白木蓮(ハクモクレン)の育て方|植物図鑑

植物名
白木蓮(ハクモクレン)
学名

Magnolia denudata

英名
Yulan magnolia
別名・流通名
ハクレン、ハクレンゲ
科名
モクレン
属名
モクレン
原産地
中国

白木蓮(ハクモクレン)の特徴

白木蓮(ハクモクレン)は、別名ハクレン、ハクレンゲとも呼ばれているモクレン科の落葉高木です。つぼみのときは銀色の毛で覆われ、3~4月に白い美しい花を咲かせます。

モクレンというと紫色のシモクレンのことをさすのが一般的です。開花時期は同じ3~4月ですが、白木蓮(ハクモクレン)の方が若干早く開花が始まります。

白木蓮(ハクモクレン)の詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 10m~
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 3~4月

白木蓮(ハクモクレン)とモクレンの違い

モクレンというと紫色のシモクレンのことをさすのが一般的です。

シモクレンの花丈は5m前後ですが、白木蓮(ハクモクレン)は分類的には高木で、数十メートルサイズになる木です。開花時期は、ハクモクレンの方がシモクレンより若干早く開花します。

白木蓮(ハクモクレン)とコブシとの違い

コブシ

コブシ

 

白木蓮(ハクモクレン)

見た目が似ている白木蓮(ハクモクレン)とコブシの見分け方で、一番簡単な方法は花びらの枚数です。コブシは6枚であるのに対してハクモクレンは9枚です。

花の向きは、白木蓮(ハクモクレン)は上を向いて咲くのに対して、コブシは上向きや横向き、斜めなど様々な方向を向いて咲きます。

開花時期は、白木蓮(ハクモクレン)の方が若干開花が早く3月上旬から中旬、コブシはソメイヨシノと同じくらいの3月下旬から4月にかけてが花の季節です。

白木蓮(ハクモクレン)の栽培環境

日当たり・置き場所

白木蓮(ハクモクレン)は、日当たりと風通しの良い所を好みます。日当たりの良い場所で育てたほうが、花付きも良くなります。

用土

湿り気のある肥沃な土を好みます。よほどのやせた土地でなければ問題なく育ちます。

白木蓮(ハクモクレン)の育て方のポイント

水やり

白木蓮(ハクモクレン)は、高木に分類されるので地植え向きです。植え付けて根付けば水やりの必要はありません。

鉢で育てる場合は、鉢の表面の土が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをしましょう。

病害虫

カミキリムシとカイガラムシに注意が必用です。特にカミキリムシに食害されると、木蓮が枯れてしまう恐れがあります。幹に小さな穴を見つけたらカミキリムシの食害が始まっている可能性があるので、駆除が必用です。

カイガラムシ:カイガラムシがつくと樹液を吸われてしまい、株が弱り生育も悪くなり衰え枯れてしまいます。

白木蓮(ハクモクレン)の詳しい育て方

選び方

白木蓮(ハクモクレン)の苗木は、株元や幹が太く、枝ぶりも良い苗木を選びます。

植え付け

白木蓮(ハクモクレン)の植え付けは落葉している休眠期に行います。植え付けをする穴の底に腐葉土や元肥を敷いてから植え付けます。休眠しているので、根はいじらないように扱いましょう。

白木蓮(ハクモクレン)は、最終的には10m以上に生長する高木です。そのことを考えて植え付け場所を決めましょう。

剪定・切り戻し

白木蓮(ハクモクレン)は、強い剪定を好まない樹木です。冬に不要な枝や混みあっている枝を落とす程度にとどめます。

白木蓮(ハクモクレン)の花は、3~4月に開花します。まずはじめに花が咲いてから葉が芽吹きます。

収穫

白木蓮(ハクモクレン)の枝ものは切り花としても流通していて、1月末ごろから出回りはじめます。

冬越し

秋に落葉し、冬は休眠期です。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

実生か接木で増やすことができます。実生の場合は、開花までに長い時間がかかります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング