1つで3度は楽しめる。花屋で人気の「あの」お花たち。

LOVEGREEN STORE

LOVEGREEN STORE

このライターの記事一覧

公開日 :

育てる、飾る、作る。1つの花でも3度は楽しめる花を紹介します。花屋さんで見かける花も庭木として育てることができます。庭で育てやすいのはもちろん、剪定した枝葉や花はドライフラワーとしても楽しめる人気の樹木です。自分で育てた花でリースやスワッグを作るのも夢じゃない?

目次

スモークツリー

スモークツリー

GWが終わった5月中旬くらいから、花屋に並び始めるふわっふわの花。

まるでモクモクと立ち上る煙のような見た目が名前の由来になっています。 雌雄があり、タネを結ばない雌木の軸の部分(花柄)が長く伸びて、ふわふわとした触感と見た目になります。

 

スモークツリー

丸みを帯びた葉で秋には紅葉を楽しめます。高さは3〜4mくらいまで生長し、落葉樹なので冬は落葉します。暑さ、寒さに強く育てやすいことも人気の理由でしょう。

 

スモークフラワーのアレンジ

育てた花を切って、アレンジやブーケの花材に使えます。

 

スモークフラワーのドライフラワー

壁に吊るしておいても、綺麗なドライフラワーになります。枝ぶりが良く、花がたくさん咲いた時は、スモークツリーだけを束ねるだけでもボリュームがあり、絵になります。初夏だけに出会えるふわふわのスペシャルなブーケやスワッグを作ってみては。

▼詳しい育て方はこちら

スモークツリー

  • スモークツリーは、初夏になると穂状の花序に小さな黄色の花が無数に開花します。雌雄異株で、タネを結ばない不稔花である雌木の軸の部分(花柄)が長く伸びて、羽毛のようなふわふわとした触感と見た目になります。雄木の花柄は雌木に比べて小さいので、煙がくすぶっているようには見えません。切り花や庭木として植栽されているのは雌木です。花柄は長いもので20cm以上にもなります。開花後のスモークツリーの花柄が、煙がたっているかのように見えることが名前の由来です。庭木の他、花柄が付いた枝ものとして初夏に多数流通しています。 スモークツリーは花柄だけでなく、葉も魅力的で、紅葉も美しい樹木。暑さ寒さにも強く、手入れが簡単なこともあり、おしゃれな庭木として人気です。ウルシ科のため、剪定した際の切り口に素手で触れるとかぶれることがあります。ヤニもあるので、作業で触る際には手袋をするようにしましょう。 ▼スモークツリーの関連記事はこちら スモークツリー|初夏に花が咲くおしゃれな庭木 スモークツリー トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「スモークツリー」。初夏に咲く、ふわふわした花が魅力的… 戸松敦子 2022.05.31 庭木・シンボルツリー

 

目次に戻る≫

カシワバアジサイ

カシワバアジサイ

丸いシルエットではなく、ピラミッドのようなシルエットをしたアジサイです。5月〜7月頃、アジサイと同じ時期に花を咲かせます。

 

カシワバアジサイの葉

葉の形が柏に似ていることが「カシワバ」の由来です。「スノーフレーク」は咲き進むにつれて色が変わります。咲き始めの花は淡いライムグリーン色をしていますが、徐々に雪のように清楚な純白色へ変化します。 高さは1〜2mくらいに生長します。

▼詳しい育て方はこちら

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)

  • カシワバアジサイは、カシワの葉のような形の大きな葉とピラミッド形に咲く花が特徴のあじさいの仲間です。花は隙間なく密に咲きます。一重咲きの他、八重咲き品種も出回っています。カシワバアジサイは花も美しいですが、秋の紅葉もとても美しい花木です。

 

目次に戻る≫

ミモザ アカシア プルプレア

ミモザ

鮮やかな黄色い花で、人気のミモザ。寒い冬の終わりを告げ、春がきたことを知らせてくれるような春の代表花と言っても過言ではないのではないでしょうか。

そんな人気の花も庭で育てることができます。 花だけではなく葉にも注目。常緑で、葉色が変化するのも魅力です。

 

ミモザの葉

新芽は寒さに反応してパープル系になり、夏は銀色を帯びた緑色の葉を楽しめます。

 

ミモザ

もちろん花や枝葉を切ってアレンジに使ったり、ドライフラワーを作ったりすることもできます。大きく育った時は大切な人へプレゼントしても。

▼詳しい育て方はこちら

ミモザ(アカシア)

  • 「ミモザ」はギンヨウアカシアやフサアカシアなど、黄色い房状の花を咲かせるマメ科アカシア属の総称です。シルバーリーフと呼ばれる銀色がかったグリーンの葉が特徴的な半落葉~常緑高木です。本来の「ミモザ(mimosa)」はオジギソウの学名ですが、黄色の房状の花が咲くアカシアの仲間の呼び名として使われています。 ミモザ(アカシア)は庭木としても人気です。銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しい樹木です。ただしミモザ(アカシア)は庭植えにすると非常に大きくなるので、植える場所を考える他に毎年の剪定が必要になります。 3/8は国際女性デーといって、女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定しています。この日はイタリアでは「女性の日」とされ、女性への日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザ(アカシア)の花を贈る習慣があります。日本でも「ミモザ(アカシア)の日」とされ、女性へミモザ(アカシア)の花を贈る習慣が定着しつつあります。

 

目次に戻る≫

育てて、アレンジして。さらにはドライフラワーにもなる花たち。1つで3度は楽しめます。鉢植えもあるので、お庭やベランダの広さに合わせて育ててみませんか。

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「1つで3度は楽しめる。花屋で人気の「あの」お花たち。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN STORE
LOVEGREEN STORE

LOVEGREEN STOREは植物と暮らしのWEBメディアLOVEGREENがお送りするオンラインストアです。おすすめの商品情報などを配信します。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス