家庭菜園特集

日持ちする花を最後まできれいに見せる4つのお手入れポイント

金子三保子

金子三保子

公開日 :

生花は種類によって花の日持ちが様々です。今回は、もともと日持ちのするお花を最後まできれいに見せる4つのお手入れポイントをご紹介します。
スプレーストック  冬から春に出回る花で日持ちのするお花のひとつ、ストック。ストックは、1本の花に1つの穂状の花、スプレーストックは、1本の花に枝分かれして咲いている花を言います。  咲き方は一重咲きと八重咲きがありますが、花市場に出回っているのは、最近はほとんどは八重咲きです。  このストックは、お手入れをきちんとすれば、とても日持ちのする花材のひとつです。色は、ピンク系、写真ようなクリームイエロー、白、紫系など色数も豊富です。ピンクと紫は、カラーバリエーションもたくさんあります。

スプレーストック

冬から春に出回る花で日持ちのするお花のひとつ、ストック。ストックは、1本の花に1つの穂状の花、スプレーストックは、1本の花に枝分かれして咲いている花を言います。

咲き方は一重咲きと八重咲きがありますが、花市場に出回っているのは、最近はほとんどは八重咲きです。

このストックは、お手入れをきちんとすれば、とても日持ちのする花材のひとつです。色は、ピンク系、写真ようなクリームイエロー、白、紫系など色数も豊富です。ピンクと紫は、カラーバリエーションもたくさんあります。

日持ちする花を最後まできれいに保つ4つのポイント

1.水を清潔に保つ

花瓶の水は茎が浸かっているため、何日もそのままにしていると汚れてきます。水が汚れれば、そこに生けてある花の切り口が腐ってくるため、日持ちする花でも枯れてしまいます。まめに花瓶の水を取り替える、もしくは切り花延命剤などを利用して、花瓶の水を清潔に保ちましょう。また、花瓶に花を生けた時に、水に浸かる部分の葉っぱは必ず取りましょう。花瓶に葉っぱが入っていると、水が腐る原因になります。

2.少しずつ花の茎を切り戻す

生花は茎の切り口から給水して、花まで水を吸い上げています。切り口はずっと水に浸かっているため、水を清潔にしていても、数日たつとどうしても切り口からの給水力は弱まります。これを避けるために、少しずつ茎を切り戻して、常に切り口を新鮮な状態にして、水の吸い上げを良くします。ほとんどの花は、1と2をすれば、その花の終わりまで長く楽しめます。

3.1本の花にたくさんの花がついていて順々に咲く花のお手入れ

今回ご紹介するスプレーストックは、とても日持ちのする花です。1本の花にたくさんの花が穂状についている咲き方で、すべてのお花がいっぺんに咲くのではなく、下から順に開花する花です。そのため、枯れた花を手入れしないと、まだまだつぼみがあるのに、枯れた花のように見えがちになります。

写真のように、スプレーストックの終わった花は、かさかさ、しわしわになってきます。この終わった花をつけたままにしていると、見た目的にどうしても枯れた花のように見えてしまいます。それを避けるため、切り戻しをする時に、終わった花を取り去ることが重要です。ちょっと手間ですが、この作業をやるとやらないのとでは、見た目の美しさががぜん差が出ます。

写真のように、スプレーストックの終わった花は、かさかさ、しわしわになってきます。この終わった花をつけたままにしていると、見た目的にどうしても枯れた花のように見えてしまいます。それを避けるため、切り戻しをする時に、終わった花を取り去ることが重要です。ちょっと手間ですが、この作業をやるとやらないのとでは、見た目の美しさががぜん差が出ます。

4.色が変わってきた葉っぱを取り除く

日持ちのする花によくあることですが、花より葉っぱのほうが先にダメになることがあります。花の種類によって、葉っぱが黄色くなったり、黒くなったり・・・。

ストックは、生けてしばらくすると、写真のように黄色くなる葉っぱが出てきます。黄色くなった葉っぱが緑に復活することはないので*の部分の黄色くなった葉を取り去ります。

ストックは、生けてしばらくすると、写真のように黄色くなる葉っぱが出てきます。黄色くなった葉っぱが緑に復活することはないので*の部分の黄色くなった葉を取り去ります。

 

メンテナンス後、終わった花と黄色い葉っぱを取った状態。すっきりきれいになりました!

メンテナンス後、終わった花と黄色い葉っぱを取った状態。すっきりきれいになりました!

 

つぼみがたくさん!まだまだ楽しめます。

つぼみがたくさん!まだまだ楽しめます。

 

マム(菊)、スプレーマム(スプレー菊)も、花より葉っぱが先にダメになる花です。黒くなった葉っぱは、取り去るといいですよ。

マム()、スプレーマム(スプレー)も、花より葉っぱが先にダメになる花です。黒くなった葉っぱは、取り去るといいですよ。

 

いかがでしたか?

今回のお手入れをやるとやらないのとでは、同じ日に買った花でも日持ちが変わります。

買った花を長く楽しんでいただくために、どうそお試しください!

 

編集部のおすすめ

 

 

関連ワード

「日持ちする花を最後まできれいに見せる4つのお手入れポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ