ドライフラワーに出来る!生花のリストレット(ブレスレット)の作り方

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

リストレットというアクセサリーをご存知ですか?手首や腕に巻き付けるアクセサリーです。この手首を飾るアクセサリーを生花で自分で作ってみませんか。

今回はセルリアというとっても可愛らしいお花を使った、生花のリストレットの作り方です。使用後はドライフラワーにして飾っておけます。フレッシュのお花でリストレットを作ってみませんか。

目次

リストレットとは?

リストレットとは簡単に言うと、腕輪です。お花のリストレットとはつまり、お花で作った手首や腕につける装飾品です。  花嫁さんがリストレットブーケという形で身に着けたり、ブライズメイドがみんなして妖精のように手首にお花を巻きつけていたり、という風に使われます。ちょっと特別感のあるお花のアクセサリーです。  このリストレットを自分で作ってみませんか。今回はそのままドライに出来るセルリアのリストレットの作り方をご紹介します。フレッシュでもドライにしても可愛いセルリアのお花を使って、リストレットを作ってみましょう。

リストレットとは簡単に言うと、腕輪です。お花のリストレットとはつまり、お花で作った手首や腕につける装飾品です。

花嫁さんがリストブーケという形で身に着けたり、ブライズメイドたちが妖精のように手首にお花を巻きつけていたり、という風にブライダルシーンなどで使われます。ブライダルとは関係なく、パーティーの装いで身に着けることもあります。ちょっと特別感のあるお花のアクセサリーです。

このリストレットを自分で作ってみませんか。今回はそのままドライに出来るセルリアのリストレットの作り方をご紹介します。フレッシュでもドライにしても可愛いセルリアのお花を使って、リストレットを作ってみましょう。

▼セルリアってこんなお花

  • セルリアは南アフリカ原産の植物で、その種類は40種以上と言われています。オーストラリア原産とうたわれていることが多いようですが、実際には南アフリカの原産です。

    セルリアの中でも「セルリア・フロリダ」という品種は、故ダイアナ妃のウェディングブーケに使用されたことでも有名で、「Blushing Bride(はにかんだ花嫁)」という英名もついています。繊細なガラス細工のような花弁と、砂糖菓子のような優しい色合いが魅力のお花です。鉢植えでの流通は少なく、切り花として人気の植物です。

目次に戻る≫

生花のリストレット(ブレスレット)の作り方|材料

*お花*  ・セルリア 2本  ・アンティークカラーのアジサイ 1本  ・ペッパーベリー適宜  *資材*  ・ワイヤー #20 1/3本(ベース用)、#28 適宜(花材のワイヤリング用)  ・フローラルテープ適宜  ・お好きなリボン 手首にぐるっと回して蝶々結びが出来るくらいの長さ  ・グルーガン  リボンは数種類使っても素敵です。蝶々結びにした先を長く伸ばしたままにすると、より一層フェミニンな仕上がりになります。  さあ、セルリアのリストレットを作ってみましょう!

生花のリストレット(ブレスレット)の材料|お花

  • セルリア 2本
  • アンティークカラーのアジサイ 1本
  • ペッパーベリー適宜

 

*資材*  ・ワイヤー #20 1/3本(ベース用)、#28 適宜(花材のワイヤリング用)  ・フローラルテープ適宜  ・お好きなリボン 手首にぐるっと回して蝶々結びが出来るくらいの長さ  ・グルーガン  蝶々結びにした先を長く伸ばしたままにすると、より一層フェミニンな仕上がりになります。

生花のリストレット(ブレスレット)の|資材

  • ワイヤー #20 1/3本(ベース用)、#28 適宜(花材のワイヤリング用)
  • フローラルテープ適宜
  • お好きなリボン 手首にぐるっと回して蝶々結びが出来るくらいの長さ
  • グルーガン

目次に戻る≫

生花のブレスレット リストレット(ブレスレット)の作り方|ベース

まず、手首に巻くベースとなる部分から作ります。  ①#20ワイヤーを5㎝くらいにカットし、3~4㎝程度の幅を確保して両側を丸めて輪を作ります。  ②作った輪にリボンを通して、フローラルテープで固定します。こうすることでリボンが動かなくなるので、装着したときに安定感が出ます。

まず、手首に巻くベースとなる部分から作りましょう。

  1. #20ワイヤーを5㎝くらいにカットし、3~4㎝程度の幅を確保して両側を丸めて輪を作ります。
  2. 作った輪にリボンを通して、フローラルテープで固定します。こうすることでリボンが動かなくなるので、装着したときに安定感が出ます。
    リボンの端を長く残しておくと、装着した時にフェミニンな印象になります。リボンを数種類使うと華やかさがアップします。

目次に戻る≫

生花のブレスレット リストレット(ブレスレット)の作り方|お花編

①花を小分けにする。

①セルリアは一輪ずつ、アジサイとペッパーベリーは小房に切り分けます。この時、ワイヤリングしやすいように、茎は3~5㎜程度残しておきましょう。  ②全ての材料をワイヤリングします。  ③ワイヤリングしたものを気に入る形になるように組み合わせて、形作っていきます。  時々手首に当ててみて全体のイメージを固めながら組み合わせていきましょう。中心近くにセルリアのお花、端になるほうにアジサイがあると、ふんわりした仕上がりになります。  ここで作っている組み合わせは、リストレットの2/3の部分です。ベースに装着させてから、仕上げのお花を入れることを念頭において組み合わせてください。  ある程度の大きさになったら、先ほど作ったベースにフローラルテープで留めます。もし留めにくいようであれば、ワイヤーで固定してからテープで留めていくと安定します。  ここで、2/3くらいのボリュームが出来ていれば大丈夫。順調な進み具合です。

  • セルリアは一輪ずつ、アジサイとペッパーベリーは小房に切り分けます。この時、ワイヤリングしやすいように、茎は3~5㎜程度残しておきましょう。

 

②全ての材料をワイヤリングしましょう。

②全ての材料をワイヤリングします。

  • ワイヤリングの方法は、まずワイヤーをU字に曲げて、茎に引っ掛けます。

 

ワイヤーを2回転くらいくるくると巻き付け、固定させます

  • ワイヤーを2回転くらいくるくると巻き付け、固定させます。

 

ワイヤーを隠すように、グリーンのフローラルテープで巻きつけていきます。

  • ワイヤーを隠すように、グリーンのフローラルテープで巻きつけていきます。他の花材も同様にワイヤリングします。

 

③組み合わせて好みの形を作っていこう。

ある程度の大きさになったら、先ほど作ったベースにフローラルテープで留めます。もし留めにくいようであれば、ワイヤーで固定してからテープで留めていくと安定します。  ここで、2/3くらいのボリュームが出来ていれば大丈夫。順調な進み具合です。

  • ワイヤリングしたものを気に入る形になるように組み合わせて、形作っていきます。小さなミニブーケを作るようなイメージで、アジサイ、ペッパーベリー、セルリアを段を付けるように組み合わせます。
  • 時々手首に当ててみて全体のイメージを固めながら組み合わせていきましょう。中心近くにセルリアのお花、端になるほうにアジサイがあると、ふんわりした仕上がりになります。
  • ここで作っているお花は、リストレット全体の2/3くらいのボリュームになるようにイメージしてください。ベースに装着させてから、仕上げのお花を追加して完成させます。もう少しお花を足すことを念頭において組み合わせてください。
  • ある程度の大きさになったら、先ほどワイヤーで作ったベースにフローラルテープで留めます。ベースの上に乗せて、ワイヤー部分をテープでくるくると巻きつけて固定します。もし留めにくいようであれば、ワイヤーで固定してからテープで留めていくと安定します。
    ここで、2/3くらいのボリュームが出来ていれば大丈夫。順調な進み具合です。

目次に戻る≫

セルリアのリストレット(ブレスレット)の出来上がり!

最後にワイヤーが見えてしまう部分にグルーを使って花材を足していきます。すべてそのままドライに出来る花材ばかりですので、グルーガンで留めていっても問題ありません。余計な隙間が出来ていないか確認して、出来あがりです。  リストレットは左手首に巻き付けるなら左側にボリュームを、右手首に巻き付けるなら右側にボリュームを。体の外側になるほうにボリュームが出るようにお花を入れていくと他者からの目線にきれいに映ります。

  • 最後にベースが見えてしまう部分にグルーを使って花材を足していきます。この時の花材はアジサイのようなふんわりボリュームのあるものがベストです。ベースのワイヤーが隠れるように上から横から確認しながら花を足していきます。
    すべてそのままドライに出来る花材ばかりですので、グルーガンで留めていっても問題ありません。
  • 最後に余計な隙間が出来ていないかを確認して出来上がりです!

リストレットは左手首に巻き付けるなら左側にボリュームを、右手首に巻き付けるなら右側にボリュームを。体の外側になるほうにボリュームが出るようにお花を入れていくと他者からの目線にきれいに映ります。

目次に戻る≫

ドライフラワーにもできる!リストレット(ブレスレット)の楽しみ方

セルリアのリストレットは、手首に巻いて楽しむのはもちろん、そのままドライフラワーにもできます。  乾くと壊れやすくなるので、身に着けて歩くことはできませんが吊るして楽しむことができます。  もちろんどうしてもドライフラワーのリストレットを身に着けて歩きたいのであれば止めません。手首の動きに注意してお出かけください。

セルリアのリストレットは、手首に巻いて楽しむのはもちろん、そのままドライフラワーにもできます。乾くと壊れやすくなるので、身に着けて歩くことはできませんが吊るして楽しむことができます。

もちろんどうしてもドライフラワーのリストレットを身に着けて歩きたいのであれば止めません。手首の動きに注意してお出かけください。

目次に戻る≫

リストレットは特別なアイテムのように思われがちですが、そんなことはありません。ちょっとしたお呼ばれの時や、お洒落をしたい時など、もっと気軽に身に着けてみませんか。フレッシュのお花を身に着けるって、とっても気分が上がるものです。

難しそうで意外と簡単なセルリアのリストレット、ぜひチャレンジしてください。

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ドライフラワーに出来る!生花のリストレット(ブレスレット)の作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【LOVEGREEN 別注】ハンドクリエーション 生花用はさみ

販売価格:2,695円(税込)

蓄圧式オートスプレー(霧吹き)1.5L VOIRY

販売価格:3,080円(税込)

【再入荷】しそ栽培セット 薬味小鉢

販売価格:935円(税込)

SPECIAL

おすすめ