桜(さくら)を楽しもう! 花瓶に生けるコツと散り始めてからの楽しみ方

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

桜が咲く季節になると、なんだかソワソワと心が流行り、咲く季節を待ち焦がれてしまいますね。日本人にとって、心惹かれる樹木の桜。今回は桜の名前の秘密やお花見の由来、生け方をご紹介いたします。

目次

桜って神様の名前だったって知ってる?

桜の花を生けてみよう

桜の花の枝を止める方法

散り際の桜を楽しむ(一輪挿し)

散り際の桜を楽しむ(花びら)

桜って神様の名前だったって知ってる?

 桜が咲く季節になると、なんだかソワソワと心が流行り、早く咲かないかなぁと待ち焦がれてしまいます。日本人にとって無くてはならない植物の桜。  季節の移ろいを優雅に取り入れて桜を楽しみ始めた平安時代よりも、ずっとずっと昔、日本人は太古より自然が生み出す森羅万象(しんらばんしょう)に神様が宿り、自然の動きを敏感に感じ取って暮らしの中に柔軟に取り入れてきました。  植物が芽吹く季節の春は、山から神様が降りてきて、桜の咲く季節に田植えをする事から山の神様が田んぼの神様となり、田の神様は「さ神」と呼ばれるようになりました。桜の「さ」はさ神様の頭文字、「くら」は神様が座っている場所の台座の「くら」から、「さくら」という名前になったようです。  さくらの名前の由来は諸説あり、もうひとつの説は、古事記や日本書紀に登場する女神、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の「さくや」が「さくら」に変化したとも言われています。  どちらの神様も山の上にいる神様で芽吹きを運ぶ神様という共通点があります。  桜といえばお花見ですが、山の神様が下りてくる目印となる桜の木の下で花を愛でながらご馳走やお酒をお供えする行事が始まりと言われています。  桜の下に「さけ(酒)」や「さかな(肴)」など「さ」の付くモノをお供えしてから、そのお供えをみんなで楽しんだ事からお花見という文化が現在も楽しまれています。

桜が咲く季節になると、なんだかソワソワと心が流行り、早く咲かないかなぁと待ち焦がれてしまいます。日本人にとって無くてはならない植物の桜。

季節の移ろいを優雅に取り入れて桜を楽しみ始めた平安時代よりも、ずっとずっと昔、日本人は太古より自然が生み出す森羅万象(しんらばんしょう)に神様が宿り、自然の動きを敏感に感じ取って暮らしの中に柔軟に取り入れてきました。

植物が芽吹く季節の春は、山から神様が降りてきて、桜の咲く季節に田植えをする事から山の神様が田んぼの神様となり、田の神様は「さ神」と呼ばれるようになりました。桜の「さ」はさ神様の頭文字、「くら」は神様が座っている場所の台座の「くら」から、「さくら」という名前になったようです。

さくらの名前の由来は諸説あり、もうひとつの説は、古事記や日本書紀に登場する女神、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の「さくや」が「さくら」に変化したとも言われています。

どちらの神様も山の上にいる神様で芽吹きを運ぶ神様という共通点があります。

桜といえばお花見ですが、山の神様が下りてくる目印となる桜の木の下で花を愛でながらご馳走やお酒をお供えする行事が始まりと言われています。

桜の下に「さけ(酒)」や「さかな(肴)」など「さ」の付くモノをお供えしてから、そのお供えをみんなで楽しんだ事からお花見という文化が現在も楽しまれています。

目次に戻る≫

桜の花を部屋に生けよう

桜の花の生け方を飾り方別にご紹介します。

花瓶に生けよう

1.桜の枝は枝の1/3がお水に浸かるようにお水を準備します。 2.枝は裂くようにハサミで割ります。割ると水に触れる面積が広くなり、水がより吸いやすくなるためです。枝は自然に花瓶に傾けるように生けてみましょう。

1.桜の枝は枝の1/3がお水に浸かるようにお水を準備します。
2.枝は裂くようにハサミで割ります。割ると水に触れる面積が広くなり、水がより吸いやすくなるためです。枝は自然に花瓶に傾けるように生けてみましょう。

 

置いて飾る

水につけなくても、一日くらいなら置いて飾る事もできます。  床に飾るのも、テーブルの真ん中に横たわらせても、気分がかわる飾り方です。

水につけなくても、一日くらいなら置いて飾る事もできます。

床に飾るのも、テーブルの真ん中に横たわらせても、気分がかわる飾り方です。

目次に戻る≫

桜の枝を止める方法

桜などの枝ものの植物は、自分の生けたい向きで止めたくても、重みや枝の向きでくるくると回ってしまうことがあります。ここでは、そんなときに役立つ「枝を止める方法」を生け方別にご紹介します。

枝を斜めに生けたい場合

1.桜の枝を花瓶の縁の角度に合わせて枝をカットします。

1.桜の枝を花瓶の縁の角度に合わせて枝をカットします。

 

2.カットした枝の真ん中に切れ目を入れます。切れ目を入れる事によって水に着く面積が増える為、花持ちが良くなります。  カットした面を花瓶に添わせるようにいけてみましょう。ピタッと固定されます。

2.カットした枝の真ん中に切れ目を入れます。切れ目を入れる事によって水に着く面積が増える為、花持ちが良くなります。

カットした面を花瓶に添わせるようにいけてみましょう。ピタッと固定されます。

枝をまっすぐに生けたい場合

この生け方は、桜を中心にして、この他に合せる花や植物がある時に、上手く活用する事が出来る方法です。

今回はわかりやすくするため透明の花瓶を使用していますが、壺や竹籠の中に置くオトシと言われる花瓶でも同じように生ける事が出来ます。

1.花瓶の幅に合せて、枝を2本切ります。余分な部分を切り落としたときに出る枝を使用しましょう。

1.花瓶の幅に合せて、枝を2本切ります。余分な部分を切り落としたときに出る枝を使用しましょう。

 

2.2本の枝を花瓶に十字に固定します。

2.2本の枝を花瓶に十字に固定します。

 

3.十字の真ん中に枝を立てていけます。
3.十字の真ん中に枝を立てていけます。

目次に戻る≫

生けた桜が散り際を迎えた時の楽しみ方(一輪挿し)

散り始めた桜もきれいですよね。お花が散り始めたらそれで終わりではなく、その散り始めのお花も楽しんでみましょう。

散り始めた桜もきれいですよね。お花が散り始めたらそれで終わりではなく、その散り始めのお花も楽しんでみましょう。

 

桜が終わるころ、ほんの少し残った桜の花の枯れてしまった部分だけをはさみで切りとり、一輪挿しにしてみましょう。

桜が終わるころ、ほんの少し残った桜の花の枯れてしまった部分だけをはさみで切りとり、一輪挿しにしてみましょう。

 

少し花を整理した枝はひとつひとつの花が良く見えて、また違った表情を見せてくれます。

キッチンや洗面台に飾ると穏やかな気持ちになりますね。

目次に戻る≫

生けた桜が散り際を迎えた時の楽しみ方(花びら)

桜は散った姿もまた素敵です、花びらは散る頃になると咲き始めよりも、少し濃い色に変化します。 形はよく見ると、可愛らしいハート形をしています。

桜は散った姿もまた素敵です、花びらは散る頃になると咲き始めよりも、少し濃い色に変化します。
形はよく見ると、可愛らしいハート形をしています。

 

花びらを数枚、トレーやお皿に置いて楽しんでも素敵です。また、沢山の花びらをお皿等に盛って、洗面台などに置いてみても、優しい春を感じて楽しむ事ができますよ。  散った花びらも春の名残として楽しんでみて下さいね。


花びらを数枚、トレーやお皿に置いて楽しんでも素敵です。また、沢山の花びらをお皿等に盛って、洗面台などに置いてみても、優しい春を感じて楽しむ事ができますよ。

散った花びらも春の名残として楽しんでみて下さいね。

目次に戻る≫

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「桜(さくら)を楽しもう! 花瓶に生けるコツと散り始めてからの楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ