伸びすぎたら・・・ミントの切り戻し剪定をやってみよう!

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

春から初夏に植えたミントの鉢植えは、梅雨入りとともに株が乱れてきた方も多いのでは?そんな時にやった方がいい作業、「切り戻し」をご紹介します。

目次

ミントの切り戻し

ミントのランナー

ミントの花が見たい場合は・・・

剪定でカットしたハーブの利用法

ミントの切り戻し

ミントを健康的な株に保つために、定期的に茎を半分から三分の一程度、剪定する方法です。時期に決まりがあるわけではなく、茎が伸びるごとにやればよいのですが、日本は梅雨に雨と湿気で株が蒸れやすいので、一般的に梅雨入り前から梅雨の間に剪定をするのがベストなタイミングです。

梅雨の頃に切り戻すと、次にやってくる真夏も、植物にとってはストレスになるため、植物にとって一番厳しい梅雨から夏にすっきりと風通しのよい株姿で管理をすると、健康な状態で秋を迎えることができるという利点があります。最初は、こんなバッサリと切ってしまっていいの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、逆にどんどん切った方がすっきりとした株になります。

イングリッシュスペアミント

イングリッシュスペアミント

かなり伸びて暴れた状態なので切り戻しをします。

 

伸びた茎を全体的に切ります。茎の半分くらいでもよいですし、もっと地際で切ってしまっても大丈夫です。剪定後、しばらくすると新しい芽がどんどん出てきます。

切り戻し

伸びた茎を全体的に切ります。茎の半分くらいでもよいですし、もっと地際で切ってしまっても大丈夫です。剪定後、しばらくすると新しい芽がどんどん出てきます。

目次に戻る≫

ミントのランナー

植えてしばらくすると、ミントはランナーが出てきます。ランナーとは、匍匐枝(ほふくし)と呼ばれるツルで、株元から伸びたランナーの葉っぱの下が発根して根付き、新しい株として増えていきます。ランナーは鉢の中に誘導しておかないと、鉢から外に飛び出して、地面に接地すると、しばらくすると根付いてしまいます。鉢の中に収めるか、カットします。

植えてしばらくすると、ミントはランナーが出てきます。ランナーとは、匍匐枝(ほふくし)と呼ばれるツルで、株元から伸びたランナーの葉っぱの下が発根して根付き、新しい株として増えていきます。ランナーは鉢の中に誘導しておかないと、鉢から外に飛び出して、地面に接地すると、しばらくすると根付いてしまいます。鉢の中に収めるか、カットします。

ミントは、地下茎を伸ばして増えていきますが、地上でもランナーが出て増えていく、大変繁殖力の強いハーブです。増やしたい方は地植えにしても構いませんが、環境にあうと、地下と地上の両方から増えていくので、ものすごい勢いで増えていくのでご注意ください。このことから「爆殖植物」などと表現されることもあります。ミントに限らず、地下茎で増えるタイプの植物は、一度地植えしてから、増えた時点で整理するのがとても大変です。

ミントを限られたスペースで育てたい方は、鉢植えで育てることをおすすめします。

ミントを限られたスペースで育てたい方は、鉢植えで育てることをおすすめします。

目次に戻る≫

ミントの花が見たい場合は・・・

ミントは7月ごろ、とてもかわいい花が咲きます。もし花を見るために育てる場合は、初夏に切り戻してしまうと花を見ることができません。花が見たい方は、茎をすいていく要領で、切るものと切らないものを決めて剪定して、株が蒸れないようにしていきます。

ミントは7月ごろ、とてもかわいい花が咲きます。もし花を見るために育てる場合は、初夏に切り戻してしまうと花を見ることができません。花が見たい方は、茎をすいていく要領で、切るものと切らないものを決めて剪定して、株が蒸れないようにしていきます。

目次に戻る≫

剪定でカットしたハーブの利用法

ミントはお茶などの飲食用で使うほか、アレンジのグリーンとして利用できます。ミントと花を一緒に生けると、水が汚れにくくなるので花が長持ちします。夏場のアレンジのグリーンとして、おすすめの葉っぱです。

ミントはお茶などの飲食用で使うほか、アレンジのグリーンとして利用できます。ミントと花を一緒に生けると、水が汚れにくくなるので花が長持ちします。夏場のアレンジのグリーンとして、おすすめの葉っぱです。

目次に戻る≫

全体的に切り戻さなくても、伸びすぎて株元が黄色くなってしまったミントの茎があったら、地際で切り戻しておくと、きれいな株を維持できます。お試しください!

 

▼編集部のおすすめ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「伸びすぎたら・・・ミントの切り戻し剪定をやってみよう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ