ブルーベリーの挿し木での増やし方!剪定した枝を使ってみました。

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

真夏の庭に氷が霜ついたように白いブルームという粉を纏(まと)って涼しそうに実るブルーベリーの様子は夏の暑さを少し和らげてくれる夏の果実です。収穫が終わる頃、夏のお日様に急がされる様に勢いよく伸びた枝は、7月~8月、この季節に剪定します。ブルーベリーは挿し木で増やす事が出来ます。今回は剪定した枝を使った挿し木のやり方をご紹介致します。

目次

ブルーベリーの挿し木と時期について

まず、夏の間に伸びたブルーベリーの枝を剪定

ブルーベリーの枝を挿し木用に準備する

挿し木をする土と鉢の準備

挿し木をしてみよう

挿し木が終わった後の管理の仕方

挿し木した挿し穂から新芽

ブルーベリーの挿し木と時期について

挿し木ってなに? 挿し木とは、枝を一部切り取って、根が生えていない枝から発根させて増やす方法です。観葉植物や多肉植物、種からでは育ちにくい植物や種から育てると大きくなるまで時間がかかってしまう植物に用いる事が出来ます。  ブルーベリーの挿し木の時期 ブルーベリーの挿し木は一年中出来る植物ですが、年間の中で適した季節が2度あります。  生長が速く勢いよく伸びる枝が多い、夏の剪定後の7月~8月と収穫期が終わり休眠期に入る前の剪定後の11月~12月が最適な季節です。いずれも今年伸びた若い枝を使い挿し木します。

挿し木とは、枝を一部切り取って、根が生えていない枝から発根させて増やす方法です。観葉植物や多肉植物、種からでは育ちにくい植物や種から育てると大きくなるまで時間がかかってしまう植物に用いる事が出来ます。

ブルーベリーの挿し木の時期

ブルーベリーの挿し木は一年中出来る植物ですが、年間の中で適した季節が2度あります。

生長が速く勢いよく伸びる枝が多い、夏の剪定後の7月~8月と収穫期が終わり休眠期に入る前の剪定後の11月~12月が最適な季節です。いずれも今年伸びた若い枝を使い挿し木します。

目次に戻る≫

まず、夏の間に伸びたブルーベリーの枝を剪定してみよう

ブルーベリーの剪定は夏の間は収穫期の7月~8月にかけて行われます。枝はこのようにスッと伸び伸びと今年育った枝を見つけたら、茎の根元から剪定します。

ブルーベリーの剪定は夏の間は収穫期の7~8月にかけて行われます。枝はこのようにスッと伸び伸びと今年育った枝を見つけたら、茎の根元から剪定します。

 

もと枝から出ている新しい枝を根元からカットします。

古くからある枝から出ている、新しい枝を根元からカットします。

 

カットした2本の枝、今回は品種の違う2枝を挿し木で増やして行きたいと思います。自家不和合成(ジカフワゴウセイ)といって違う品種の花粉に反応して実をみのらせる為、実をみのらせるためには、2種類以上の違う品種を一緒に植える必要があります。

カットした2本の枝、今回は品種の違う2枝を挿し木で増やして行きたいと思います。自家不和合成(ジカフワゴウセイ)といって違う品種の花粉に反応して実をみのらせる為、実をみのらせるためには、2種類以上の違う品種を一緒に植える必要があります。

目次に戻る≫

ブルーベリーの枝を挿し木用に準備する

剪定した長い枝は短くカットします。短くカットした枝の事を「挿し穂」と言います。

剪定した長い枝は短くカットします。短くカットした枝の事を「挿し穂」と言います。

 

10㎝程に枝を切り揃えます。

「挿し穂」は10㎝程に枝を切り揃えます。

 

10㎝に切りそろえた枝は上に付いた2枚の葉を残して、下の方に付いた葉は実家として落とします。

 10㎝に切りそろえた枝は上に付いた2枚の葉を残して、下の方に付いた葉は水分の蒸発を防ぐため落とします。

 

カットした枝はナイフやハサミ等で枝先きを鋭く斜めに尖らせます。

カットした枝はナイフやハサミ等で枝先きを鋭く斜めに尖らせます。

 

下葉を落とした枝はお水の中に3~4時間程浸けてたっぷりと水を含ませます。

下葉を落とした枝はお水の中に3~4時間程浸けてたっぷりと水を含ませます。

※発根促進剤という発根を助ける薬剤を使用すると、より簡単に発根させる事が出来ます。その際は農作物等にも使用出来る薬剤をおすすめ致します。

目次に戻る≫

挿し木をする土と鉢の準備

準備するモノ ・ピートモス ・鹿沼土 ・植木鉢(柔らかめ) ・サランラップ或いはビニール袋 ・輪ゴム

準備するもの

・ピートモス

・鹿沼土

・植木鉢(柔らかめ)

・サランラップ或いはビニール袋

・輪ゴム

土の準備

 ピートモスを適量準備します。ピートモスは保水力があり、通気性も良く、根に酸素を供給します。挿し木をする場合、土を乾かさない様に保必要があるため、保水力があるピートモスが適しています。

ピートモスを適量準備します。ピートモスは保水力があり、通気性も良く、根に酸素を供給します。挿し木をする場合、土を乾かさない様に保必要があるため、保水力があるピートモスが適しています。

 

 ピートモスに適量の水を含ませます、手で握って崩れない程度の湿り気を与えましょう。

ピートモスに適量の水を含ませます、手で握って崩れない程度の湿り気を与えましょう。

 

 鹿沼土をピートモスと同じくらい準備します。厳密でなくても大丈夫です。水を含ませたピートモスに1:1の割合で混ぜ合わせます。鹿沼土も保水力があり水はけが良い為、挿し木に適しています。

鹿沼土をピートモスと同じくらい準備します。厳密でなくても大丈夫です。水を含ませたピートモスに1:1の割合で混ぜ合わせます。鹿沼土も保水力があり水はけが良い為、挿し木に適しています。

 

ピートモスと鹿沼土を良く混ぜ合わせます。

ピートモスと鹿沼土を良く混ぜ合わせます。

 

鉢の準備

挿し木する枝より少し高さがある鉢を準備します。

挿し木する枝より少し高さがある鉢を準備します。

 

今回は真夏の間に挿し木をして育てる為、直射日光が避けられるように鉢の中が陰になり、風通しが良い鉢を作ってみる事にしました。カッターやハサミなどでカットしやすい、やわらかめの鉢を準備し、風が通る用に窓を空けます。植木鉢の代わりに発砲スチロールの箱でも出来ると思います。

今回は真夏の間に挿し木をして育てる為、直射日光が避けられるように鉢の中が陰になり、風通しが良い鉢を作ってみる事にしました。カッターやハサミなどでカットしやすい、やわらかめの鉢を準備し、風が通る用に窓を空けます。植木鉢の代わりに発砲スチロールの箱でも代用が出来ます。

 

鉢のまわりに適度に窓を開けます。カッターやハサミ等を上手く使って開けてみましょう。 ※・・・手を切らない様に気をつけて作業を行いましょう。

鉢のまわりに適度に窓を開けます。カッターやハサミ等を上手く使って開けてみましょう。

※手を切らない様に気をつけて作業を行いましょう。

 

四方に窓を作り終わったら鉢の完成です。

穴が空きましたら、鉢は完成です。

土と鉢の準備

ブレンドした土を準備した植木鉢の窓よりも下の位置で深さ5㎝程土を入れたら、土と鉢の準備は完成です。

ブレンドした土を準備した植木鉢の窓よりも下の位置で深さ5㎝程土を入れたら、土と鉢の準備は完成です。

 

ブルーベリー ピートモス

 

プロトリーフ 硬質鹿沼土 5L

 

目次に戻る≫

挿し木をしてみよう

挿し芽をする場合は、赤丸の付いている1節目と2節目が土の上に出る様に茎を2㎝~3㎝土の中に差し込みます。

挿し木をする場合は、赤丸の付いている1節目と2節目が土の上に出る様に茎を2㎝~3㎝土の中に差し込みます。

 

準備した土に挿し木をします。水につけていた「挿し穂」を一つ一つ土に挿していきます。挿し木をするときに、発根促進剤をつけると簡単に根を出す事が出来ますが、発根促進剤には種類があり、実ったブルーベリーを食す場合は化学合成されていない野菜等にも使用可能な発根促進剤がおススメです。発根の率が高い為すぐに育てる事ができます。また、発根促進剤の種類によっては果物や野菜等、食用植物には向かない身体に影響のあるものもありますので、選ぶ際にはお気をつけて、メーカーの注意書きなどを参考にしながら選んでみて下さい。

準備した土に挿し木をします。水につけていた「挿し穂」を一つ一つ土に挿していきます。

 

 残りのブルーベリーも挿し木します。

 残りのブルーベリーも挿し木します。

 

 全部挿し木が終わったら、土を落ち着かせる為、植木鉢の底から水が出てくるまで水を与えます。

 全部挿し木が終わったら、土を落ち着かせる為、植木鉢の底から水が出てくるまで水を与えます。

 

 水をあげたら、水分の蒸発を防ぐため、鉢の上からサランラップやビニールをかぶせます。その際、鉢に開けた窓をサランラップやビニールで塞(ふさ)がないように注意しながらかぶせ、輪ゴムなどで止めたら完成です。その後、直射日光の当たらない場所で管理し、鉢の水は乾かさない様に、しっかりと管理し与えましょう。

水をあげたら、水分の蒸発を防ぐため、鉢の上からサランラップやビニールをかぶせます。その際、鉢に開けた窓をサランラップやビニールで塞(ふさ)がないように注意しながらかぶせ、輪ゴムなどで止めたら完成です。その後、直射日光の当たらない場所で管理し、鉢の水は乾かさない様に、しっかりと管理し与えましょう。

目次に戻る≫

挿し木が終わった後の管理の仕方

■ 挿し木後は日陰の風通しの良い場所に置きます。  ■水やりは常に土が湿っている様に乾かさない様に水を与えます。  ■挿し木をしてから2~3ヶ月、発芽に時間がかかります。発芽したら一緒に根も出てきている証拠なので、葉の数が増えるまではそのまま様子を見ます。  ブルーベリーの挿し木の植え替え 数枚の葉が出てきて成長し始めてきたら、11月~3月の間に、1枝づつ新しい鉢に植え替えます。その際の土の割合はピートモスを全体の半分の量に対して、赤玉土(小粒)と腐葉土を半量ずつを混ぜ合わせる土を作り、元肥を加え植え替えてみて下さい。市販のブルーベリー専用の土を使用しても簡単に植え替えることが出来ます。

■ 挿し木後は日陰の風通しの良い場所に置きます。

■水やりは常に土が湿っている様に乾かさない様に水を与えます。

■挿し木をしてから早ければ2週間程で発芽しますが、2~3ヶ月、様子を見て下さい。発芽したら一緒に根も出てきている証拠なので、葉の数が増えるまではそのまま様子を見ます。

ブルーベリーの挿し木の植え替え

数枚の葉が出てきて成長し始めてきたら、11月~3月の間に、1枝づつ新しい鉢に植え替えます。その際の土の割合はピートモスを全体の半分の量に対して、赤玉土(小粒)と腐葉土を半量ずつを混ぜ合わせる土を作り、元肥を加え植え替えてみて下さい。市販のブルーベリー専用の土を使用しても簡単に植え替えることが出来ます。

目次に戻る≫

挿し木した挿し穂から新芽

挿し木してから、2週間程で新芽が出て来ました。

挿し木してから、2週間程で新芽が出て来ました。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ブルーベリーの挿し木での増やし方!剪定した枝を使ってみました。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ