ルリマツリ(プルンバゴ)の育て方!病害虫や花を次々咲かせるコツ

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

ルリマツリ(プルンバゴ)は、爽やかなブルーの花を春から秋まで繰り返し楽しめる丈夫で育てやすい植物です。花径2~3㎝程度の花を多数、手毬状に咲かせとても人気があります。育てるコツを覚えてかわいい花を次々咲かせて楽しみましょう。

目次

ルリマツリはどんな植物?

ルリマツリは、イソマツ科の半耐寒性常緑低木で、開花期は5月~10月です。別名プルンバゴとも呼ばれます。花色は、青紫と白があります。日当たりと風通しが良く、水はけの良い用土を好みます。  樹高は、50cm~1.5mです。半つる性なので、背が高くなってくると枝先が少し垂れてきます。支柱やトレリス、お庭の柵などにやわらかくよりそって育っている姿がよく見られます。

ルリマツリは、イソマツ科の半耐寒性常緑低木で、開花期は5月~10月です。別名プルンバゴとも呼ばれます。花色は、青紫と白があります。日当たりと風通しが良く、水はけの良い用土を好みます。

樹高は、50cm~1.5mです。半つる性なので、背が高くなってくると枝先が少し垂れてきます。支柱やトレリス、お庭の柵などにやわらかくよりそって育っている姿がよく見られます。

目次に戻る≫

ルリマツリの育て方

屋外の日の良く当たる、風通しの良い場所で育てて下さい。日があまり当たらないと、花付きや生育が悪くなります。関東以西の温暖な地域では、戸外で冬越しが可能です。霜が降りる地域は、室内に取り込む必要があります。

水やりは、土の表面が乾き始めたらたっぷりとあげてください。真夏の水やりは、朝または夕方涼しい時間帯にしましょう。真夏の日中に水をあげると蒸れてしまうのでおすすめしません。
一方、冬は地上部が枯れますが、根は生きているので忘れずにお水をあげましょう。冬の水やりは寒い時間帯だと根が凍ってしまうので、暖かい時間帯にあげてください。冬はやや乾燥気味で大丈夫です。

肥料は植え付け時に与え、その後は花が次々と咲く時期は、水やりを兼ねて液体肥料を週に1回程度施すか、緩効性肥料を月に1回程度あげましょう。冬は必要ありません。 

目次に戻る≫

ルリマツリの花を次々咲かせるコツ

これはルリマツリのつぼみです。今から咲き出します。

これはルリマツリのつぼみです。今から咲き出します。

 

こんな風に花が咲きます。

こんな風に花が咲きます。

 

そして、咲き終わった花がらがこちらです。

そして、咲き終わった花がらがこちらです。

 

ルリマツリの花を次々と咲かせるためには、咲き終わった花がらを早めに取ることが大切です。はさみを使って、咲き終わった花の花首からこまめに摘み取りましょう。切るときは、新しい花芽が出てきている部分を見つけてその上の部分でカットすると、すぐに次の花が咲きます。  これから咲くつぼみを間違えてカットしないようにしましょう。  大きくなりすぎて困る場合は、枝をかなり短く切り詰めても大丈夫です。節々からよく芽を出してくれます。

ルリマツリの花を次々と咲かせるためには、咲き終わった花がらを早めに取ることが大切です。はさみを使って、咲き終わった花の花首からこまめに摘み取りましょう。切るときは、新しい花芽が出てきている部分を見つけてその上の部分でカットすると、すぐに次の花が咲きます。

これから咲くつぼみを間違えてカットしないようにしましょう。

大きくなりすぎて困る場合は、枝をかなり短く切り詰めても大丈夫です。節々からよく芽を出してくれます。

目次に戻る≫

\続いて、ルリマツリがかかりやすい病害虫を紹介します!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ルリマツリ(プルンバゴ)の育て方!病害虫や花を次々咲かせるコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ