オリーブの剪定と摘果のポイント~オリーブに実がなりました!~

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

オリーブを剪定したら虫がいた!

オリーブを選定し、枝がスッキリすると、あれ? おや? というような虫食いの葉や幹を見つけるかもしれません。

幹の部分に直径8mmほどの穴が・・・何かいるの!?

幹の部分に直径8mmほどの穴が・・・何かいるの?

オリーブに虫食いがあったら

オリーブの幹に穴が開いている場合、オリーブアナアキゾウムシかカミキリムシの可能性が高いです。

オリーブアナアキゾウムシだと木の根元穴を開けるので、木の根元に木くずが落ちているはず。樹皮の表面にかさぶたのようなものがあったりする場合も、幹の中に虫が入っているサインの場合があります。カミキリムシ(テッポウムシとも呼ばれます)は木くずのような糞が穴の周りについてる場合があります。

今回は根元から1mくらいの所に穴がありました。どちらの虫でしょうか。それともただのウロのようなもの?

幹の中に幼虫がいる可能性がある場合、幹の中にノズルを入れて噴射するタイプの殺虫スプレーがあります。「カミキリムシ」「テッポウムシ」用と記載があるので、専用のスプレーを使用してください。今後も経過観察しておきます!

目次に戻る≫

オリーブの実がなった! 摘果って?

オリーブの実が付いてきました。オリーブは自家受粉ができないので、近くに別種のオリーブを植えることで受粉し、実がなります。

オリーブの実が付いてきました。オリーブは自家受粉ができないので、近くに別種のオリーブを植えることで受粉し、実がなります。

 

小さい実が鈴なりです。実は、摘果することでより確実に大きな実を育てることができます。ひと房あたりに1粒あたり残して摘み取ります。摘み取る実は小さいものや傷のあるもの。綺麗な実を残しましょう。

小さい実が鈴なりです。実は、摘果することでより確実に大きな実を育てることができます。ひと房あたりに1粒あたり残して摘み取ります。摘み取る実は小さいものや傷のあるもの。綺麗な実を残しましょう。

目次に戻る≫

オリーブの苗を植え付けてみよう!

オリーブの苗は植え付けた後しっかり水を吸うように、苗のまわりにダムをつくって水をたっぷり上げます。

植え付け方や水のあげ方、支柱の立て方など詳しい内容はこちら

目次に戻る≫

オリーブの管理方法まとめ

オリーブの剪定適期は2月3月の休眠期

◆5月~10月の成長期は剪定してもすぐ伸びるので樹形が保ちにくい

◆剪定する優先順位はひこばえ、不要枝、内向き枝

◆幹の穴はカミキリムシかオリーブアナアキゾウムシ

◆幹の穴用のノズルがある殺虫スプレーを使う事

◆摘果はひと房につき1粒残す

剪定は植物をきれいに楽しむためには必要な知識です。剪定をするようになると、植物のことをおのずと観察するようになるので、きっとたくさんの発見があると思います。また、摘果することで大きい実が楽しめるようになるのもいいですね! 植物ともっと仲良くなって素敵なボタニカルライフを!

▼編集部のおすすめ

オリーブ

  • オリーブは常緑の高木です。太陽と温暖な気候、水はけの良い土壌とたっぷりの水が大好きです。

    オリーブは初夏に白や黄白色の小さな可愛い花をたくさん咲かせます。その様子は同じモクセイ科のキンモクセイとよく似ています。その後、丸くて可愛らしいグリーンの実をつけ、その実は赤、紫、黒へと成熟します。実はそのまま食べるととても渋いのですが、加工することで美味しいオリーブオイルやピクルスなどになります。

    そのように家庭の食卓でも日常的に利用されているオリーブですが、植物としてのオリーブの魅力は何といっても樹形と葉の形です。葉の表面は光沢のある緑色、裏面には白い細毛が密生していて、風が吹くときらきらと銀灰色に輝きます。

    「平和の象徴」としてハトが葉を口にくわえているデザインをラッキーモチーフなどで見たことがあるかもしれませんが、あの葉はオリーブです。「平和のシンボル」とされるのは「旧約聖書」のノアの箱舟のエピソードに由来します。ハトがくわえてきたオリーブの枝を見て、ノアは洪水が引いたことを知ったのです。

    また、オリーブは萌芽力にも優れ、樹齢もとても長く、地中海沿岸地域では1000年を超える老木が今だに実をつけるそうです。

    オリーブグリーンと言われる色もありますが、他の植物にはなかなかないような葉色や、スモーキーで乾いた感じの枝や幹の色など、様々な魅力があります。

    オリーブは違った品種を2本以上植えた方が実がつく確率が俄然アップします。

目次に戻る≫

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「オリーブの剪定と摘果のポイント~オリーブに実がなりました!~」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

『庭木・シンボルツリー』デイリーアクセスランキング

おすすめ