ジューンベリーの葉が丸く切り取られた?犯人とそんな時の対処法

山田智美

山田智美

公開日 :

花も実も可愛いジューンベリーの木。果実が終わって葉っぱだけになっても可愛らしい、庭木として大人気の果木です。

そんな可愛いジューンベリーの葉っぱがある日無惨(むざん)にも穴だらけになっていたら、びっくりしますよね。友人宅のジューンベリーの木に実際に起こった不思議な出来事をご紹介します。

目次

ジューンベリー基本情報

ジューンベリーに起こった不思議なこと

ジューンベリーに可愛いお客様

犯人の正体はハキリバチ

最終的にはアート作品

 

ジューンベリー基本情報

学名: Amelanchier  科名:バラ科  和名:セイヨウザイフリボク  分類:落葉小高木  春、桜が咲き始めるよりも少しだけ早く、ジューンベリーの花は咲き始めます。白い小さな花をふわりと枝いっぱいに咲かせます。葉が出てくるのはその後。お花が終わってから、丸い形の柔らかい葉を茂らせていきます。  名前の通り、6月頃にきれいな赤黒い果実をたわわに実らせます。小さな丸い果実が赤く色づき始め、それから黒に近い赤に変わっていきます。そのまま摘んで食べてもおいしい実ですし、ジャムや果実酒にする楽しみ方もあります。

学名: Amelanchier

科名:バラ科

和名:セイヨウザイフリボク

分類:落葉小高木

春、桜が咲き始めるよりも少しだけ早く、ジューンベリーの花は咲き始めます。白い小さな花をふわりと枝いっぱいに咲かせます。葉が出てくるのはその後。お花が終わってから、丸い形の柔らかい葉を茂らせていきます。

名前の通り、6月頃にきれいな赤黒い果実をたわわに実らせます。小さな丸い果実が赤く色づき始め、それから黒に近い赤に変わっていきます。そのまま摘んで食べてもおいしい実ですし、ジャムや果実酒にする楽しみ方もあります。

ジューンベリー

  • ジューンベリーは、名前の通り6月に赤い果実をつける落葉小高木です。春の終わり咲く桜に似た白い花、新緑、初夏の小さな宝石のような果実、秋の紅葉と四季折々に楽しむことのできる果樹です。果実はほんのりとした酸味と甘みがあり、いい香りです。耐寒性・耐暑性があり、自家結実性があるので1本で収穫することができます。

目次に戻る≫

ジューンベリーに起こった不思議なこと

花も実も可愛いジューンベリーの木。果実が終わって葉っぱだけになっても可愛らしい、庭木として大人気の果木です。  そんな可愛いジューンベリーの葉っぱがある日無惨(むざん)にも穴だらけになっていたら、びっくりしますよね。友人宅のジューンベリーの木に実際に起こった不思議な出来事をご紹介します。

 

2017年7月、友人宅のジューンベリーにある日不思議なことが起こりました。気がついたら、葉っぱが丸く切り取られているのです。友人は最初に青虫の類の食害を心配しました。せっかく育てているジューンベリーの木を丸坊主にされたのではたまりません。けれど、青虫の類は発見できませんでした。

夏は緑が生長する季節です。同時に害虫被害も多くなる季節です。友人は経過観察に余念がありませんでした。日に日に葉は齧り(かじり)取られていきます。それでも青虫の類は見つかりませんでした。

目次に戻る≫

ジューンベリーに可愛いお客様

とうとうある日、犯人を見つけました。現行犯です。パリパリという音を立てながら、ジューンベリーの葉を上手に丸く噛み切っています。  現行犯ですがあまりに可愛くて、捕まえるよりも写真を撮る方に集中してしまったそうです。

とうとうある日、犯人を見つけました。現行犯です。パリパリという音を立てながら、ジューンベリーの葉を上手に丸く噛み切っています。

現行犯ですがあまりに可愛くて、捕まえるよりも写真を撮る方に集中してしまったそうです。

目次に戻る≫

犯人の正体はハキリバチ

調べたところ、このお客様の正体は「ハキリバチ」という蜂の仲間でした。ハキリバチの仲間は種類が多くて種を限定するのは難しいので、ハキリバチという総称で呼ばせてもらいます。

調べたところ、このお客様の正体は「ハキリバチ」という蜂の仲間でした。ハキリバチの仲間は種類が多くて種を限定するのは難しいので、ハキリバチという総称で呼ばせてもらいます。

ハキリバチの仲間は食用にするために葉を切り取っているわけではありません。この切り取った葉を俵型に丸めて巣を作るそうです。巣はホースや竹筒など、チューブ状になっているものの中に作られます。チューブの形に合わせて葉を丸めて入れて、その葉の中に花粉や蜜と一緒に卵を産み付けます。

ハキリバチの仲間は食用にするために葉を切り取っているわけではありません。この切り取った葉を俵型に丸めて巣を作るそうです。巣はホースや竹筒など、チューブ状になっているものの中に作られます。チューブの形に合わせて葉を丸めて入れて、その葉の中に花粉や蜜と一緒に卵を産み付けます。

まだ切り取ってます。まだまだ切り取ります。必要な分が集まるまで、何度でも足繁く通ってきます。近くで人間が見ていてもお構いなしです。パリパリと小さな音を立てて葉っぱをまあるく切り取っていきます。

まだ切り取ってます。まだまだ切り取ります。必要な分が集まるまで、何度でも足繁く通ってきます。近くで人間が見ていてもお構いなしです。パリパリと小さな音を立てて葉っぱをまあるく切り取っていきます。

目次に戻る≫

最終的にはアート作品

一通り必要な葉を集め終わったのでしょう。ハキリバチはある日を境にぱったりと来なくなってしまいました。ハキリバチが残していった跡がこの写真です。無残なまでに穴だらけ、と言いたいところですが、ここまできれいに切り取られたら、もう「芸術的!」と感嘆したくなります。

一通り必要な葉を集め終わったのでしょう。ハキリバチはある日を境にぱったりと来なくなってしまいました。ハキリバチが残していった跡がこの写真です。無惨(むざん)なまでに穴だらけ、と言いたいところですが、ここまできれいに切り取られたら、もう「芸術的!」と感嘆したくなります。

目次に戻る≫

この虫がやってきたときの対処法は、放っておくことです。ハキリバチは、ミツバチの類です。葉っぱを切り取って行くだけで他には何の害もありません。それどころか、お花の花粉を運んでくれる、花粉媒介者でもあるのです。見かけたらゆっくり観察してみてください。葉っぱを切り取る可愛い現場を押さえられるかもしれませんよ。

 

▼編集部のおすすめ

 

IFEX 日本最大級200者が出店!花・植物・ガーデンの商談展
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「ジューンベリーの葉が丸く切り取られた?犯人とそんな時の対処法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

おすすめ