小玉スイカの育て方 〜整枝編〜

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

小玉スイカを植え付けて20日も経つとつるがグングン伸びて、どのつるが親づるなのか、子づるなのか分からない状態になってきます。

植え付けた次の作業は「整枝」です。小玉スイカのつるを整えて甘くておいしいスイカを育てましょう。

目次

小玉スイカの親づるとは

小玉スイカの親づるの摘芯

小玉スイカの整枝

小玉スイカの親づるとは

小玉スイカはウリ科スイカ属のつる性の植物で、葉は大きく切れ込みが入った形をしています。他のウリ科の野菜と同じように、1株に雌花と雄花が存在する雌雄異花(しゆういか)の植物です。  そのため小玉スイカの主茎は親づると呼ばれます。親づるから伸びるつるを「子づる」、子づるから伸びるつるを「孫づる」と呼びます。

小玉スイカはウリ科スイカ属のつる性の植物で、葉は大きく切れ込みが入った形をしています。

小玉スイカの主茎は親づるといい、親づるから伸びるつるを「子づる」、子づるから伸びるつるを「孫づる」と呼びます。

他のウリ科の野菜と同じように、1株に雌花と雄花が存在する雌雄異花(しゆういか)の植物で、この雌花に雄花の花粉がつくことでスイカの実がなります。

目次に戻る≫

小玉スイカの親づるの摘芯

小玉スイカの親づるに本葉が5枚~7枚ついたら、子蔓の生育を促すために親づるの芯を止めます。

小玉スイカの親づるに本葉が5枚~7枚ついたら、親づるの芯を止めます。

これは子づるの生育を促す目的と小玉スイカが親づるよりも子づるや孫づるに雌花が咲きやすいということから親づるを摘芯します。

 

7枚目の葉のすぐ上の部分を切り取りました。

7枚目の葉のすぐ上の部分を切り取りました。

 

小玉スイカのつるはグングン伸びていくと、どのつるが「親づる」なのか「子づる」なのか分からなくなってしまうので、テープなどで目印を付けると混乱せずに今後の整枝作業を行うことができます。

小玉スイカのつるはグングン伸びていくと、どのつるが「親づる」なのか「子づる」なのか分からなくなってしまうので、テープなどで目印を付けると混乱せずに今後の整枝作業を行うことができます。

目次に戻る≫

小玉スイカの整枝

摘芯して子蔓が伸びてきたら、生育の良い蔓を3~4本残し、他の子蔓は摘み取ります。

摘芯して子蔓が伸びてきたら、生育の良い蔓を3~4本残し、他の子蔓は摘み取ります。

 

今回は親づるを1本、子づるを3本残しました。

今回は摘芯した親づるを1本、子づるを3本残しました。

 

残した子蔓は、互いに絡まないように支柱に誘引しましょう(露地栽培の方は、四方へと広げて配置し、蔓が動かないようにUピンなどで固定します)。   小玉スイカの実は、1苗で2果実(1子づるに1果実)が基本です。果実の数が多いと栄養が分散し、果実が小さくなったり甘みが弱くなるので、果実の数を絞り込みます。  しっかり実が育っていることを確認したら、結実させる実よりも下についた雌花は摘み取り、栄養を集中させましょう。

残した子蔓は、互いに絡まないように支柱に誘引しましょう(露地栽培の方は、四方へと広げて配置し、蔓が動かないようにUピンなどで固定します)。


小玉スイカの実は、1苗で2果実(1子づるに1果実)が基本です。

果実の数が多いと栄養が分散し、果実が小さくなったり甘みが弱くなるので、果実の数を絞り込みます。

しっかり実が育っていることを確認したら、結実させる実よりも下についた雌花は摘み取り、栄養を集中させましょう。

 

スイカ(西瓜・すいか)

  • つる性の植物で、葉は大きく切れ込みが入った形をしています。他のウリ科の野菜と同じように、1株に雌花と雄花が存在する雌雄異花(しゆういか)の植物です。スイカは高温と乾燥を好むため、多湿に弱い性質があります。家庭菜園でスイカを育てるときは、くれぐれも水の与えすぎには注意しましょう。

    スイカの形は日本では球形が主流ですが、海外では楕円形が主に流通しています。

    スイカは紀元前5000年にはすでに南アフリカで栽培されており、3000年前のエジプトでも栽培が行われていたといわれています。その後中国に伝わり、中国から日本へ渡来しました。

    中国語では水分が多く、西域から伝わったため、「西瓜」と呼ばれるようになりました。日本でも漢字で西瓜と書きます。

    南アフリカ中央のカラハリ砂漠から、サバンナ地帯で野生種が見つかっているため、アフリカが起源とされています。あんなにも水分を含むスイカの原産地が、砂漠というのはとても意外ですね。

     

 

目次に戻る≫

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「小玉スイカの育て方 〜整枝編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ