ベランダでも挑戦したい!寒さに比較的強い果樹3選

櫻井彩乃

櫻井彩乃

このライターの記事一覧

公開日 :

鉢で育てることができる果樹は、お庭でなくてもベランダなどのスペースで育てることができるだけでなく、寒さが厳しい地域などは、霜が当たりにくい場所に移動することも可能です。

今回は、0℃以下でも比較的耐えることのできるオススメの果樹をご紹介します!

 

ブルーべリー

LOVEGREEN編集部でも昨年の寒い時期に購入して、鉢でよく成長しています。

ホームセンターでもよく見かけるブルーベリーの木。とっても人気の果樹なんです。

種類にもよりますが、植え付けは12月~。ブルーベリーの種類にはハイブリッシュ系とラビットアイ系の2系統あり、系統内で2種の木がないと実がつきません。

ブルーベリー

  • ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹で、種類は200~300種あると言われています。低木なのでベランダや鉢植えでも育てやすい果樹のひとつです。ブルーベリーは虫が付きにくく無農薬でも栽培しやすいのでとても人気があります。

    ブルーベリーは果実だけでなく、かわいらしい花や紅葉も楽しめるので、1年を通して変化も見ることができるのも魅力のひとつです。

    ブルーベリーは1品種の苗木でも結実しなくはないですが、たくさん収穫したいなら同一系統の2品種を植えるとよいでしょう。

 

オススメ品種

ハイブリッシュ系(寒さに強い)

オオツブホシ・スパルタン・ブルーレイ・サンシャインブルーなど

ラビットアイ系(暑さに強い)

クライマックス・ホームベル・ブライトウェル・ティフブルーなど

 

レモン

無農薬で栽培できることもあってとても人気があります。一本で果実がなり病害虫がつきにくいのが魅力的です。

果樹の中では寒さに弱いので、鉢植えにして寒い地域は冬は室内で育てることをおすすめします。

柑橘系の花は香りもいいので、ぜひ体験してもらいたいです。

レモン(檸檬)

  • レモンは、ミカン科ミカン属の常緑低木です。木があまり高くならないので、ベランダでも育てやすい果実のひとつです。芳香のある白い可愛らしい花を咲かせます。果実は卵型で酸味があります。果皮にも香りがあり、グリーンから熟すと明るい黄色に変化します。

    病害虫も比較的つきにくいためご家庭でも育てやすいです。温暖な気候でよく育ちますが、柑橘類の中で寒さにそんなに強くはないため、鉢植えで管理のほうが育てやすい場合もあります。

    果実はビタミン、カルシウム、カリウムなど栄養も豊富です。

 

オススメ品種

リスボン
レモンの品種の中では比較的寒さに強いが、枝が良く伸びるので育てるスペースや環境に合わせて剪定しましょう。

マイヤーレモン
寒さに強い方で実がつきやすく、初めてでも挑戦しやすいです

 

 

ブラックベリー

ブルーベリーと同じぐらいの人気があるブラックベリー。小さく仕立てても実がつくのでスペースを取れないおうちにもおすすめの果樹です。また、1本で果実がなるのが魅力的です。

管理をしっかりすると、毎年多くの実をつけてくれます。

ブラックベリー

  • 初夏に黒い実をつける落葉性のツル植物です。生食でも加工するのにも向いています。性質がとても強く、病虫害の心配も少ないことから、無農薬でも簡単に育てることができる果樹です。性質が強い反面、実が柔らかくなってからが食べごろのため、日本では果物としての流通は少ないため、育てないと手に入らない果樹と言えます。

    品種も多品種あります。もともとはトゲがある植物ですが、最近流通している品種はトゲなし品種が一般的なため、誘引なども簡単にできるようになりました。地植えの他、鉢植えでも栽培可能です。

 

オススメ品種

マートン・ソーンレス
大きな果実をつけます。トゲがないので小さなお子さんがいる家庭でも安心して育てることができます。収穫は6月下旬からです。

 

今年は、鉢でも育てることのできる果樹に挑戦してみませんか? 1つでも実が成ったときにはとても心躍りますよ!

 

関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ベランダでも挑戦したい!寒さに比較的強い果樹3選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

このライターの記事一覧

おすすめ