オリーブの剪定と摘果のポイント~オリーブに実がなりました!~

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

オリーブの剪定と摘果についてご紹介します。買ったばかりの鉢植えにお手入れはさほど必要ないですが、年に一度程度不要な枝を落とすと樹形をきれいに保つことが出来ます。また、摘果する(実を間引く)ことで、実が大きくなります。

 

目次

オリーブの剪定(せんてい)とは?

オリーブはいつ剪定するの?

オリーブはどこを剪定するの?

オリーブ剪定の優先順位と枝の名称

オリーブを剪定したら虫がいた!

オリーブの実がなった! 摘果って?

オリーブの苗を植え付けてみよう!

オリーブの管理方法まとめ

 

オリーブの剪定(せんてい)とは?

樹木の枝を切ることで形を整えたり、風通しを良くしたりすることの総称です。庭木のお手入れの中のひとつです。見た目を美しくするだけではなく、木が栄養を効率よく吸い上げたり、生長を促進したり、病害虫の繁殖を予防することもできます。剪定時期は木の種類によって異なります。

樹木の枝を切ることで形を整えたり、風通しを良くしたりすることの総称です。庭木のお手入れの中のひとつです。見た目を美しくするだけではなく、木が栄養を効率よく吸い上げたり、生長を促進したり、病害虫の繁殖を予防することもできます。剪定時期は木の種類によって異なります。

目次に戻る≫

 

オリーブはいつ剪定するの?

オリーブの剪定に適しているのは2月から3月にかけてです。休眠期間なので剪定しても生育に影響が出にくいです。

剪定してはいけない時期

初夏から秋まで(5月~10月ごろ)は成長期のため、枝が芽吹き葉も多く、全体がもさもさした印象になってきますが、剪定をしてしまうとそこからぐんぐん伸びて枝が暴れてしまいます。結果、樹形が乱れてしまいます。この時期は少し我慢して、剪定するなら内向きの枝や枯れ枝のみにしましょう。

目次に戻る≫

オリーブはどこを剪定するの?

オリーブは、枝が左右交互になるように剪定し、仕立てていきます。
赤い線のところをカットする

赤い線のところをカットします。

①地面からひょろりと生えている「ひこばえ」をカット。木に栄養をいきわたらせるためです。

②右下の枝、枝が込み入っているため、交互に枝が残るようにカット

③全体的に、交差している枝、幹の方に向かっている枝、下方に下がっている枝を根元からカット

不要枝をカットするときは根元から行いましょう。

不要枝をカットするときは根元から行いましょう。

オリーブの樹形を整えるためのお手入れ

樹木の剪定は通常、自然樹形をお手本にします。オリーブの自然樹形って・・・?

オリーブが自然に生えているのを見たことがありますか? 最近は公園でも見かけることのあるオリーブ。オリーブは樹種ごとに樹形が異なります。日本でよく流通している”シプレッシーノ””マンザニロ”はベランダなどでも育てやすい縦に長い楕円形の樹形です。”ネバディロブロンコ””ルッカ”など種類は枝が放射状に伸びたり、樹冠が大樹のようにしっかりするため、横に枝が広がるイメージです。おうちにあるオリーブの品種を確認して、本来の樹形を確認しながら出来上がりのイメージを持って剪定するとよいでしょう。

成長すると10mもの大木になるオリーブ

オリーブって、実は10mを超す大きさになるんです。なので、スペースによっては適期剪定が欠かせません。基本は細かい枝は適時落として、枝を透かすこと。また、長すぎる枝は残す枝であっても途中でカットすること。何年かに一度、樹高の高さによっては幹を思い切って強剪定することも必要です。思い切って剪定しても、枝を全部払ったりしなければ、どんどん枝が出てきますので大丈夫です。

目次に戻る≫

オリーブ剪定の優先順位と剪定する枝の名称

剪定するべき枝とその名前まず外側から、と行きたいところですが、慣れてない場合は内側や幹周辺から生えている不要な枝から落としていきましょう。剪定時期や剪定方法は種類によって異なりますが、剪定するべき枝はほとんど同じです。剪定するべき枝のことを「不要枝(ふようし)」「忌み枝(いみえだ)」などといいます。

剪定するべき枝とその名前まず外側から、と行きたいところですが、慣れてない場合は内側や幹周辺から生えている不要な枝から落としていきましょう。剪定時期や剪定方法は種類によって異なりますが、剪定するべき枝はほとんど同じです。剪定するべき枝のことを「不要枝(ふようし)」「忌み枝(いみえだ)」などといいます。

画像左上から、反時計周り順で説明します。

①懐(ふところ)枝

幹付近から伸びた枝。日が当たりにくく、空気もこもりがちなため、害虫の温床になりやすい。

②徒長枝

枝から真上に伸びすぎてしまった枝。雨風などで折れやすいことと、害虫の温床になりやすい。

③かんぬき枝

主幹をかんぬきのように横に貫いて左右対称に生えている枝。全体の樹形のバランスを見ながら、左右どちらかを剪定する。

④交差枝

他の枝と交差してしまっているもの。樹形を考慮して、不要な枝を剪定することが必要。

⑤からみ枝

その名のとおり、枝が絡み合ってしまっているもの。

⑥下がり枝

垂れ枝ともいい、横に伸びた枝から下に向かって伸びている枝。

⑦胴吹き枝

幹吹きともいい、幹の根元付近から上に伸びた枝。樹木の上部分に栄養がいかなくなってしまうため、早めの選定が必要です。

⑧ヤゴ・ひこばえ

樹木の根元から生えてくる枝。樹形の見栄えが悪くなるとともに、胴ふき枝同様、樹木の上部分に栄養がいかなくなってしまう。また、躓きやすくなります。

⑨立ち枝

通常横に広がるはずの枝がまっすぐ伸びてしまったもの。樹形に悪影響があります。

⑩車枝

枝の一部分から多数の枝が出ているもので、車輪状に枝が伸びているもの。

⑪平行枝

複数の枝が平行に伸びてしまっている枝。そのままにしておくと下の方の枝の日当たりが悪くなってしまいます。

⑫腹切枝

幹と交差する太い枝のことを言います。

⑬逆さ枝

幹に向いて生えてしまっているもの。

以上の不要枝を落とすだけでも、剪定前と比較するとすっきりします。

目次に戻る≫

剪定の種類いろいろ

透かし剪定

不要枝を落としても、まだこみ入っている枝があるスペースでは、全体の密度が均一になるように透かし剪定をしていきます。

不要枝を落としても、まだこみ入っている枝があるスペースではは、全体の密度が均一になるように透かし剪定をしていきます。

伸びすぎたり混みすぎたりしている枝を適度に透かす剪定方法です。枝の密度を適度にすることで、日当たりや風通しが改善できます。風通しを良くすることは病害虫の予防にもなります。また、樹形を良くすることが出来ます。大きくなり過ぎた樹木を小さくすることを目的とした強剪定と、枝先の不要な枝をおとす弱剪定があります。

目次に戻る≫

剪定に必要な道具

剪定バサミ

花卉の茎から直径1.5cmくらいまでの枝なら剪定が可能。手になじみが良いもので、軽めのものを選ぶようにしましょう。通常サイズより1回り小さい女性用のものや、左利き用のハサミもあります。

植木バサミ

刃先がとがっており、刃部分も細いため、剪定バサミより細かい作業に適しています。込み入った枝の剪定などに。直径1cmの枝までが限度です。無理に太い枝を切ろうとすると刃がこぼれやすくなるので気をつけましょう。

刈り込みバサミ

生垣やトピアリーなどの広い面積を刈り込むのに適しています。柄は真中あたりを持つようにします。

高枝切りバサミ

高いところの枝を切るためのハサミです。慣れない場合はグリップを握って使用するタイプが使いやすいです。

高枝ノコギリ

高枝切りバサミのハサミ部分がノコギリになっているタイプです。ハサミタイプよりも太い枝の時に使用します。その際は、枝が自分の方へ落ちてこないよう、注意しながら進めます。

脚立

あると何かと便利な脚立。使用する場合は切りたい枝の真下に置くのではなく、少し手前に引いた位置に置くこと。切りたい部分を斜めに見上げるようにして使います。

目次に戻る≫

オリーブを剪定したら虫がいた!

オリーブを選定し、枝がスッキリすると、あれ? おや? というような虫食いの葉や幹を見つけるかもしれません。

幹の部分に直径8mmほどの穴が・・・何かいるの!?

幹の部分に直径8mmほどの穴が・・・何かいるの?

オリーブに虫食いがあったら

オリーブの幹に穴が開いている場合、オリーブアナアキゾウムシかカミキリムシの可能性が高いです。

オリーブアナアキゾウムシだと木の根元穴を開けるので、木の根元に木くずが落ちているはず。樹皮の表面にかさぶたのようなものがあったりする場合も、幹の中に虫が入っているサインの場合があります。カミキリムシ(テッポウムシとも呼ばれます)は木くずのような糞が穴の周りについてる場合があります。

今回は根元から1mくらいの所に穴がありました。どちらの虫でしょうか。それともただのウロのようなもの?

幹の中に幼虫がいる可能性がある場合、幹の中にノズルを入れて噴射するタイプの殺虫スプレーがあります。「カミキリムシ」「テッポウムシ」用と記載があるので、専用のスプレーを使用してください。今後も経過観察しておきます!

目次に戻る≫

オリーブの実がなった! 摘果って?

オリーブの実が付いてきました。オリーブは自家受粉ができないので、近くに別種のオリーブを植えることで受粉し、実がなります。

オリーブの実が付いてきました。オリーブは自家受粉ができないので、近くに別種のオリーブを植えることで受粉し、実がなります。

 

小さい実が鈴なりです。実は、摘果することでより確実に大きな実を育てることができます。ひと房あたりに1粒あたり残して摘み取ります。摘み取る実は小さいものや傷のあるもの。綺麗な実を残しましょう。

小さい実が鈴なりです。実は、摘果することでより確実に大きな実を育てることができます。ひと房あたりに1粒あたり残して摘み取ります。摘み取る実は小さいものや傷のあるもの。綺麗な実を残しましょう。

目次に戻る≫

オリーブの苗を植え付けてみよう!

オリーブの苗は植え付けた後しっかり水を吸うように、苗のまわりにダムをつくって水をたっぷり上げます。

植え付け方や水のあげ方、支柱の立て方など詳しい内容はこちら

目次に戻る≫

オリーブの管理方法まとめ

オリーブの剪定適期は2月3月の休眠期

◆5月~10月の成長期は剪定してもすぐ伸びるので樹形が保ちにくい

◆剪定する優先順位はひこばえ、不要枝、内向き枝

◆幹の穴はカミキリムシかオリーブアナアキゾウムシ

◆幹の穴用のノズルがある殺虫スプレーを使う事

◆摘果はひと房につき1粒残す

剪定は植物をきれいに楽しむためには必要な知識です。剪定をするようになると、植物のことをおのずと観察するようになるので、きっとたくさんの発見があると思います。また、摘果することで大きい実が楽しめるようになるのもいいですね! 植物ともっと仲良くなって素敵なボタニカルライフを!

 

オリーブ

  • オリーブは初夏に白や黄白色の4枚の花びらを持つ花を咲かせ、10月~11月頃に実が完熟して黒褐色になり、果実はオイルやピクルスなどに利用されます。

    オリーブオイルやオリーブのピクルスなど、家庭の食卓でも日常的に利用するようになっているオリーブですが、植物としてのオリーブの魅力は何といっても樹形と葉の形です。「平和の象徴」としてハトが葉を口にくわえているデザインはラッキーモチーフなどで見たことがあるかもしれませんが、あの葉はオリーブなのです。オリーブグリーンと言われる色もありますが、ほかの植物にはなかなかないような葉色や、スモーキーで乾いた感じの枝や幹の色など、様々な魅力があります。

    「平和のシンボル」とされるのは「旧約聖書」のノアの箱舟のエピソードに由来します。ハトがくわえてきたオリーブの枝を見て、ノアは洪水が引いたことを知ったのです。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「オリーブの剪定と摘果のポイント~オリーブに実がなりました!~」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

『庭木・シンボルツリー』デイリーアクセスランキング

おすすめ