬、春も比較的作りやすいです。湿度が高い梅雨時期や夏場は、花が乾燥しにくくなってしまうので、作りにくくなることもあります。

ドライフラワーにカビが生えてる?

きちんと乾燥しきれていない場合や、湿度が高い場所に置いているとカビが発生することがあります。

カビの発生を予防するためにもきちんと乾かしてから飾りましょう。また、埃やカビはドライフラワーを傷ませる原因になります。こまめにはらってあげたほうがよいです。

カビが発生してしまったら

カビが発生した場合は、残念ですが処分しましょう。

カビが生えてしまい、諦めきれず、に除去してアルコールで拭いたことがありますが結果としては駄目でした。ドライだからといって永遠にきれいな状態のままもつわけではありません。ダメになってしまったらあきらめる潔さも大切です。

うまくドライにできない

お花の種類や大きさによってもドライのなりやすさは異なります。乾燥させることによって、どうしても形状が変わってしまうものもあればキレイに形を保持するものもあります。思うような形に乾燥させることができなかったら品種などを変えて再トライしてみても良いでしょう。

 

ドライフラワーにおすすめの花やハーブ

バラ

ドライフラワーといったら一度は作ってみたいバラ。色の濃いバラは、さらに濃くなりシックな印象に。
バラのドライフラワー

 

チューリップ

花が開ききる前の状態で作るのが形もキレイになります。茎が柔らかく、まっすぐ立たせることは難しいので、吊るして楽しみましょう。
チューリップのドライフラワー

 

紫陽花(あじさい)

ボリュームのあるドライフラワーに。徐々にゆっくりと色が抜けていくのも楽しめます。

リューカデンドロン

ドライになると、開いたりします。種類も豊富です。
リューカデンドロンのドライフラワー

 

バンクシア

ワイルドフラワーで人気のバンクシア。飾っておいてそのままきれいにドライになるので、初めての方にもオススメ。

ローズマリー

人気のハーブのローズマリー。ドライにしてリースにしてもよいですね。ギフトにそっと添えると香りも一緒に贈れますよ。

ユーカリ

こちらも飾りながらドライにできるので、初めての方にオススメ。香りも楽しめます。
ユーカリのドライフラワー

 

 

ドライにするまで、ベランダや窓辺にお花がゆらゆら。どんなドライフラワーになるかワクワクします。ドライフラワーは飾り方いろいろ。あなたはどんな風に飾りますか?

 

▼関連記事

 

「吊るすだけ!ドライフラワーの作り方や管理のポイント・おすすめの植物」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
菊池麗子
菊池麗子

ショップスタッフからwebデザイナーへ転身後、アパレルECサイトの制作や運営業務に従事。ミニバラとハイビスカス、多肉植物に出会いベランダガーデニングを始める。現在はサボテン、多肉植物をメインにブルメリアなども自宅で栽培中。ワークショップの講師、イベントで多肉植物・サボテン販売スタッフ、フラワーアートユニットのワークショップサポートなども務める。黒い植物と、ピンクの植物が好き。温室に入ると体調が良くなる。フリーペーパーBotapii編集長。

オススメ特集