ミニトマトの育て方 〜摘芯編〜

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

ミニトマトを5月の連休前後に植え付けてから、枝を2本に仕立てたり、水やりを工夫し、適量の肥料を与え、甘くておいしい完熟ミニトマトの収穫をみなさんは体験できましたか?

大きく生長したミニトマトの苗も見上げるほど大きくなりましたので、そろそろ摘芯していこうと思います。

目次

なぜミニトマトの苗を摘芯をするのか?

ミニトマトの摘芯の方法

ミニトマトは摘芯しなくてもOK!

なぜミニトマトの苗を摘芯をするのか?

ベランダで栽培は、畑栽培と違い、土の量も、高さの制限も出てきます。そのため、主枝が支柱の高さまで到達したら摘芯といって、主枝の先端を切ります。こうすることで、一定の時期に収穫を終了させ、次に栽培する野菜のための場所を空けることにもつながります。  通常の摘芯の時期は、植え付けてから2か月後以降の、ミニトマトの苗の主枝が、支柱のてっぺんに到達する頃です。  sana gardenでは、特大のプランターで、特大の支柱をたてて、ミニトマトを育てていますので、摘芯が3か月経過した、この時期になりました。

ベランダでの栽培は畑での栽培と違い、ミニトマトの苗の高さにも制限が出てきます。ミニトマトの主枝が支柱の高さまで到達した頃「摘芯といって主枝の先端を切ります。こうすることで今あるミニトマトの実を確実に早く充実させ、秋冬栽培する野菜のための場所を早期に空けることが可能になります。

通常の摘芯の目安は植え付けてから2ヶ月後以降で、ミニトマトの主枝が支柱のてっぺんに到達する頃です。

sana gardenでは特大のプランターで、特大の支柱をたててミニトマトを育てていますので、摘芯をしようと判断したのが3ヶ月経過した8月以降になりました。

みなさんも育てているミニトマトの苗の生育状態をみながら、摘芯の時期を決めていきましょう。

目次に戻る≫

ミニトマトの摘芯の方法

果房(かぼう)からみて2枚の葉を残し、その上の主枝を摘芯します。

では、ミニトマトの主枝を摘芯していきましょう。

現在ついている果房(かぼう)からみて、上2枚の葉を残し、その上の部分の枝を摘芯します。

 

ミニトマトやトマトは汚れたハサミで切ることで、病気にかかりやすくなります。必ずアルコール除菌などした、清潔なハサミでカットしましょう。

ミニトマトやトマトは汚れたハサミで切ってしまうと、病気にかかりやすくなります。必ずアルコール除菌などした、清潔なハサミでカットしましょう。

目次に戻る≫

ミニトマトは摘芯しなくてもOK!

ミニトマトの栽培は本当に奥が深く、考え方によって摘芯しなくても問題なく育てることができます。

ヘビ栽培

ミニトマトを摘芯せずに、そのまま主枝を伸ばしていく方法もあります。支柱のてっぺんまで到達した主枝を下にずりおろしながら栽培する方法です。枝をずり下すことで、根元にとぐろを巻いたような茎ができるため、ヘビ栽培というそうです。

Uターン整枝栽培

Uターン整枝栽培  摘芯せずに上に伸びた枝を、支柱のてっぺんまで到達したら、折り返して地面に向けて栽培します。  ちなみに、ミニトマトの枝を折り返す専用のハンガーフックも購入することができます。

摘芯せずに上に伸びた枝を、支柱のてっぺんまで到達したら、折り返して地面に向けて栽培します。ミニトマトの枝を折り返す専用のハンガーフックは、ネットなどでも購入することができます。

放任栽培

自然な状態で栽培するため、わき芽をかくことも、仕立てることも、摘芯することもしない栽培方法です。支柱も使わず、地這い状態で育てることもできます。

注意する点は充分な株間を必要とすること、泥はねによる病気を防ぐためにマルチ栽培にする点を考えると、プランターでの栽培には不向きの方法ですね。

 

ミニトマトやトマトの栽培って本当に様々な方法があり、とても奥が深いんです。基本的な栽培に慣れてきたら、摘芯するかしないで育てるかだけでなく、品種にこだわり、仕立て方や育て方にもこだわってみると究極のミニトマトがご家庭でも作れそうですね。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ミニトマトの育て方 〜摘芯編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ