家庭菜園特集

素敵な品種がいっぱい! 切り花の葉牡丹(ハボタン)とバラのアレンジ

金子三保子

金子三保子

公開日 :

キャベツのような見ためで、昔から花が少ない冬やお正月の装飾として使われてきた葉牡丹(ハボタン)。最近は新品種が次々に作り出され、従来のイメージを覆すような品種もでてきました。

また、以前は葉牡丹(ハボタン)と言えば鉢もののイメージが強かった植物ですが、最近は切り花としても多品種が出回っていて、葉の色やフォルムが素敵な葉牡丹(ハボタン)がたくさん流通しています。

今回は、葉牡丹(ハボタン)とバラを使ったアレンジメントをご紹介します。

目次

切り花の葉牡丹って?

葉牡丹とバラのアレンジメントの作り方

葉牡丹を使った小さなアレンジ

切り花の葉牡丹って?

切り花にできる葉牡丹(ハボタン)の特徴と言えば生けるための茎があること。

切り花の葉牡丹(ハボタン)は、長い丈のものだと70~80cmのサイズのものから、20~30cmくらいの短めのサイズのものまであります。花の大きさも小輪、中輪、大輪、スプレー咲き(枝分かれ)と多様なので、作りたいアレンジの仕上がりのサイズによって選びます。

今回はスプレー咲きの葉ボタンを使用

今回はスプレー咲きの葉牡丹(ハボタン)を使用

目次に戻る≫

牡丹(ハボタン)とバラのアレンジメントの作り方

材料

葉牡丹とバラのアレンジメントの材料

・器
・葉牡丹(ハボタン)
・バラ
・ヘデラベリー
・リューココリーネ
・ラムズイヤー
・パンジー・ビオラ(小さなアレンジに使用)

牡丹(ハボタン)を足固めとして生ける

今回の葉牡丹(ハボタン)は、枝分かれして一輪でもボリュームがあるので、吸水スポンジやケンザンのような役割として使います。お水につかる部分の葉は取りましょう。

今回の葉牡丹(ハボタン)は、枝分かれして一輪でもボリュームがあるので、吸水スポンジやケンザンのような役割として使います。お水につかる部分の葉は取りましょう。

 

2輪で花瓶の上部が隠れてしまうほどのボリューム。

2輪で花瓶の上部が隠れてしまうほどのボリューム。

 

葉牡丹(ハボタン)に引っかけるような要領でバラを入れます。

牡丹(ハボタン)に引っかけるような要領でバラを入れます。

 

葉牡丹(ハボタン)の茎がしっかりとしているので、入れたい場所にバラを生けることができます。

牡丹(ハボタン)の茎がしっかりとしているので、入れたい場所にバラを生けることができます。

 

ヘデラベリーを2本に切り分けます。

ヘデラベリーを2本に切り分けます。

 

左右にヘデラベリーを入れます。

左右にヘデラベリーを入れます。

 

仕上げに後ろ側にラムズイヤーとりゅーここリーネを入れて完成です!

仕上げに後ろ側にラムズイヤーとリューココリーネを入れて完成です!

目次に戻る≫

牡丹(ハボタン)を使った小さなアレンジ

最近の葉牡丹(ハボタン)はこんな素敵な色やフォルムもあります。  こちらは花のような葉ボタンとは別のケールの系統の葉牡丹(ハボタン)の葉です。

最近の葉牡丹(ハボタン)はこんな素敵な色やフォルムもあります。

こちらは花のような葉ボタンとは別のケールの系統の葉牡丹(ハボタン)の葉です。

 

育てた草花と一緒に小さなアレンジを作ってみましょう。

育てた草花と一緒に小さなアレンジを作ってみましょう。

 

メインのアレンジを作った時の脇の小さな葉牡丹(ハボタン)とフォルムの美しいケール、ビオラで小さなアレンジ。

メインのアレンジを作った時の脇の小さな葉牡丹(ハボタン)とフォルムの美しいケール、ビオラで小さなアレンジ。

 

シックな色から優しい色合いまで品種が豊富。花としての他、カラーリーフとして葉もの素材にもなります。

シックな色から優しい色合いまで品種が豊富。花としての他、カラーリーフとして葉もの素材にもなります。

 

複数ならべると豪華な雰囲気に。

複数ならべると豪華な雰囲気に。

目次に戻る≫

牡丹(ハボタン)は花の役目としての他、色合いとフォルムを生かして葉ものとしても利用できるので、花束やアレンジにとても利用範囲が高い素材です。1本でもボリューム感が出るのもうれしいところ!デザイン、品種によって、和にも洋にも仕立てることができます。

年末から年明けにかけて、様々な葉牡丹(ハボタン)の切り花が一番流通する季節です。花屋さんで素敵な葉牡丹を見つけてみてください。

 

▼関連記事

関連ワード

「素敵な品種がいっぱい! 切り花の葉牡丹(ハボタン)とバラのアレンジ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ