かわいい青い花、オオイヌノフグリって知ってる?

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

春一番が吹く季節に陽だまりに目を運ぶとコバルトブルーの小さなお花が咲いていませんか?

それがオオイヌノフグリです。小さな青い瞳が覗いている様に見える事から「星の瞳」という別名もあります。

今回は春の始まりに咲く、野の花をご紹介いたします。

目次

オオイヌノフグリってどんな植物?

オオイヌノフグリの花言葉

オオイヌノフグリと一緒に咲き始める野の草花たち

オオイヌノフグリってどんな植物?

■植物名 オオイヌノフグリ

■学名 Veronica persica

■和名 オオイヌノフグリ

■別名 瑠璃唐草(るりからくさ)

■英名 Veronica persica

■オオバコ科クワガタソウ属

■原産国 ヨーロッパ原産

■越年性一年草

オオイヌノフグリは春を一番に知らせてくれる春の風物詩、立春が過ぎて春めいた陽だまりや、あたたかい風が地を撫でた時に明るい水色の小さな花を咲かせ、春の訪れをお知らせしてくれます。その可愛らしい様子にはホッと和んでしまいます。

草丈は10cm~20cm地面を這うように育ち日向を好み、花は太陽に反応して咲き1日で終わる一日花です。

オオイヌノフグリは明治の初めにヨーロッパから日本に伝わってきました。

日本に古来よりある植物「イヌフグリ」によく似ていてイヌフグリより大きい事から、その名でよばれるようになった様です。

小さな青い瞳がのぞいているように見える事からも「星の瞳」と言われています。

麗らかな春の陽だまりで青い瞳と目を合わせてみませんか?

目次に戻る≫

オオイヌノフグリの花言葉

「忠実」「信頼」

目次に戻る≫

 オオイヌノフグリと一緒に咲き始める野の草花たち

春になると咲き始める、野の花々。

春になると咲き始める、野の花々。オオイヌノフグリと同じ時期に咲く花にはどんな種類があるのでしょうか?

仏の座

■植物名 仏の座(ホトケノザ)  ■学名 Lamium amplexicaule  ■シソ科オドリコソウ属  ■越年草  陽ざしに春を感じる頃、野山や田畑、河原などに姿を見せてくれる植物です。  秋に芽吹き春が近づくと咲き始めます。姿は茎から段々に傘を広げたように葉を広げ、葉の根元から赤紫色の小さな1㎝程の花がピョンと飛び出る様に咲いています。  花の形は筒状で花は舌をだして大きな口で笑っているような明るい様子です。  この季節に咲く「ホトケノザ」は、春の七草の「ホトケノザ」とは違う種類です。

■植物名 仏の座(ホトケノザ)

■学名 Lamium amplexicaule

■シソ科オドリコソウ属

■越年草

陽ざしに春を感じる頃、野山や田畑、河原などに姿を見せてくれる植物です。

秋に芽吹き春が近づくと咲き始めます。姿は茎から段々に傘を広げたように葉を広げ、葉の根元から赤紫色の小さな1cm程の花がピョンと飛び出る様に咲いています。

花の形は筒状で花は舌をだして大きな口で笑っているような明るい様子です。

この季節に咲く「ホトケノザ」は、春の七草の「ホトケノザ」とは違う種類です。

ホトケノザ

  • ホトケノザは日本に自生する在来種の多年草です。一般には野草として扱われています。その葉の形状が、仏様が座る蓮座のように見えるところから「仏の座」と呼ばれるようになりました。他にも葉が段状につくことから「サンガイクサ(三階草)」という別名も持ちます。非常に強健で痩せ地でも育ちますが、肥沃な土壌のほうが花付きも良くなります。

    春の七草の「ホトケノザ」と混同する人がいますが、こちらは全くの別種です。春の七草のホトケノザは「コオニタビラコ」というキク科の植物です。シソ科のホトケノザは、食べても毒ではありませんが、食用にはされていません。

     

ナズナ

■植物名 ナズナ(薺)  ■学名 Capsella bursa pastoris  ■アブラナ科ナズナ属  ■越年草   ナズナ(薺)は小さな白い花が清楚で花びらは4枚、よく見ると十字型をしています。  花が終わり夏が過ぎると、その実はハート型をしていて可愛らしい植物です。  名前の由来は、撫でたくなるくらい可愛いという「撫菜(なでな)」からナズナに変化したという説や、密集して咲き、互いに馴染み合っている様子が「馴染む菜」からナズナと呼ばれる様になった等、幾つかの説がある様です。  ナズナは別名も馴染み深く有名で「ぺんぺん草」と呼ばれていますが、この名前は夏が過ぎてハート型の実が膨らんだ様子が三味線のバチに似ている事からその名が付きました。  最近は切り花としても人気が高く、花束に入れると繊細なラインが他のお花との相性がよく花束全体が優しくまとまります。

■植物名 ナズナ(薺)

■学名 Capsella bursa pastoris

■アブラナ科ナズナ属

■越年草

ナズナ(薺)は小さな白い花が清楚で花びらは4枚、よく見ると十字型をしています。

花が終わり夏が過ぎると、その実はハート型をしていて可愛らしい植物です。

名前の由来は、撫でたくなるくらい可愛いという「撫菜(なでな)」からナズナに変化したという説や、密集して咲き、互いに馴染み合っている様子が「馴染む菜」からナズナと呼ばれる様になった等、幾つかの説がある様です。

ナズナは別名も馴染み深く有名で「ぺんぺん草」と呼ばれていますが、この名前は夏が過ぎてハート型の実が膨らんだ様子が三味線のバチに似ている事からその名が付きました。

最近は切り花としても人気が高く、花束に入れると繊細なラインが他のお花との相性がよく花束全体が優しくまとまります。

ハコベ

■植物名 ハコベ  ■学名 Stellaria media  ■ナデシコ科ハコベ属  ■越年草    ハコベは春の七草の一つで、株元から細い茎を地を這うように出し、春の陽気の中で柔らかそうな葉と小さな白い花を咲かせます。  学名にも付いているStellariaは星を表す言葉で星が輝くように放射状に咲く事から名づけられました。  ハコベラと呼ばれる事もあり、これは万葉集に波久倍良(ハクベラ)の名で記されていたことが語源となっているようです。  万葉集の中でも詠われている様に古くから日本に自生する植物です。  目だ立ずに季節の中で静かに咲く花ですが、万葉集にも詠われれいる事を思うと、その可憐な花は人の心をとらえた事を感じます。  春になるとハコベの周りには小鳥が集まり、ハコベを春の光景を目にします、小鳥が好む草として別名「ヒヨグサ」とも呼ばれています。

■植物名 ハコベ

■学名 Stellaria media

■ナデシコ科ハコベ属

■越年草

ハコベは春の七草のひとつで、株元から細い茎を地を這うように出し、春の陽気の中で柔らかそうな葉と小さな白い花を咲かせます。

学名にも付いているStellariaは星を表す言葉で星が輝くように放射状に咲く事から名づけられました。

ハコベラと呼ばれる事もあり、これは万葉集に波久倍良(ハクベラ)の名で記されていたことが語源となっているようです。

万葉集の中でも詠われている様に古くから日本に自生する植物です。

目だ立ずに季節の中で静かに咲く花ですが、万葉集にも詠われれいる事を思うと、その可憐な花は人の心をとらえた事を感じます。

春になるとハコベの周りには小鳥が集まり、ハコベを春の光景を目にします、小鳥が好む草として別名「ヒヨグサ」とも呼ばれています。

▼編集部おススメ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「かわいい青い花、オオイヌノフグリって知ってる?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ